カテゴリ:イベント関連( 35 )

c0259934_15345720.png
 11月20日に野田中学校で『EVアカデミー 低炭素実践ものづくり 環境体験セミナー』
なる取り組みがあるという事を聞きつけました!
EVとは【Electric Vehicle】の略称で、今は広く普及しつつある「電気自動車」の事ですemoticon-0133-wait.gif
今回の取り組みは、久慈工業高校2年生たちの出前授業という形で実現しました。
前日EV(電気自動車)について丸一日みっちりと学んだ久慈工業高校生たちが、
野田中学校3年生に対して、EVの組立て方などを補助で教えましたemoticon-0126-nerd.gif
c0259934_16010679.png
授業は3グループに分かれてローテーションで進行して行きました。
 先ず1つに座学を担当するのは、一関工業高等専門学校特命教授の「佐藤 清忠」さんで、
『電気自動車(EV)は、なぜ環境に良いのか』という事を説く非常に解りやすい講義でしたemoticon-0122-itwasntme.gif
また私にとっての技術室での授業は、他の勉強とは違って椅子を作ったりして楽しかった
という感覚を思い出し、何だか懐かしい気持ちになりましたemoticon-0159-music.gif
c0259934_15074025.png
 次は『自動車生産のときの工具の使い方と環境問題について』です。私は初め先入観で
女子生徒達にとって、工具を使ったり分解や組み立てって興味が湧くんだろうか?
なんて考えを持っていましたemoticon-0155-flower.gifしかし男子生徒は勿論のこと、みなさんで工具の名称
や使い方、その部品のネジの止め方ひとつにしても使う人の事を考えて理に適った構造
になっているという事を、熱心に体験し学んでいたように感じましたemoticon-0133-wait.gif
c0259934_15065100.png
c0259934_16002322.png
整備や組み立てを誰が行っても、そこに違いが出ないよう適正な安全基準を確保するため、
予め設定した数値を基にして、手にしたデジタルトルクレンチは光と音で知らせてくれますemoticon-0178-rock.gif
また機械のセンサーだけではなく、前日に更に熱心に学ばれた久慈工業高校の
生徒さん達も心強く、中学生たちのサポートをしていましたemoticon-0122-itwasntme.gif
c0259934_15072305.png
 最後は『EV(電気自動車)の試乗体験とタイヤの空気圧の点検などについて』ですemoticon-0128-hi.gif
先ず中学校を訪れた時に、玄関前の廊下に存在感バッチリで置いてあった時点で、
このEV授業は楽しい事になるのが、容易に想像できました。皆お待ちかね試乗体験emoticon-0122-itwasntme.gif
生徒さん一人ひとりが、日頃のタイヤの空気圧の点検や整備の大事さを理解し、
ひいてはそれらが地球規模の環境問題を考える契機にも繋がっていくという事も
きっと学んだのではないでしょうか?また楽しいだけでなく、最先端の確かな技術を感じ
貴重な体験を通じて賢くなれる、本当に有意義な時間であったように感じましたemoticon-0133-wait.gif
                 
c0259934_15081153.png


それでは野田村での「EVスクール野田中学校 with久慈工業2年生」の様子を動画にしましたのでご覧ください。【今年は久々のサンタさんになれる 新婚のゆーじ王子より】

※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪


[PR]
by nodakurashi11 | 2015-12-15 09:17 | イベント関連 | Comments(0)

「のだもん 第3弾」が行われる
野田村生涯学習センターへ行ってきました。
c0259934_15192851.jpg

のだもん
~ゲットせよ!野田村のうまいもん!

ということで

小学3~5年生14名
N・O・Dの3つのチームに分かれ
6つある指令のうち2つを早い者勝ちでクリアし
3つめの指令で、うまいもんまで辿り着き取材
最後に広告を作ります。



のだもんとは、
NPO法人北いわて未来ラボが主催するもので今年で3回目となります。
野田村の子どもたちのための体験型学習イベント。
タブレット端末に届く指令をクリアしながら
地元手づくりのおいしいものを探し出していきます。


NPO法人北いわて未来ラボとは
久慈高校を卒業したかつての同級生有志で結成され、東日本大震災を契機に久慈地域を拠点に
地域の未来を創る人材育成と産業振興に取り組んでいます。




