ぬぐぐ(暑く)なってくると
波や川の水の音、涼しげな場所で癒されたくなってきませんか??


今回は、野田村玉川(たまがわ)地区と
下安家(しもあっか)地区をご紹介します。


c0259934_14182195.png


玉川地区には、『ジオポイント』があります。

(ジオポイントとは、地球科学を中心とした自然・文化的みどころのことです。)


ジオポイント1つ目
4月28日から今シーズンの営業が再開した
マリンローズパーク野田玉川

日本有数のマンガン鉱床「野田玉川鉱山」の一部を観光坑道として公開しています。


ここで採れる「バラ輝石」(学名:ロードナイト)
現在日本では、ここでしか産出されていない貴重な石なのです!
宝飾用の『マリンローズ』となるのは
その中の2000分の1にも満たないと言われています。
(売店では、マリンローズの宝飾品が販売されています。)


c0259934_14053215.jpg

「二億年のロマン、輝くバラ輝石!!」
ロードナイトは、肉体の不調を和らげ、
ストレスを緩和する力を持つと言われています。


坑道内は、1人で入るには薄暗くてちょっと怖いけど
貴重なダ○ヤの原石があったり、
運が良ければ!?コウモリにも出会えたり、いろんな驚きがあります!



c0259934_13441992.jpg


もうすぐオープン!名称募集中!



同敷地内には、野田村の山ぶどうワインの醸造所もオープン予定。
白ワインの酵母を使用したロゼ、赤、樽の3種類のワインを醸造予定とのことです。
海を眺めならがワインの試飲ができるテイスティングルームもございます。 


現在、こちらの施設の名称を募集しているそうです。
野田村の山ぶどうワインのイメージで親しみやすいネーミングありませんか??
採用となった方には特産品詰め合わせ(2万円相当)が進呈されますよ。
(応募期限:2016年5月31日)
※締切間近です。

詳しくは、こちら



ジオポイント2つ目は
玉川野営場から下ったところの海岸にあります。


この海岸は、みちのく潮風トレイルという
歩いて楽しむコースにもなっています。


c0259934_13432274.jpg


今から1億年以上前のカキの化石を探してみよう!



玉川野営場の様子は
野田村通信ブログのハルさんが
とってもわかりやすくまとめてくださってるので
そちらと合わせてご覧くいただくとより楽しめます。
※ブログは、こちら



国道45号線をさらに南下し、下安家地区へ


c0259934_13441071.jpg

野田村のキャラクターのんちゃん!
(野田村の北端と南端付近にのんちゃんが立っています。)


c0259934_13445553.jpg


坂を上ると 国民宿舎えぼし荘

露天風呂からは、日の出を見ることが出来ます!
日帰り入浴もあります。


c0259934_13425167.jpg


敷地内には、のだ塩工房
(えぼし荘へ要予約で、施設の見学や塩づくり体験ができます。)




さらに国道を南下すると、下安家漁港が見えてきます。

c0259934_13440388.jpg


このあたりは釣りスポット!
クルージングや船釣りなど体験できます。
(※要予約)


c0259934_13434299.jpg


渓流釣り好きな方は『安家川』!
(※遊漁券が必要です。)



安家(あっか)とは、
アイヌ語のワッカ(きれいな水)からきているそうで
安家川は清流として知られています。


c0259934_13434933.jpg


渓流釣りを楽しんでいらっしゃいました!


c0259934_13433563.jpg


いた、いた~♪
(みつけられたかな!?)




野田村は夏でもやませがあったりと海側は肌寒い日もありますので
軽く羽織るものなどあると安心です。


ぜひ、ジオと波と川、水の音あふれる
玉川・下安家地区へ来てみるのだ~♪




~お問い合わせ・予約などはこちらより参照ください~
※野田村観光協会ホームページ
※野田村ホームページ


~昨年の体験の様子~
※マリンローズパーク野田玉川
※みちのく潮風トレイル その① その② その③ イベントの様子と動画
※のだ塩づくり体験
※クルージング体験



c0259934_16495904.png







(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2016-05-24 10:00 | のだ村で遊ぶのだ | Comments(0)

春モードなのだ。

春モードな のだ。

野田村の中でも
冬に雪の多い日形井(ひかたい)地区も
春を迎え賑やかになってきましたよ~。
(野田駅から車で約15分山間へ)
c0259934_15134399.jpg



4月からアジア民族造形館
アジアの館も冬季閉館期間を終えオープン!


