カテゴリ:何でも体験取材( 81 )

皆様こんにちは^^

寒くなってまいりましたが、
寒いからこそできること、見れることが増えて嬉しいしもむんですemoticon-0115-inlove.gif

星空もきれい。

薪ストーブでおにぎりを焼く。(私だけ?)

おやつには、あま~い柿♪


そして、年中作っているけれど、
こんな季節にあたたかいお茶と一緒に食べたいのは…おだんご♡

先日、岩手県の食の匠というものにも認定された
小谷地ハヨさんのところへ、行ってまいりました!
※最初にお伝えしますが、今回ちょっとしたミスがあり、いい写真をあまり撮れませんでした^^;

「ハヨさ~ん♪」

「はいはい、ようこそいらっしゃいませ^^」

ハヨさんは、と~ってもお肌がきれいなんです。emoticon-0152-heart.gif

この日は、3種類のおだんご作りを教えていただきました♪

・しだみ(どんぐり)だんご
・あずきだんご(小麦と米粉2種類)
・しゅうじ(みみっこ)もち
※くるみ、黒砂糖、みそが入ったもの


小麦の粉で作ったおだんごは、中身を入れて丸めたあと、ゆであげますが、
米粉で作ったおだんごは、既におもち状態なので、そのまま食べられます^^

と、これだけ伝えると、「じゃぁ、米粉で作った方が楽なのか・・・?」
と思う方ももしかしたらいるかもしれませんが、

実は、米粉のおだんごは、丸めるときが大変なんです!

小麦と違い、修正があまりききません(笑)

なので、
足りないからちょっと足そう~っ

ということが、できないのです。
(余ったからちぎる、ということはできますが)

最後、きれいに閉じなければならないのですが、
中身がでてしまったり、しゅうまいみたいになってしまったり…(笑)

私とハッピー、童心へ帰ったような気持ちで頑張りました。
(ハッピーは結構つまみぐいしていたことは内緒)

できあがったものを半分に切るとこんな感じ・・・♪
c0259934_14505514.jpg

ハヨさんがしだみだんごで食の匠に認定されてから、
取材や講師依頼が、結構来るようです^^

私がすごいな、と思った話は、
ハヨさんが改良したってこと。

調べてみると、私たち人間には縄文時代からどんぐりを食べる風習があったようですが、
最近のものでも、あまり美味しくないような味だったそうです。

それを、美味しく食べられるようにと、色々研究を重ね、今の味になったようです。

伝統を守りながらも、時代に合わせて改良する。

中々、できることではないですよね。

なので、結構しだみだんごを初めて食べた方も、

「え、これ、本当にどんぐりなの??思ったより食べやすい!美味しい!」
と、言っていただけるようです♪

「ボケ防止にはいいよ~(笑)」
と言っていましたが、
いくらボケ防止とは言え、とても手間がかかる作業。

誰でもできるわけではありませんよね。。

そんなこんなで、
今回は写真がほとんどありませんでしたが、
映像をご覧ください♪

※端末によっては上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください

産直ぱあぷるにハヨさんのおだんごは並んでいますよ!

ハヨさんのように、お肌がきれいになりますように♪(笑)

それではこの辺で♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!

おまけ。
~後片付けにも精を出すハッピー(と、うさぎちゃん)~
c0259934_1648253.jpg

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-11-28 16:57 | 何でも体験取材 | Comments(0)

遂に…!!!

皆さんこんにちは♪

パーマをあてたのに「寝癖?」と言われるしもむんです。emoticon-0147-emo.gif

さて、前回予告したとおり!
今回は
「干し柿」の作業をご紹介します!!emoticon-0115-inlove.gif

今回の先生は、日形井地区のテルばあちゃん

もう、このブログに何回登場したんだろう…!

c0259934_14571394.jpg

昔は、竹にさして干す、というのが普通だったみたいですが、
「最近は、吊るす人の方が多いんじゃないかな」と言っていました。

皆さん、不思議におもったことありませんか?

