平谷観光農園の収穫が待ち遠しいのだ♪

こんにちは018.gif

今回は、野田村の和野平地区にあります
平谷観光農園で作業体験をさせていただきました。

平谷観光農園は、約3haほどの広さの農園を家族で営んでいます。

c0259934_08324734.jpg




体験させていただいたのは、梨の袋がけ!

c0259934_08371453.jpg

農園の作業は、花が咲くと1年の作業が始まるな~って感じがする
すべての袋がけが終わると収穫までいったん一段落といった気分かな~と奥様の洋子さん


c0259934_10301579.jpg

ご主人の平谷東英さんは、民泊(民家宿泊)のだ暮らし体験村の村長も務めています。

(民泊体験のようすはこちら。)






初めての梨の袋がけ作業
私たちのノルマは1人100個!
洋ナシのラ・フランスの袋がけです。

c0259934_08391931.jpg




産地によっては、袋がけをしないところもあるそうですが
袋をかけると、カメムシなどの被害により表面が傷つき見た目が悪くなるのを防ぐことができ
皮も固くならないのだそうです。

c0259934_08331540.jpg



c0259934_08341785.jpg





最初は、袋がすぐ取れないように被せることに苦戦…025.gif
なんとか時間内にノルマ達成!!!

c0259934_08370338.jpg



c0259934_08332582.jpg




のほか、りんご、桃、すもも、栗、山ぶどうが育てられており
7月下旬くらいから すももの収穫ができるようになるとのこと060.gif
(昨年は、桃の収穫前日にクマにやられてしまったそう… クマも食べごろを待っているのだ!)
※収穫の時期や体験は、確認・予約が必要です。

c0259934_08340741.jpg





作業後、自家製のりんごジュースをごちそうになりながら休憩
「家ではあまり飲まないから 全部飲んで。」って お言葉に甘えて、1瓶全部飲み干しました。
甘いだけじゃなく酸味もあって とってもおいしいジュースでした。045.gif
(紅玉だったかな!?)

c0259934_08365017.jpg




 

平谷さんは、農園のほかに養豚場も経営しており
野田村の特産品のブランド豚「南部福来豚(なんぶふくぶた)」の飼育もされています。
マッチーの養豚場潜入取材はこちら。

c0259934_08391012.jpg


※りんごジュース・南部福来豚は、道の駅のだ 産直ぱあぷるで販売しています。
 ネットぱあぷるでは、南部福来豚ハンバーグやメンチカツが購入できます。

c0259934_16115180.jpg





家の周りには、ご主人の東英さん手作りのものがたくさん!

c0259934_08365714.jpg



ご自宅から少し離れたところには素敵な場所も作られております!
※現在、作業進行中

c0259934_08353787.jpg


野田港や大唐の倉がよく見えます!!!

c0259934_08354608.jpg


洋子さん、4年前、この場所から野田村を襲う津波を見たそう…
国道45号が通れなくなったために、このあたりが渋滞してね…
など震災当時の話もしてくださいました。




【お問い合わせ】
平谷観光農園 090-7939-4854
岩手県九戸郡野田村8-219
(収穫の時期や体験は、確認・予約が必要です。)

※外で作業しているため自宅電話にはでられないことがあります。
※現在、りんごのオーナーなどは募集しておりません。

(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2015-06-29 08:41 | 何でも体験取材 | Comments(0)