築200年以上の南部曲り家。
以前、民家として使用されていた南部曲がり家を改装し
アジア各国の展示となっています。


c0259934_16364463.jpg

第一展示棟では、
アジア各国の民族衣装や陶器類、玩具、楽器、
アジアに関する資料や本などが展示されています。
c0259934_11082242.jpg

色鮮やかな衣装を着て記念撮影をしたり~♪
(子供用の衣装もあります)

c0259934_11082734.jpg

展示してある楽器も触ってOK!

c0259934_11083221.jpg
囲炉裏に木製のベンチ・・・
この空間で本を読む・・・
日常を忘れ、落ち着きそうですね。




第二展示棟では、装飾品や食器などの展示。


カレン族の高床式住居には
朝日陶芸展 グランプリ受賞した
泉田之也さんの「のだ焼」の作品が展示されています。

敷地内には泉田さんの陶工房もあります。
のだ焼きの体験も可能です。※要予約
(ギャラリーは別の場所にあります。)





さらに奥へ進むとアジアの広場

ここではパークゴルフを楽しむことが出来ます。
子供と走り回って遊ぶのによいです。

<パークゴルフ>
1回100円(清掃協力金)
用具貸出し:+100円 
(受付・用具貸出は「アジア民族造形館」受付にて。)

c0259934_13120295.jpg

釣りを楽しんでいる方もいましたよ!


c0259934_11310922.jpg

季節の花や川を眺めながらのんびり散策したり






広場のすぐ近くには
この4月に開校した
野田村大学 日形井キャンパス!
※4月10日の野田村大学の入学式の様子はこちら



c0259934_13124638.jpg

看板を取り付ける作業中で
学長、理事長ともお揃いでした!!!






さらに数十メートル先には、
手紙やはがきでしか予約の取れない
民宿&カフェ「苫屋」
3月から冬季閉館期間を終えオープンしてますよ~♪

c0259934_11311758.jpg


宿泊は、ほぼ毎日予約が入っているということなので
宿泊をご希望される方は先の予約をオススメします。

カフェは予約不要です。
手作りケーキや日替わりランチあります。
※去年の苫屋の様子は
こちら


c0259934_16192171.jpg

苫屋では、たまにイベントなんかも開催されています。
6月にはLIVEイベントも予定されていますよ~♪




音楽と癒したっぷりの日形井地区。
ぜひ、みなさんも足を運んで のんびりゆったり楽しむのだ~!!


※アジア民族造形館、アジアの広場(パークゴルフ)、苫屋ともに月曜定休です。
(祝祭日の場合は、その翌日)


詳しくは、
アジア民族造形館はこちら
のだ焼はこちら
野田村大学はこちら
苫屋はこちら



(さっきー)
c0259934_16495904.png


[PR]
by nodakurashi11 | 2016-04-19 10:02 | のだ村で遊ぶのだ | Comments(0)