私たち応援隊は、チームDに密着!
このチームは4人(他のチームは5人)
少ない人数ながらヤル気は十分です!
c0259934_15242992.jpg


まず、4人が選んだ指令は

「のだ塩を使った甘いヤツ」
<ヒント>お店の名前は、ひらがな4文字

c0259934_15210706.jpg


ダッシュで、あの店へ!

c0259934_16082216.jpg

emoticon-0171-star.gif1つめの指令クリア!emoticon-0171-star.gif




次に選んだ指令は
「『希望』を見つけろ」
<ヒント>本がたくさんあるところ

c0259934_15212637.jpg


またもやダッシュ!
私たちは、ついて行くのがやっとです…emoticon-0107-sweating.gif

本のたくさんあるその場所に着いてみると
他のチームも同じ指令に挑戦中!

どちらのチームが早く「希望」を見つけ指令をクリアできるか!!

みんなで手分けして探すもなかなか見つからない…

c0259934_16083224.jpg

探して!探して!
チームD 先に指令をクリアすることができました!
emoticon-0171-star.gif2つめの指令クリア!emoticon-0171-star.gif




最後の指令
「この人を探して○○の秘密を探れ!」


最後の指令場所へは、車での移動です。
子どもたちが乗った車を見失わないよう追跡!

c0259934_16545337.jpg


しだみだんごを作っている
食の匠の小谷地ハヨさんのところでした。
(しだみ = どんぐり)


岩手県では、岩手の食文化の発信活動を促進し、地域活性化を促すために、
永年培われてきた郷土料理等の優れた技術を有する者を「食の匠」として認定しています。


だんご作り体験&試食もさせていただきました。
『あずき』のあんこが食べられない子も
『しだみ』は食べられる!おいしい~!と食べていましたよ。

みんなへのお土産もいただき大満足!
c0259934_16081167.jpg


センターへ戻り、取材したことを広告にまとめ
emoticon-0171-star.gifコンプリート!emoticon-0171-star.gif
c0259934_15232840.jpg

3チームによる広告
いったいどんな広告になるのでしょう???


※のだもんの様子は こちらにも。




のだもん チームDに密着!
ご覧ください。



※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪

(さっきー)

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-12-07 16:14 | イベント関連 | Comments(0)

~荒海ホタテ魅力体感ツアー~
野田村の荒海ホタテはなぜ料理界で人気なのか!を体感するべく
盛岡、二戸方面からツアーの方々が野田村へ来てくださいました。


この日は天気も良く
野田港での作業も気持ちよい日でした。emoticon-0117-talking.gif

c0259934_17093809.jpg

まずは

荒海団営業センターの町田さんより蓄養施設の説明。
荒海ホタテがどのように育てられ、
他のホタテとどこが違うのかなどお話いただきました。

c0259934_17100205.jpg
※野田村産のホタテがすべて荒海ホタテではありません。
 厳しい条件をクリアしたものだけが『荒海ホタテ』になれるのです!

c0259934_16052921.jpg


続いて、
漁師で荒海団の小谷地さんと外舘さんに
ホタテについてたくさんの話を聞きながら
ホタテの洗浄体験

c0259934_17094345.jpg



自分で洗浄したホタテを剥いてもらい試食

c0259934_17095004.jpg


今度は、漁師が一番好きな「ホタテの素蒸し」の試食!

c0259934_17092693.jpg


野田村の荒海ホタテは、
砂抜きの必要もなく、素蒸しで十分においしいんです!

おいしい!おいしい!贅沢~!
食べたことあるのと違う~!などの声も…emoticon-0111-blush.gif


普段、蓄養施設では魚屋さんや料理店のみで、直接一般の方への販売は行っていないのですが
今回のツアー参加者限定で、先行予約販売も行われました。
※一般の方は、ネットぱあぷるで買えます。




試食でもっと食べたくなってきたところで
国民宿舎えぼし荘で昼食です。
(曲がり家の前にて)


海鮮バーベキュー!
またまた荒海ホタテ(今度は焼き)、鮭、エビ、イカ、しいたけ、
南部福来豚(なんぶふくぶた→野田村のブランドポーク)、
あら汁、おにぎり


ボリューム満点!!
みなさん、かなりお腹いっぱいになった様子

c0259934_17092000.jpg



満腹になったあとは
マリンローズパーク野田玉川へ行き洞窟探検!

