のだ暮らし体感交流ツアー・冬

皆様こんにちは!
ツアーの余韻にひたっていたらおしりから転倒したしもむんです。071.gif(でも無傷)

2/24~2/26(車中泊を含めると2/23~2/27)
前回予告していたツアー、無事に終了しました!

のだ暮らし体感交流ツアー・冬

~寒い!けどあったかいのだ暮らしを体感なのだ!~

c0259934_15493072.jpg


今回の参加者は、大阪大学20名、八戸高専2名、弘前大学1名の、計23名の学生さん♪
大阪大学の学生さんとの合同企画です♪

何からお伝えしようか迷うところですが…
今回のおおまかな内容を紹介します016.gif

1日目
・こたつ列車
・被災地ガイド、復興事業ガイド
・入村式
・昼食交流会
・オリエンテーション(野田の撫でベコ紙芝居劇、ゲーム)

2日目
・だらすこ体験(だらすこ工房のおとうさんたちと)
・豆腐職人体験
・エコクラフト作り体験
・SAORI織り体験
・浜の冬作業体験
・伝統の踊り、昔の遊び体験(あの若妻会が…!!)
・食の匠体験

3日目
・各民泊先での作業(畑に行ったり、昼食を作ったり…)
・塩作り体験、塩工房見学
・離村式
・お食事交流会

こうして羅列してみるだけで、すごくハードスケジュールだったんだなと
改めて思います。
(学生の皆さん、疲れさせてごめんなさい。笑)

今回のツアーのサブタイトル…
「寒い!けどあったかいのだ暮らしを体感なのだ!」

この通りのツアーになったのではないかなと思います。
※といいつつ3日間日中は結構あったかい野田村でした…笑


スタッフの私から見ても、とても楽しく交流でき、野田村を体感してもらえたのではないかの感じましたが、
せっかくなので、少しだけ、受入れ先と、学生の感想を一部だけですが紹介したいと思います。

-------------------------------------------------------------

―受入れ先の方々―

【だらすこ工房(大澤継弥さん)】
「若い人たちと話せて、すごく楽しかった。
こういうのが俺たちの若さを保つ秘訣かな、とも思う」

【食の匠体験(新山幸子さん)】
「ドングリって渋いんじゃないの?と、興味深く聞いてくれて嬉しかった。
 次はドングリの殻むきもやらせたいな」

【SAORI織り体験(中野琴子さん)】
「もっともっとおしゃべりしたかったな。
 若い人たちのセンス、ためになります」

【きのごの家(民泊・小野寺さかえさん)】
「学生が帰ったあと、お父さんと二人で、何だかさびしくなったねと、言っていた」

【浜ちゃんはうす(民泊・小谷地勝さん)】
「今回は男5人、最高だったなぁ。(笑)次はどんな学生が来るのか、楽しみです」

―学生―

「今回であった方々に再会したいから、また来たい」
「どこへ行ってもすごく珍しくて、美味しいご飯やおやつなどをいただいて、お腹がすいてるときが全くなかった(笑)」
「前回参加者の勧めで参加したが、その勧めのとおり、とてもよかった」
「このツアーが人をひきつけるのは何だろう?野田村を第二の故郷と思えるようになった人がたくさんいるのはなぜだろう?不思議だなぁ~と思いました」
「野田村に来るバスの中では“東北が楽しみ”“被災地を自分の目で確かめたい”と言っていた人たちが多かったのに、大阪に帰るバスでは「野田村が好きだ」「野田村にまた来たい」と言っている人たちが多かったのが、とても印象的でした」

--------------------------------------------------------
この他にもたくさんの声をいただきました。
(書ききれないほど)

改めて、受入れてくれた住民の皆さんと、参加してくれた学生たちに
「楽しんでくれてありがとう」と、感謝の気持ちでいっぱいですね。

そして恒例の…「映像」

この映像は、単なるツアーの報告ではなく、
思い出を目に見える形でも残したいという思いで編集した為、毎度ながら長いです。
今回は3部構成です…全部で30分少々です…

村の人たち、学生の笑顔、カットできません!!

(上手く編集できなかった言い訳にも聞こえますね…笑)

ということで、お時間がある方は、
おやつを食べながら、「1日ひとつ」でも構いませんので、どうぞ様子をご覧になってみてください!

【1日目】

【2日目】

【3日目~エンディング】



このツアーは、本当に様々な要素が含まれていると思います。
「被災地の現状を知る」
「村の伝統や文化を学ぶ」
「村の暮らしを感じる」

正直、どんなきっかけでもいいんです。来るときは。
でも、帰るとき、何となく家族のようになっていて、
「また来たい」と、そう思ってもらえることが、企画側としても、そして絶対野田村の皆も、嬉しいことだと思います。


映像でもありましたが…
「おかえり!」
「ただいま!」
が、たくさん増えますように。


文章で表すって、難しいですね。(笑)

幸せな時間を、ありがとうございました!!

最後に…
「まだ来てけろぉなぁ~~~~~~~~~~!!!!!」


本日もブログをご覧いただき、本当に本当に本当にありがとうなのだ!
[PR]
by nodakurashi11 | 2014-03-03 15:40 | Comments(0)