 お!野田村の子供たちが集まってなんだか楽しそうな事が起こりそうな雰囲気ですねemoticon-0102-bigsmile.gif
春先にお邪魔した山崎さんの所のツリーハウスで、何やら「ターザンごっこ」もとい
『ロープスライダー』をやるというお話を聞きつけ教育委員会主催の『山・川』探検隊
の取材に行って来ましたemoticon-0136-giggle.gif
c0259934_1725945.png
今回はその第一回目で「ロープスライダーを体験しよう!山や木のはたらきを学ぼう!
昼食はツリーハウスの上で美味しいおにぎりを」という事で!こりゃ行くっきゃないemoticon-0159-music.gif
途中までは車でやって来ましたが、ツリーハウスのある場所までの大葛(おくぞう)
へ抜ける旧道の約1kmの道のりをスタンプラリー形式で歩く事になっていましたemoticon-0133-wait.gif
c0259934_1149445.png
丸い石を見つけたり、トンボを見つけたり、黄色や白の花を見つけたりする度に大喜びですemoticon-0155-flower.gif
野田村には何もないなんて、豊かな自然に囲まれた岩手県人や地元の方は思うかも
しれないけどemoticon-0122-itwasntme.gif千葉県で生まれ育った私には、都会にないものが逆に!何でもあると
感じるんですemoticon-0111-blush.gifそれは野田村にお住いの方の人柄や、豊かで綺麗な山川海と美味い食材emoticon-0159-music.gif
c0259934_9521942.png
感受性が豊かな子供たちは、目に入る自然の景色やキノコや葉っぱにアンテナ全開emoticon-0116-evilgrin.gif
c0259934_150337.png
この葉っぱは何の形でしょう?ヒントは海の生き物ですよemoticon-0136-giggle.gifその答えにビックリ!の図。
シルエットから判りましたか?カニの甲羅に似てるから「カニコウモリ」という植物だそうですemoticon-0125-mmm.gif
ツリーハウスまでの道のりは、自然に詳しい野田玉川の「小原 良樹」さんが案内して下さい
ましたemoticon-0122-itwasntme.gif山菜の事やクルミの実の剥き方や、花の香りや山椒のこと等も教えて下さいましたemoticon-0165-muscle.gif
c0259934_1541288.png
参加した子供たちの良い表情や反応を受けて、講師の小原さんもまた素敵な笑顔ですemoticon-0105-wink.gif
私も春先に初めてこのツリーハウスを訪れた際に、凄い衝撃を受けました。
さてemoticon-0133-wait.gifそのファーストインパクト時の記事にもご興味がありましたら、
ツリーハウスの全貌など詳細はこちらですemoticon-0160-movie.gif
どの子たちも到着すると同時にとっても良い反応だったし、
その時に実は私も子供たちに負けないくらい気持ちが盛り上がっていましたemoticon-0137-clapping.gif
何故なら
聞くところによると、この森に子供たちの声が木魂(こだま)することは、
15年もツリーハウスをコツコツと作られて来た山崎さんの夢でもあったそうなのです!
c0259934_958151.png
ロープスライダーの講師、「佐藤 真吾」さんは北海道出身で山岳ガイドでもある方ですemoticon-0133-wait.gif
震災後にボランティア活動を通して、野田村にも熱心に通って下さっている愛村家ですemoticon-0144-nod.gif
今回は野田村の子供たちを対象に、身近な遊びと学びの場に気付いて欲しいという考えのもと
安全に万全を期すため、1ヶ月も前からロープを張ったり綿密な調整などの大掛かりな確認作業を
何度も繰り返し、更には前日も夕暮れまでロープのたるみ等を確認して下さっていました!
c0259934_9585366.png
滑走前の子供たちも、本当に素晴らしい表情をしていますよね?emoticon-0105-wink.gifでも実は後から
ぐっちー隊員と私も体験してみて解ったのですが、滑走台に座った後は斜面を約60m
も一気にかけ下りるので結構な緊張と怖さを覚えるのですemoticon-0141-whew.gifでも佐藤さんが、
その全てを取り除いてくれる安心安全を意識した楽しいお話をしてくれるんですemoticon-0159-music.gif
c0259934_1052775.png
私は準備段階も知っていたので余計に感じる事なのですが、想定外のリスクさえも全て
シュミレーションして取り除いたからこそ、実現した本当に奇跡とも思えるイベントでしたemoticon-0126-nerd.gif
私は安全面の確保から、正直子供たちが滑走するのは実現不可能だと思っていましたが、
諦めない情熱と緻密な計算と実証を、身を張って繰り返して下さった講師の佐藤さんに
本当に心より感謝いたしますemoticon-0171-star.gif当日だって滑走台から飛び出した子供たちを、下でロープから
下す為に今度は自ら超スピードで下に降りて安全指導をし、リスク回避を確実に進めていく
神業emoticon-0165-muscle.gif振り返ってみたら暑い中、足場の悪い斜面を約20往復もして下さっていましたemoticon-0141-whew.gif
c0259934_10191693.png
飛び出すまでも本当にドキドキわくわくですが、飛び出した後はあっという間の約5秒間で、
本当に風になったような鳥になったような最高の気分でしたemoticon-0131-angel.gif最後に向かい側の木に
激突するんじゃないかというドキドキ感も実は計算の内だったそうですemoticon-0136-giggle.gif
c0259934_14453522.png
やはりロープスライダーの滑走は、熟練の方がいないと危険なのでこの後は
一時撤去するようですが、またいつの日か皆の想いが一つとなって野田村で
今回のような楽しい素敵な機会が実現すると嬉しいですねemoticon-0111-blush.gif
                【野田村ハンモック協会会長(自称) ゆーじ王子より】

それではその笑顔いっぱいのロープスライダーの様子をどうぞご覧下さいemoticon-0105-wink.gif


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪


[PR]
by nodakurashi11 | 2015-08-26 14:29 | のだ村で遊ぶのだ | Comments(0)


こんにちは~emoticon-0117-talking.gif

暑い中、京都から遠路はるばる
3人の家族が民泊体験に来てくれました~!