       ↓

同日行われていた
NODAまんぷくマルシェ会場に移動し
「餅まき大会」へ参加&買い物!

       ↓

道の駅ぱあぷるで買い物をして帰路に。


c0259934_17093171.jpg
餅の袋の中には
野田村のうんめぇ~ものの引換券が入っているものもあるため
餅まきは、すごいにぎわいでした。


ツアー参加者の中には
荒海ホタテ魅力体感ツアーに来て
さらに荒海ホタテが当たっちゃった方もいましたよ~!

参加してくださった皆様
大変ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。


そして、
皆様もぜひ野田村に荒海ホタテを食べに来てみませんか~?

c0259934_11431277.jpg

12月6日(日)
野田港
にて「ホタテまつり」が行われます。

このまつりでは、年に1度
蓄養施設から直接 荒海ホタテを買うことができますよ!

会場から全国発送もできますのでお歳暮にもおススメです!
焼きホタテ、田楽、おにぎり、そば等のフードコーナーもあります。
ぜひ、いらしてくださ~い!

(さっきー)

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-11-30 09:23 | イベント関連 | Comments(0)

「薪ストーブっていいな~
最近切実にそう感じるぐっちです。


野田村では10/31(土)、11/1(日)総合文化祭展示部門
と同日にイベントが行われていました(^^)!
その名も『うんめぇ~NODAまんぷくマルシェ』!!

c0259934_15560848.jpg
旧「野田産業まつり」です!


c0259934_15571713.jpg

野田村の郷土料理や、季節の野菜、荒海ホタテ、南部福来豚など
野田村のうんめぇ~食材が揃いました(^^)!

c0259934_10371665.jpg

恒例の餅まき大会もありましたよ♪



のだむら復興応援隊でも何か出来ないかな?と考えました。
野田村のホタテの貝殻を使おう!
など色々な意見を交わし、出来たのがこのコーナー。
(意見を交わした部分は端折ってますが、熱い意見交換ですよ!笑)

c0259934_15560863.jpg

ホタテの貝殻にお絵かきをしてみよう♪
(のんちゃんぬりえも☆)



11/1(日)に応援隊のコーナーを出したのですが、
この日は晴れて暖かな陽気♪

c0259934_15560837.jpg

みんな真剣に製作中(^^)♪



たくさんの笑顔が見られました(^^)
c0259934_15560814.jpg

みんな素敵な笑顔です♡



ちなみにこの日はハロウィン仮装したのんちゃんも登場!!

c0259934_15560855.jpg

やっぱりのんちゃんって可愛い(*^^*)♡
お腹のぽよぽよ感…たまらないっ♡!!

c0259934_15560853.jpg

そしてこの愛くるしいルックスで、
実は踊ったり走ったり出来ちゃうんです。


それでは、今回は踊っているのんちゃんを動画で紹介しちゃいます♪


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪

(ぐっち)

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-11-19 13:01 | イベント関連 | Comments(0)

