良いお正月を迎えるために♪~しめ縄作り~

こんにちは♪



さて、今年もラストスパートを迎えようとしているわけですが、

昔から、この時期は新年に向けて”しめ縄作り”が行われます。

(と、言っても、全世帯というわけではありません。)


今回は新山地区の”大沢さん”というしめ縄作りのベテランおじいちゃんに教えてもらいました♪


到着するやいなや‥


立派な松がお出迎えしてくれました!


c0259934_13103590.jpg




しも・やま
「ごめんくださ~い」

「はぁ~い」


と、中から返事が聞こえてくるものの、人が出てくる気配がありません。


「あれ?」

しばらくして、おばあちゃんが顔を出しました。

おばあちゃん「上がって上がって~」


てっきり何か作業をして手が離せなかったのかと思いきや‥


おばあちゃん「いっつも裏の方から皆入ってくっせーで(くるから)ついつい顔を出さないで……いやいやおめえさんだぢは(お前さんたちは)初めてだものーなぁ」
なるほど!!


もう、近所の人だったり、お客さんたちはもうすっかり仲良しなので、「こんにちは~」と同時に家の中に入ってくるそう。

壁を作らない、おばあちゃんの人柄が垣間見えました♪



そして、先生をしてくださるおじいちゃんはというと、私たちのために、ワラや松など、材料の調達を朝早くから行ってくれたということでした。



しも「準備にせっちょう(手間)させてすみません」


おじいちゃん
「いやいや、若い人たちが来てくれるっていうのは嬉しいごどだがらねぇ。」


「そうそう」と、ニッコリ笑うおばあちゃん♪


よし!今日は何が何でもマスターして帰ろう!と、意気込むしもむんとやまみん。(その横で静観する隊長のんちゃん。)



ブルーシートを広げて、作業開始です!



c0259934_1311983.jpg


まず、ワラを7本、5本、3本と、分けます。




お気づきの方もいるかとは思いますが、「7・5・3」は縁起の良い数字だからなのだそう。


次に、7本と5本の方を持ち、足に挟み(基本的にはあぐらをかく体勢です)

したから30cmあたりのところから縄をないます。


2、3回縄をなったら、3本のワラを5本の方へ足し、再びないます。


再び同じようになっていきます。





ちなみに、しめ縄には「左縄」「右縄」の2種類がありますが、お正月飾りには、「左縄」が一般的だそうです。


「左縄」は、下から上にきれいに流れるように見えるので、縁起がいいとされています。


最後までなったら、上の細い部分を、なったワラの中に挟みます。


3本を足した下のほうのワラもそのままでは格好が悪いので、1本とり、くるっと一巻きして挟みます。




最後に、作ったしめ縄に、

●紙 ●松 ●ツタ ●炭 ●昆布

を、挟んでいくのですが、きちんと意味があるそうです。



横書き表記だとわかりづらいと思うので…



こんな感じで…


c0259934_1312924.jpg





作ったしめ縄は、小正月(1月15日)くらいまで飾ります。


画像ではわかりにくいので、今回も少しだけ映像にしてみました!










しもむん・やまみん、いつも食べ物ばかりなわけじゃありません!と、言いたいところなのですが…



今回も実は、帰り際にたくさんのお野菜をいただいてしまいました。



ほうれん草、白菜、大根、じゃがいも、にんじん…



じゃがいもなんて、こんなに立派なんです!(すべておじいちゃん、おばあちゃんの手作りです)


c0259934_1315879.jpg




しめ縄作りを教えてもらった挙句、お野菜までいただいてしまってすごく恐縮な気持ちだったのですが…


「また来てね003.gifと、笑顔で言ってくれたおじいちゃん、おばあちゃん。



私たちも


『また来ます♪』



と言って出てきました。



現代では、ホームセンター、スーパー、今の時期、至るところにしめ縄が売っています。



私も、今回作らせてもらわなければ買っていたかもしれません。


それは、売っている物が良いからではなくて、材料も、作り方も知らないから



田舎に暮らしていても、おじいちゃんおばあちゃんと別世帯であったりすると、


昔ながらの風習というのは薄れてしまいます。


いくら時代が流れても、昔からの伝統、歴史は、若い世代も受け継いでいきたいですね。



私も、周りに教えられるくらいマスターしたい!と思っています。
(おじいちゃんのように上手にそしてスピーディーになえるまでになるにはまだまだです)




野田村も寒さが増す毎日ですが、



おじいちゃん、おばあちゃんの優しさにほっこりとした一日でした。



それでは今日はこのへんで♪


いつも長いブログを読んでいただき本当にありがとうございます。



これからも、応援よろしくお願いします!


よろしくなのだ♪

[PR]
by nodakurashi11 | 2012-12-27 13:49 | Comments(0)