「なぜ、落ちないのか。」
「台風なんかが来たら、落ちるんじゃないか」



実は、柿の結び付け方にコツがあるそうなのです!
c0259934_14572964.jpg

早速、レクチャーを受けます。

ほぉ。
ほぉほぉ。
ほぉほぉ…?

見よう見まねでやってみます。

…あれ。落ちた。柿が落ちた…。

わたしも、ハッピーも苦戦。
テルばあちゃん、爆笑。

そういえば、実は去年も私挑戦しましたが、習得できなかった…。

という意地もあり(?)

開始からおよそ20分くらいで、一応、結び付けられるようにはなりました。

が、あまりスペースを空けずにきれいに結び付けるのが、意外と難しくて。

なんとなくできたような気になったところで。

「ほれ。次は皮むきやってみんべし!」

ということで、レッツトライ!!

ん…?

c0259934_14574417.jpg


皆さん、こんな機械、見たことありますか?

「皮むき用」の機械のようです。

柿の中心部分をヘタの方からグサとさしたら、
ハンドルへ左手を添え、右手には皮むき器を持ちます。

ハンドルを回しながら、一気に剥きあげるのですが、
ピーラーを上手に移動させなければなりません。

わたしが剥く→外す→テルばあちゃん手直し

という作業がしばらく続きました…(笑)

そして、ハッピーが挑戦したところ…

「いやぁ、おめぇさんの方が上手いごどぉ~!」

え…??

24歳、乙女、ショック!!

そして、そうこうしているうちに。

「一服(休憩)すんべし!」
c0259934_14575950.jpg

c0259934_14584412.jpg

おぉ…。
二度手間にさせた挙句、こんなごっつぉーまで…。

しぶを抜いたやわらかい柿と、田楽と、そば茶をいただいたので。
いただいた分はまた働こうと、再チャレンジ!

「あ、ちょっと上手くなってきたかも!!emoticon-0111-blush.gif

少し上達をして調子に乗った私は、どんどん剥きました。

これが、結構ハマル…!!

気が付けば、日も落ちてきたところで。

「どれっ、寒がべ、ちょっと暖まってえぐべし!」

ということで、普段使用している豆腐工房の奥へ…!
c0259934_14582526.jpg

作業しながらも。
一服しながらも。
たくさんおしゃべりをしたので、
あっという間の時間でした!

それでは、映像をご覧ください♪

※端末によって上手く閲覧できない場合がございますので、その場合はこちらからご覧ください♪

こうして吊るされた干し柿は、
1か月くらい寒中にさらしたあと、
ころころと落として、丸める作業をするそうです。

(早く食べたい…!)

わたしたちがやった柿がごろごろと下に落ちたよ~なんていうクレームは今のところないので、
無事なことを祈ります…emoticon-0105-wink.gif

野田村の冬には、「干し柿」が欠かせません。(個人的には)

NO HOSHIGAKI NO WINTERNODAMULIFE!

この時期しか食べられないものでもあるし、
できあがりが楽しみです♪

干し柿は、12月の下旬~2月中旬あたりまで、
産直ぱあぷるにもありますので、ぜひぜひお立ち寄りください♪

それではこのへんで♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!
[PR]
by nodakurashi11 | 2014-11-20 11:34 | 何でも体験取材 | Comments(2)

皆さまこんにちは♪

めっきり日が短くなってきましたね。

この間、関西方面の学生さんに、
「もう、そっち雪降ってます?!!」と言われましたが、
さすがに、まだです。(笑)

さてさて。
先日、野田中学校仮設住宅の集会所にて活動している
「羽希羽季クラブ」さんの代表のおかあさんに声をかけていただき、

とある活動にちゃっかり潜入…いえ、参加してきました♪
※前回ご紹介した羽希羽季クラブさんの記事はこちら

「おじゃましま~す♪」

と、早速いただきました。(笑)
c0259934_14594718.jpg

羽希羽季クラブさんと言えば、普段、手芸やさをり織りをするおかあさんたちですが、

この日は何と小物の収益の一部で、「あんずきばっとう」を作り、仮設に住んでいる、集会所に来てくれた方々にふるまうとのこと。
c0259934_14574837.jpg