 早いもので1ヶ月近くも経ってしまって、久慈の秋祭りの声を聞いて、ハッと目が覚めた
ゆーじ王子ですemoticon-0127-lipssealed.gif8/21~8/23に行われた『愛宕神社例大祭 野田まつり』。
震災のあった2011年は、毎年恒例の「愛宕神社例大祭」としては中止になりましたが、
全国からの支援により『野田村復興イベント』として開催されたそうですemoticon-0133-wait.gif
今年もそんな数々の温かい絆や繋がりを残したまま、震災後4回目の開催となりましたemoticon-0160-movie.gif
c0259934_09075417.png
今でも野田まつりの2日目の「中日」には、遠くは九州 福岡県の福岡大学附属若葉高等学校
ダンス部の素晴らしいパフォーマンスや山車制作に各方面のボランティアの方々も加わって
下さっていたのだと後から理解しましたemoticon-0133-wait.gifこれは本当にありがたい絆ですねemoticon-0150-handshake.gif私はせっかく
4月から野田村民として住んでいますので、今回はその準備風景からレポートです!
c0259934_1352150.png
妥協8割、制作2割と謙遜していらっしゃいましたが、本気さがビシバシ伝わって来ましたemoticon-0116-evilgrin.gif
下組は今年も手づくりの山車で祭りに臨みましたemoticon-0122-itwasntme.gif山車正面のテーマは「西遊記」です。
三蔵法師が引く手綱の長さを測って縄を準備したり、全体の色から『手縄は金色だと袈裟(衣装)
の色に被るし、目立ちにくいので青色にすっぺ』など現場で次々と決まって制作されていきますemoticon-0133-wait.gifちなみに見返りは「ドラゴンボール」emoticon-0171-star.gifあ!これは【孫 悟空】繋がりだemoticon-0165-muscle.gif
c0259934_16105050.png
c0259934_1352109.png
祭りの前日には、山車が全て完成し、その上に乗って子供たちもお祭り本番に向けて最後の
練習ですemoticon-0165-muscle.gif山車制作に関わってきた大人たちも何だか厳かな雰囲気の中、お囃子に耳を傾け
じっくりとその様子を見守っていましたemoticon-0125-mmm.gifかつては太鼓を叩いていた事、これまでの山車制作の
ご苦労、今年も無事お祭りを迎えられた事への感謝や、震災後の時の流れを感じるのか、なんとも言えぬ神妙な面持ちでした!この時この場に居合わせた事をとても光栄に感じましたemoticon-0133-wait.gif
c0259934_13531475.png
c0259934_13552230.png
下組の山車引きに参加するため、凛々しくハッピに着替え練習する八戸高専の生徒さん達ですemoticon-0122-itwasntme.gif
c0259934_11395258.png
c0259934_135571.png
c0259934_14354946.png
c0259934_14291395.png
お囃子の音は、心に深く染み渡りますemoticon-0122-itwasntme.gifどの組もお盆よりずっと前から祭りのために
練習を遅い時間まで、一生懸命頑張って本番に臨みましたemoticon-0133-wait.gif私はそんな直向きな姿も拝見
させて頂いてましたので、本番は余計にどの組も晴れの舞台で凛々しい姿に見えましたemoticon-0115-inlove.gif
c0259934_1140880.png
c0259934_1345940.png
お祭り2日目の22日(土)【中日】の野外でのステージイベントが今年は雨の影響により
全て体育館での披露となってしまいましたが、どれも素晴らしいステージだったそうでemoticon-0159-music.gif
私は私用【メガネ紛失事件…】があって、全部を見られなかったのが残念でしたemoticon-0120-doh.gif
c0259934_14352657.png
お祭り2日目にご参加の方は、もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、震災前から
YOSAKOIソーランを通し野田村と交流があり、震災後も野田村での震災支援など復興に
多大なるご尽力を頂きました伊藤多喜雄さんに野田村観光大使・第1号が委嘱されましたemoticon-0105-wink.gif
『野田村観光大使』とは野田村の質の高い食素材、豊かな自然環境や観光情報を広く紹介し、
本村の知名度向上と観光産業の発展を図るため設置されました。
c0259934_8553177.png
また野田村では、「心はいつものだ村民」制度を制定しました。野田村から離れていても、
心はいつも野田村と共にある方を「心はいつものだ村民」として登録し、登録者には野田村の
旬な情報を随時お知らせします。そしてこの度、伊藤多喜雄さんが「心はいつものだ村民」
第1号として登録されましたemoticon-0142-happy.gif
c0259934_14480438.png
c0259934_13403493.png
お祭り最終日は、山車のお帰りや愛宕神社前で山車の共演などがありましたemoticon-0123-party.gif
また私は初日には、撮影で参加できなかった神輿担ぎに野田神輿会で参加して来ましたemoticon-0165-muscle.gif
更にこのご縁は9月17日からの久慈の秋祭りへと繋がりますemoticon-0148-yes.gif
c0259934_11383153.png
こうして野田村の祭りは、あいにくの雨に少し影響は受けましたが、来年にまた紡がれる
地元の熱い想いやご縁から生まれた各地の温かな絆ともに夜が更けて行ったのでしたemoticon-0171-star.gifemoticon-0182-poolparty.gif各組の山車のテーマや詳細を知りたい方は、観光協会ブログこちらへどうぞemoticon-0128-hi.gif
c0259934_16143117.png
それではほんの一部ですが、大いに盛り上がった野田まつりの様子をご覧ください。


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-09-16 15:11 | イベント関連 | Comments(0)

突然ですが…皆様、筋肉痛は何日後になりますか?

