伝えておきたいこと

皆様こんにちは。
野田村大好きしもむんです071.gif

さて。
昨日で、東日本大震災から3年が経過しました。

本当は、昨日、この記事をアップしようと思いましたが、

あえて、「追悼式を終えて」ということで、アップしたいと思います。

3年前の3月11日。
東北の様々なところで震災があり、
たくさんの命や生活を奪って行きました。

その後、がれきの撤去、あらゆる設備の再生など、復旧作業が行われ、
全国各地からボランティアが来てくれました。

その時はきっとみんな、「被災地ボランティア」で来ていたと思います。

というか逆に、「コミュニティ」なんて考えている余裕は、
訪れた人も村の人もある状態ではなくて。

実際私もその時にこのブログをやっていても、
どう発信していいか、わからなかったと思います。

そして今。
追悼式を終え、感じることがあります。

「犠牲者の方々に哀悼の意をこめ」黙祷をしましたが、

ふと目を開けた瞬間、まず、生きている人たちがここ野田村に居て。自分も生きていて。
復旧・復興まっただ中ではあるけれど、生きていかなければならない現実があって。

でも、「ただ生きている」だけじゃ、村の復興にはつながらない。

とはいえ、未だに、精神的に大きなダメージが残っている人もいますが、
「元気な人」は、村内外問わず、もっと、どんどん村に元気を取り戻していく役割があるんだろうと考えた時に。

もともとボランティアとして来てくれている学生さんたちが、
「被災地」としてではなく「ふるさとの野田村」に変わっていること。

「野田村めっちゃいいから行きなよ!」と言われて、友達や後輩を野田村に送りこんでくれていること。

3年前、いや、震災前は、そんなことはなかった。

震災はもちろん良いことではない。

でも、震災後できたつながりに、感謝をする日なのでもあるのではないか。

亡くなった方々も、村がず~っとしょんぼりしていたら、悲しいはず。

これからの野田村の盛り上げ方は、のだまつりををはじめとするイベント等々、
様々あると思います。

その中に、
「村の人全員が関わることのできるもの」
のひとつが、「交流」なんだと思っています。

何も、盛り上げるといっても特別なことではなく。
そこに暮らす人々の「のだ暮らし」をさまざまな人たちと共有し、
なんとな~く打ち解け、
なんとな~く(ふらっと)帰ってくる。

そういう、野田村を「ふるさと」そして野田村の人を「家族」と思ってくれる人が、
たくさんできること。
それも、野田村に明かりを灯すひとつなんではないかな、と思います。

文章って難しくてうまくお伝えできませんが…
「震災後できたつながりにありがとう」

本日は、それをお伝えしたかったです。

2月末にツアーが終わったばかりでしたが…
そのツアーに参加してくれた学生たちも、ボランティアバスや自費を使ってまた来てくれました。

c0259934_12444587.jpg


「正直、“追悼式に出なきゃ”って思ったわけではなくさ、こないだの学生たちに会えるかな~とか、野田村また来たいな~って思ったからきたんだ」

「実家が仙台で、今仙台にいるので、行きます!!」

と、言ってくれました。

時間的に、この間の受入れ先の方々と会えなかった学生もいますが、
きっと、来たことを伝えたら、村の方々は、嬉しいと思います。

そしてまた、「次はいつ来るのかな~」わくわくして。

そんな、家族のような関係が、たくさん村内にできれば素敵だな~と感じる今日この頃です。

それでは、長くなりましたが、
この辺で。


本日もご覧いただきありがとうなのだ!
[PR]
Commented by はちおうじ at 2014-03-14 00:19 x
三鉄復旧したら、もっと繋がるのだ(^^)/

のだ村ファンも増えるのだ!!
Commented by nodakurashi11 at 2014-03-14 09:11
はちおうじ さま

もうすぐですね♪
のだ村ファンがのだ村ファンを増やす、そんなのだ村になってほしいのだ!!
                                     (しもむん)
by nodakurashi11 | 2014-03-12 12:50 | のだ村小ネタ | Comments(2)