つながりがイベントになったのだ

人と人のつながり。
地域と地域のつながり。

本日は、とある企業さんと野田村の素敵なつながりについてご紹介します。

つながりの紹介の前に、今週末開催されるイベントについて
ちょっとだけご紹介…♪

5/11(日)ベアレンビアフェスタIN野田村2014

100年前の製法で作る、盛岡市にある「ベアレン醸造所」という企業さんのビアフェスタが、野田村で開催されます。016.gif
100年前の製法…昔ながらの直煮製法で作るのだ塩を、勝手に連想しました。

「ビールと一緒に、野田村の美味しい食べ物を食べたいなぁ…」

「野田村の人たちと話してみたいけど、ちょっと私引っ込み思案だから…
 でも、アルコールが入れば大丈夫かも…??」


という方、いらっしゃいませんか?

美味しい「のだ村の食」が充実しているイベントなので、
お酒を飲めない人でも気軽に参加することができるし、さまざまな村内外の人と交流できること間違いなし、です♪
※キッズコーナーもあるので、お子様も楽しめます!

フードブースの一例を少し紹介すると…
プチホタテ入りカニ汁、あわびバター焼き、ホタテ丼、豚串(南部福来豚使用)など…(じゅるり。)
野田村の資源をふんだんに使ったフードが並ぶようです♪(じゅるり…2回目)
「飲んで楽しい」「食べて楽しい」
それで、OK!ですが…

本日は、ベアレンビールと野田村のつながりについて、
皆さまにちょっと紹介します♪

今回で2度目となるこのイベントは、人と人のつながりによって、開催されます。

今年、「三陸をビールで元気にプロジェクト」として三陸各地で開催する予定だそうですが、
村長をはじめ、漁協、漁師、ぱあぷるなどたくさんの方々とベアレンビールの方々とのつながりの深まりが、
2014年イベントトップバッターは野田村で、ということにもなったそうです。
※盛岡市材木町で行われるベアレンの各種イベントにも、野田村出店ブースがあったりと、交流があるようです。
c0259934_16491088.jpg

c0259934_1649447.jpg


「食とつながるということは、必ずそこには生産者がいる。」
生産者=村民を、とても大切にしてくれるベアレンさん。

イベントに携わった方から、以下のようなことをお聞きしました。

「盛岡のベアレンファンが、野田のホタテを一生懸命PRしてくれたり、
イベントでホタテが完売すると皆が拍手して喜んでくれる、そういった姿を見ると嬉しくなります」


なるほど…
これは嬉しいですね…!

個人と個人のつながりが、きちんとビジネスにもつながる。

「あの漁師たちが作ったホタテ、食べたい!」

「美味しい食がある野田村でイベントやるならぜひ行きたい!」

そうして、人が野田村に集まってくる。
材木町でのイベントで野田村の美味しい食を提供し、
それを食べたベアレンファンの方々が野田村のファンになり、
盛岡からバスで2時間半ほどかかるにも関わらず、野田村に足を運んでくれる人々がいる。
(※今回も大型バスが盛岡からでるそうです!)

つながりが、つながりを呼んで、
毛細血管のように、たくさんの人たちが野田村でつながっていく。


ということで…
ぜひ皆さんもお越しください♪

もうチケット買ったよ!という方々にも、
こうしたつながりがイベントにつながっていることを知っていただけると嬉しいです♪

ベアレンビアフェスタIN野田村2014について、
詳細情報を知りたい方は、こちら(野田村通信ブログ)をご覧ください♪

※ベアレンビールについて詳細を知りたい方は、こちらからどうぞ♪

それではこの辺で。
本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ♪

おまけ。
c0259934_1133973.png


ぼくも屋台になって待っているのだ!

[PR]
Commented by 冬のお日様(水沢区) at 2014-05-12 20:30 x
こんばんは。
ベアレンビールと野田村の幸いいですね。
IBCラジオでも宣伝していたような気がしますj。
Commented by nodakurashi11 at 2014-05-13 08:36
冬のお日様 さま

そうなんです!
ベアレンの魅力も、野田村の魅力もたっぷりのイベントでした♪
当日の様子も、後日アップするのでお待ちください♪

いつもありがとうございます♪

                           (しもむん)
by nodakurashi11 | 2014-05-09 17:22 | その他 | Comments(2)