先日わたしは3日後に筋肉痛になりました…(笑)
(そもそも筋肉痛にはならない!なんて人もいるかな?)



いつも関係ない話から入ってしまいますが…(^^;)9月5日(土)苫屋さんで行われた
VSMYBLUES(ヴァーサスマイブルース)さんのLIVEへ行って参りました\(^o^)/
「EARTH VS MYBLUES ライブ in 苫屋」
昨年の9月にも来ていただいていますが、その様子はこちら(youtube)

VSMYBLUESさん、震災の時に支援物資を野田村に届けにきたのが始まりで、
その後とあるテレビ番組で苫屋さんが紹介されたのを見てこれはヤバいぞ!(良い意味で)
となりハガキを送って泊まったことがきっかけで、現在も苫屋さんと深い繋がりを
持っているんだそうです♪(元々はi go(アイゴー)という名で活動していましたが
今年初めに改名したとのこと。)
VSMYBLUESさんの公式ウェブサイトはこちら


c0259934_15341524.jpg

苫屋でのLIVEなんて考えただけでワクワク♪
あのタイムスリップしたかのような空間がどんな風になるのか…♪
動画では見ていたものの、実際見てみたい!
力強く心に響くような歌声を生で聞きたい!
そんな理由からどうしても行きたかったのです(*^^*)!


この日わたしは所用があり、残念ながら最初から見れず…(ToT)だったのですが、
苫屋へ到着するとたくさんの人!それだけでちょっとテンションが上がるわたし(笑)
(でもオープニングゲストのhatoko(野田村出身・在住の2人組)の歌う姿が見れなかった…)

c0259934_13404060.jpg

あれ?海女さんもいる~(^^)!!
お隣久慈市の北限の海女PR隊のジュンさんが来て下さっていました♪(めんこい~♡)

c0259934_14364056.jpg

VSMYBLUESさん、歌も演奏も最高でした。歌が心に響いてくるんです。
新曲の名前は荒海節』

実はこのブログのタイトル「足が無くともホタテは歩く♪村の未来を携えて♪」は
この新曲「荒海節」の歌詞の一部なのです。

だらすこ節もそうだったけど、荒海節も頭から離れないメロディ♪
動画でぜひご覧になって下さいね(^^)/


そして注目してほしいのがコレ!

c0259934_14474202.jpg

VSMYBLUESのボーカルの茜谷さんのTシャツ。
野田村の村章~!役場に申請を出し、友人に頼んで1枚だけ作ったんだそうです♪プレミア!
「欲しい~!」という声もちらほら聞こえていました。(わたしも欲しい!(笑))

c0259934_15081346.jpg

c0259934_15082030.jpg

最後はみんなで「ハイ!うーに!」
ウニポーズで記念撮影♪

こういう繋がりがずっと続いていくと嬉しいですね(^^)!


この日はたくさんの曲を演奏して下さったのですが、
その中から新曲「荒海節」を動画にしましたのでご覧ください(^∀^)


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪
(ぐっち)


[PR]
by nodakurashi11 | 2015-09-14 11:38 | イベント関連 | Comments(0)

Facebookでは告知をさせていただいておりますが、
9月27日(日)にのだむら復興応援隊がイベントを開催します。
タイトルは「塩の道を歩いて出会うのだ!!」です。
名前の通り、野田村で春と秋に開催される恒例のイベント「塩の道を歩こう会」と
コラボレーションし、山の景色や山頂からの眺望を見ながら、のだ塩が運ばれた「塩の道」を
歩いて歴史を学び、同じような趣味を持つ独身男女を対象とした出会いイベントです。
c0259934_8595815.jpg

c0259934_905511.jpg

以前、のだむら復興応援隊のお仕事ということで我々の仕事内容の一部をご紹介しましたが、
その中にある
「出会いの機会創出のための交流事業の企画及び実施」

一環として開催します。

対象は
●満20歳~50歳未満の野田村にお住まい、
 または野田村でお勤めの男性

●満20歳~50歳未満の女性(住所は問いません。)

 上記に該当し、結婚に興味のある独身の男女の方
となります。

締め切りは9月15日(火)到着分までとなりますが、その前に定員に達した場合は
申し込みを終了とさせていただきますのでご了承ください。
出会いを探している方はもちろん、お知り合いで出会いを探している方など、
いらっしゃいましたら是非お誘いあわせの上、ご参加をお待ちしております。
クリスマスや年末年始、バレンタインデーなど、これからカップルで楽しむイベントが
盛りだくさんです。一緒に過ごせる相手を探してみませんか?

