安家川と鮭稚魚放流会なのだ!

昨年8月の台風10号被害から半年以上が過ぎました。

台風10号で甚大な被害を受けた岩泉町から
野田村の下安家漁港へと流れている安家川。

野田村の下安家地区でも安家川が氾濫し、
下安家さけ・ますふ化場は壊滅的な状態に…。
2011年の東日本大震災に続き二度目の被害でした。



c0259934_09581885.jpg
台風10号被害から10日後の下安家さけ・ますふ化場



c0259934_09582940.jpg
現在の下安家さけ・ますふ化場




現在、渓流釣りで人気の安家川はどうなってるんだろう??
釣り人は来ているのかな??
と、安家川の少し上流の方へと車を走らせました。

c0259934_09571285.jpg

4月の半ばでしたが
途中、雪が結構な勢いで降ってきました。


川は流れが滞らないくらいには片付いていましたが
脇の方には流木や壊れたガードレールがそのままのところも…。
崩れた道路は車が通れるよう土嚢が積んであり
まだ完全な状態ではありません。



釣り人発見!!
お隣の久慈市から来たという方々でした。


c0259934_09573103.jpg
サクラマス

お話を伺ってみると
「ポイントが良くなってる気がする!
河口が工事のため!?閉じられていないせいか
魚がたくさん上がってきているんじゃないかな…。」
とおっしゃっていました。




この日は安家川で
野田小学校2年生の鮭稚魚放流会がありました。
この放流会では毎年1万匹の稚魚を放流しています。


c0259934_09574781.jpg
2年生のみなさんこんにちは~♪



c0259934_09580439.jpg

今回、放流する稚魚は
田野畑村の明戸育ちの稚魚たちです。


例年通りであれば下安家のさけ・ますふ化場で育てた
鮭の稚魚を放流するのですが、工事中のため
田野畑村から支援していただいたそうです。
田野畑村漁協さん、ありがとうございます。


c0259934_09584127.jpg
鮭の稚魚を観察しよう!



c0259934_09585386.jpg
オスとメスの違いを発表しよう!
(県北広域振興局水産部の方に指導していただきました。)


c0259934_09590791.jpg

いよいよ放流する川へ♪



c0259934_09591968.jpg

稚魚を受け取った子どもたちの顔は
とってもうれしそう♪



c0259934_10014386.jpg
せーの!



c0259934_10015695.jpg
なんか例年より大きくて力強いぞー!



c0259934_10020735.jpg

「かわいい~!!!!」
「いってらっしゃ~い!」
「4年後、帰ってくるといいなぁ」

子どもたちは声を掛けながら放流しました。




風が強く寒い中
4年後、立派な鮭になって帰ってくることを
願いながら放流しました。

4年後、6年生の11月11日の鮭の日には
「鮭の日給食」として、
みんなでいただきながら命の大切さを学びます。



c0259934_13064270.jpg
昨年、野田小学校の児童全員から
下安家漁協の方々へ送られたメッセージ

子どもたちも下安家さけ・ますふ化場の復活を
応援してくれています。





c0259934_16495904.png




(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2017-05-09 14:07 | Comments(0)