のだる(民泊)をしてみたい!
三陸鉄道に乗って旅してみたい!
と、家族旅行を計画されたそうです。
c0259934_13241165.jpg

「のだる」とは…
野田村を「見て」「知って」「聞いて」「味わって」「体験して」もらうこと。
それらの行為を総称して『のだる』と呼びます。(のだ暮らし体験村より)




京都から盛岡まで新幹線
盛岡からは盛岡-宮古-久慈(JR山田線~三陸鉄道北リアス線経由)を直通運転する
さんりく北リアス号に乗っていらっしゃったそうです。
※2015年8月1日~16日の16日間限定列車(昨年より6日間増)
※下の写真は野田村役場から見えた「さんりく北リアス号」です。
c0259934_14435657.jpg


岩手に入ってからの移動時間に驚いているようでしたが
待ち時間ものんびり過ごせてよかったといってくださってました。

沿岸北部は、ちょっと交通の便が…emoticon-0127-lipssealed.gif
いやいや、岩手はとーっても広いのです!!


前日は、岩泉町に宿泊され
龍泉洞や、田野畑村のサッパ船クルーズを体験。
野田村でつきや」でのだる(民泊体験)
次の日は、マリンローズパーク野田玉川や、のだ塩工房を見学
そして、久慈市へ というプランということでした。


『なぜ、京都の方が野田村で民泊を??』
私はそればかりが気になっておりました。

なんでも、
奥様は保健師をなさっていて
震災1年後にボランティアとして、初めて野田村を訪れたそうで
それ以来、野田村の保健師の方々と交流を続けてくださっているそうなのです。

以前、ボランティアで来ていただいた方が家族連れで
また来てくれるなんで嬉しいですね!
それは、それは、たくさん楽しんでいってもらいたーい!emoticon-0123-party.gif


というわけで、
さっそく、のだりましょう!
まずは、つきやの信子さん(愛称:のぶりん)から郷土料理を教わります!
もちろん作るのは
けいらん アンド うきうき団子
c0259934_13252210.jpg

そのあとは、
ホタテの炭火焼き
c0259934_13515951.jpg


アーンド、
信子さんの畑でとれた
ローーーーーング長ナスの炭火焼きです。
(腕の長さぐらいあるー!!!)
c0259934_13521041.jpg


「あつい!あつい!」と
汗だくになりながら頑張りました。
ホタテの焼き方も覚え
焼き終わる頃には ホタテ焼き名人です!emoticon-0137-clapping.gif
c0259934_13230151.jpg


片付けも率先してやっていました。emoticon-0137-clapping.gif
c0259934_13271933.jpg



汗だくで焼いた後は、お楽しみの夕飯タイム!

c0259934_14280624.jpg

サラダには凍ったトマトをすりおろしたトマトシャーベットのトッピング
とっても涼しげです。
つきやのけいらんはホタテ入りの磯仕立て。
(通常はしょうゆ味ですが つきやでは塩味です。)
信子さんお得意のトマト料理やホタテをふんだんに使った盛りだくさんなメニューとなりました。
(今回はけいらんの郷土料理体験でしたので、けいらん御膳の豪華版でした。)

もちろん、最後は、デザート!?の うきうき団子!
c0259934_13232903.jpg



初めて会った者同士ですが
なかなか盛り上がってましたね。
お父さんと、お兄さんは意気投合してemoticon-0167-beer.gifemoticon-0167-beer.gif
福来(日本酒)まで飲んじゃいましたね。
お二人とも二日酔いにならなかったでしょうか!??

c0259934_13263357.jpg



ぜひ、またいらしてください。
お待ちしております。emoticon-0139-bow.gif


<民泊のお問い合わせ>
のだ暮らし体験村事務局 ℡0194-78-2926


(さっきー)



[PR]
by nodakurashi11 | 2015-08-20 08:46 | のだ村で遊ぶのだ | Comments(0)

c0259934_169655.jpg


 皆さんはもう新緑の季節を楽しみましたかemoticon-0105-wink.gif?野田村は八重桜や山菜も落ち着いて
今が山歩きをするにも最高の季節ですemoticon-0111-blush.gifそんな訳で今日は朝から鬼太郎のツリーハウスに!
(ゲ!ゲ!ゲ~♪笑)←じぇ!じぇ!じぇ~!のノリで言ってみました。
c0259934_1683829.jpg