きっかけは「塩の道」でした。と野田村役場で入籍の報告をしてもらえるようなカップルが
誕生してくれることを期待しています!!
c0259934_91506.jpg


ご興味のある方はこちらから詳細をご確認いただき、お申込み下さい。

c0259934_923958.jpg

                       (出会いに関しては人ごとではない…もりりん)
[PR]
by nodakurashi11 | 2015-09-07 11:50 | イベント関連 | Comments(0)

8月11日、LIGHT UP NIPPON × NODA
が今年も行われました(^^)!

LIGHT UP NIPPON とは …「東北を、日本を、花火で、元気に。」をスローガンに、東日本大震災被災地の太平洋沿岸十数箇所で、8月11日19時に、鎮魂と復興の祈りを込めた花火を、一斉にうちあげる活動。
2011年8月11日から今年で5回目となり、野田村で開催されるのは今年で4回目です。

c0259934_16301187.jpg

LIGHT UP NIPPONのホームページを見ていると、コンセプトの文章の中に
『本来、花火が持っていた「追悼」と「復興」の意味を込めて。』
というところがありました。

気になってそのことを自分でも調べてみると、花火は本来、
お盆の迎え火や送り火などと同じで、魂や霊を供養するものなのだとか。
(わたしは初めて知りました。)


そう考えると花火が楽しいものから感慨深いものになってきました。

c0259934_16401088.jpg

この日はとっても不安定な天気でした…。
準備中に豪雨。
一旦止んだと思ったらイベント開始直後に豪雨。

c0259934_16452256.jpg

打ち上げを心配する声が聞かれる中、
「大丈夫!絶対雨上がるから!」
とLIGHT UP NIPPON実行委員会の方々。


ミニコンサートが始まる予定時刻の17:30。
本当に雨が上がった~\(^o^)/
(言霊って本当にあるんですね!)
そしてどんどん人が集まってきました。


ミニコンサート、最初に登場したのは盛岡のシンガーソングライターのSHIZUKUさん!
この日のために、野田村のテーマソングを作ってきて下さり、
透き通る様な歌声で披露していただきました。

c0259934_16452569.jpg

そして大槌町出身の臼澤みさきさん。
純粋で、真っ直ぐ心に染み込んでくるような歌声。

c0259934_16520590.jpg

お二人とも素敵な歌声で終始聞き入ってしまいました(*^^*)


イベント中はエフエム岩手でお馴染みのまつみたくやさんが、パーソナリティとして
コミュニティFM「のだむラジヲ」の放送を盛り上げてくれていました!

c0259934_10565890.jpg

漫画家そのだつくし先生による似顔絵コーナーや、
LIGHT UP NIPPONのブース、キッズコーナーもありました♪

c0259934_10544953.jpg

キッズコーナーにはエアートランポリンも出ていて、
こちらは前にブログで紹介した充電ステーションから太陽光で発電した電気を使っていましたよ♪

c0259934_17044184.png

飲食ブースもたくさん!

c0259934_09532268.png


そして花火。
たくさんの人が鎮魂と復興を願い、同じ空を見あげました。

c0259934_11010838.jpg

それでは花火の様子など、動画にしましたのでご覧ください。


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪
(ぐっち)


[PR]
by nodakurashi11 | 2015-08-28 12:59 | イベント関連 | Comments(0)

7月下旬、福島県石川郡浅川町の浅川中学校の1年生65名が教育旅行で
野田村を訪れるということで取材に伺いました。
浅川中学校とは平成21年から交流が続いています。
c0259934_912088.jpg

朝6時頃に出発してきたということでしたがみんな元気いっぱい!!
c0259934_9122615.jpg

中学生のみんなは3班に別れてホタテ釣り、蓄養施設見学、乗船体験を行います。
ホタテ釣りは針金をハンガーのように三角にし、開いたホタテに針金を入れて
ホタテが閉じたら吊り上げます。
c0259934_913186.jpg

楽しそうに釣る生徒さんたち。釣ったホタテはその場で炭火焼きにして食べることが
できるということでみんな真剣です。
c0259934_9135553.jpg

c0259934_9141959.jpg

釣っては焼いてもらって食べ、食べ終わったらすぐに釣ってを繰り返す生徒さんが多数。
蓄養施設では荒海ホタテの出荷までの流れを聞きます。
c0259934_9563434.jpg

水槽のホタテを手に取り、ホタテに水をかけられる生徒さんもいました。
c0259934_9573775.jpg

乗船体験ではホタテの養殖場所付近を見学。
c0259934_1014205.jpg

この日は外海に出ても波は穏やかで荒海っぽさを中学生の皆さんに体験して
もらえなかったのが残念!!
全ての班が3つの体験を終了すると中学生からお世話になった皆さんにお礼のあいさつがあり、
最後に記念撮影をして交流は終了。
c0259934_10262213.jpg

バスが見えなくなるまで旗を振って中学生たちを見送っていました。
その後中学生たちは国道沿いの桜庭石材店さんの跡地へ。
震災当時の様子と震災後の取り組みを真剣なまなざしで聞きました。
c0259934_10264398.jpg

野田村で様々な体験をして何かを感じ取ってもらえる事ができたならいいなと感じた一日でした。


それでは体験と見学を動画にしましたのでご覧下さい。



※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪



                                                  (もりりん)

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-08-11 16:08 | イベント関連 | Comments(0)

笑顔いっぱいの交流会!!

先日、若妻会の取材にお邪魔した際、7月に八戸の中学校の方々と交流会があるから
ぜひ見に来て~!!と話があったので、お邪魔してみました。emoticon-0100-smile.gif
野田村に来てくれたのは八戸市立長者中学校のみなさん。

長者中学校と野田村との交流は2年前から始まり、今年は1学年の3クラスがクラス毎に分かれ、
前田小路地区、門前小路地区、北区地区の方々とふれあいました。emoticon-0117-talking.gif

前田小路地区の若妻会の皆さんは生涯学習センターの和室で交流。
あいさつの後、早速けん玉、あや取り、メンコ、折り紙の班に分かれて交流します。emoticon-0139-bow.gif
c0259934_15534134.jpg

初対面ながらもすんなりと話し出す中学生たち。楽しそうに教わる若妻会の皆さん。
今の思春期の中学生たちってすんなりと交流できるんだ~と思わず感心。emoticon-0104-surprised.gif
自分が中学生の頃だったらこんな機会があったらきっとクラスの半分は休んだろうな…などと
時代の流れを感じずにはいられませんでした。(時代の流れ?地域性?)

中学生たちが25名、若妻会の皆さんが13名、応援隊3名に先生が1名。
計42名が密集する和室は賑やかで熱気ムンムン。

けん玉を生徒さんたちに教わり、見よう見まねで何度も挑戦します。
c0259934_1554633.jpg

なかなか上手くいきません。

こちらではあや取りを手を取り教えてもらっています。
c0259934_15542454.jpg

メンコに夢中。最後に賞状をもらって嬉しそうです。
c0259934_15545024.jpg

c0259934_155510100.jpg

折り紙中です。家に持ち帰ってつなげて部屋に飾るそうです。
c0259934_1605858.jpg

なんだかみんな子どもに戻ったような無邪気な笑顔です。
その楽しそうな光景を見ていると我々もやってみたくなり、我々も仲間に入れてもらいました!!
c0259934_1675556.jpg


交流が終わると中学生たちから合唱のプレゼント。
c0259934_1633478.jpg

素晴らしいハーモニーを奏でてくれ、若妻会の皆さんもその歌声にウットリ。
最後に中学生からのあいさつがあり、記念写真を撮影し、一人ひとりと握手をして終了。
c0259934_15563652.jpg

あっという間の交流に中学生も若妻会の皆さんも名残惜しそうです。
孫のような中学生たちと真剣に、そして笑顔で接している若妻会の皆さんと、
交流する中学生たちの顔はみんな輝いていました!




※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪


                                              (もりりん)

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-07-21 16:18 | イベント関連 | Comments(0)