ではなくて!こちらもしっかりと野田村ですemoticon-0128-hi.gifしかもそんな奥までも行かない秘密の
場所で地元の方でもなかなか知らない大葛(おくぞう・おくじょ)へ抜ける舗装されていない
砂利道(四駆じゃないと途中からの急勾配を進めません…)の旧道を、今回の主役であります
山﨑 征一
さんのご案内で訪れましたemoticon-0116-evilgrin.gif
でも距離的には中学校仮設からも案外簡単に、車でなく自転車でも行けちゃいます!
着いてみるとそこには別世界がemoticon-0104-surprised.gif野鳥たちがさえずる声や風が木々を揺らす音emoticon-0159-music.gif
私には最高の幸せタイムemoticon-0105-wink.gifにお邪魔させて貰って、マイナスイオンも浴びて
木の葉が瞬間瞬間で作り出す影の優しさにワクワクですemoticon-0159-music.gif
c0259934_17065181.jpg
ん?木々に覆われた先に見えるのは物見やぐら?登れるのかな?全体の調和はあれどemoticon-0105-wink.gif
つぎはぎの集合体なのですが、なんと!10m以上もあるそうですemoticon-0133-wait.gif実際には急斜面
に建っている為、標高は相当なもので海まで見えるほど見晴らしは最高ですemoticon-0122-itwasntme.gif

c0259934_1663248.jpg
新緑の何とも言えないまばゆい色合いに映える山つつじも最高ですemoticon-0111-blush.gif
この他にもシャクナゲや、つるアジサイ、サクラ草などの見どころが一杯ですemoticon-0159-music.gif
また秋の紅葉
も今から楽しみですemoticon-0115-inlove.gif
c0259934_15574766.jpg

物見やぐらから見える景色のほんの一部を皆様にもお裾分けemoticon-0128-hi.gif野田村の眼下に広がる太平洋から
登る朝陽を見てみたいし、月や星空が海から湧いてくるという体感もしてみたくなりましたemoticon-0111-blush.gif
c0259934_1557876.jpg

征一さんは、床屋さんという技術職だけに修まらず建築や木々の特性を熟知された方で、
更にはご自分が感動した色んなメッセージを達筆で描かれていたりもしますemoticon-0133-wait.gif
また自作のピザ窯や非常に燃焼効率の高い「ロケットストーブ」も
制作されていますemoticon-0128-hi.gifもちろんですが、きちんとトイレも有りますのでご安心を!
そして敷地内に点在する池にも、征一さんのこだわりが!自然環境に近い形の
ビオトープ
として幾つも作られていて
網での葉っぱ掬いや運が良ければ釣りも出来ちゃったりもしますemoticon-0159-music.gif
c0259934_16580389.png


古民家から廃材となった立派な梁(はり)が随所に活用されていたり、腐りにくいと昔から
活用されていた栗の木材も多くの建造物に活かされていましたemoticon-0133-wait.gif
ツリーハウスを作ろうと考えたきっかけや自然との調和など、多くは語らずも
大人の遊び心をそっと教えて下さいます。emoticon-0116-evilgrin.gifまた趣味や遊びの範疇だという事で
謙遜なさっていましたが、木の組み方や設計図は無いながらも、一部修繕や補強をする事で
可能性は無限大のツリーハウスや周囲の環境づくり、腐った所はその都度ある材料で
補修をしたり、今年でもう既に15年目の挑戦なんだそうです!私も週末や早朝に一緒に
※かだらせて(参加させて)頂く事にしましたemoticon-0136-giggle.gif
どうやら野田村ぐらしが益々おもしろい事になって来たのだemoticon-0122-itwasntme.gif

【その時はそれ以上の感動に、まさか想像も付かなかったゆーじ王子より】emoticon-0159-music.gif
その3か月後に実現した子供たちのロープスライダー滑走の感動は、ぜひこちらからemoticon-0136-giggle.gif
手前味噌ですが、本気でスライダー滑走の動画は、楽しくて一見の価値ありですemoticon-0128-hi.gif
[PR]
by nodakurashi11 | 2015-05-26 16:36 | のだ村で遊ぶのだ | Comments(6)