あんずきばっとうをわからないという方のために説明します。キランemoticon-0147-emo.gif

(野田村で)正式な発音はあんずぎばっとう
「あずきはっとう(ほうとう)」
のことです。

生地を練ってちょっと細長くしたあの子を
あま~いあずきワールドへ丁寧に送り込む、あれです。

むかぁし、農閑期の時期や、雨で作業ができないときは、
よくこれを作って食べていたそうです。

いわゆるソウルフードですね。emoticon-0115-inlove.gif

比較的、今でも作るおかあさんたちは結構いるようです。

一般的には、小麦粉や強力粉で作ります。

難しい点としては、こんなところでしょうか。

・生地を厚くしすぎると中々火が通らない
・小豆を煮るとき、最後に砂糖を入れないと焦げる
・かき混ぜながら作らないと焦げる


実は、今回は、「伸ばし棒」も、「板」もない状態。

「どうにかなるっしょ~♪」

こういうおかあさんたちだから、わたしは大好きなのです。(笑)

こねこねした生地を、
c0259934_14583556.jpg

縦長にまとめて・・・
c0259934_1458183.jpg

一口サイズに切った生地を手作業で伸ばします。

あらかじめ似ておいた小豆へ投入っ!!

と、文章だとこんなに簡単ですが、

「用具がない」ことにあまり焦らず、みんなのアイデアで作ったので、
とても楽しく、とても勉強になりました。

「あ、そうか、なかったらこうすればいいのか!」と言った具合で。

実際、手作業で伸ばしたので、
ちょっとかたいところもありましたが(笑)
皆で作ったあんずきばっとう、最高でした。

そして、手作りの漬け物が、すご~く合う♪箸が止まりませんな。(笑)
c0259934_1505670.jpg

ハッピーは、3杯食べました。ペロリ。※さすがにちょっときつかったようです(笑)

1歳すぎの天使のようなこの女の子も・・・♪emoticon-0115-inlove.gif
c0259934_1459798.jpg

「おいちぃ~♡」

もう、メロメロです。

将来、モテ過ぎないか心配です。

あ、脱線しそうなので戻します。

「次は何作ろうか~?♪」と楽しそうなおかあさんたち。

(リ、リクエストしても、い、いいですか、、、?)

自分たちの作った小物の収益で、少しでも地域の人と楽しみたい。

そんな、おかあさんたちのハートが垣間見えた日でしたemoticon-0111-blush.gif

それでは、映像をご覧ください♪

※端末によっては上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧ください♪

ブログをご愛読してくださっている皆様へ、これを機に再度お伝えしたいことがあります。
このブログは「○○の作り方」「○○の育て方」をご紹介するだけのブログではありません。

「○○」は、作る人たちによって、様々ですが、
大切なのは、作り手さんの想いや、そのありのままの暮らしの姿

今回の記事も、そんな、「羽希羽季クラブ」のおかあさんたちの
温かい気持ちを、一番感じとっていただけたら、嬉しく思いますemoticon-0115-inlove.gif


この日は、
山の方へも行き、秋~冬に移り変わるとっても素敵な景色も見てきました♪
それは次回で♪

ちなみに、羽希羽季クラブで愛情込めて作った小物たちは、
観光物産館ぱあぷるにも並んでいますので、ぜひ立ち寄った際には探してみてくださいね♪
c0259934_1541633.png


それではこのへんで♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!


[PR]
by nodakurashi11 | 2014-11-11 08:48 | 何でも体験取材 | Comments(2)

皆さまこんにちは!

三連休は、いかがお過ごしでしたでしょうか?

さてさて…

先週、予てから楽しみにしていた
「さつまいも掘り」
に、行ってまいりました!!

新山地区の、中野千江さん宅です♪
(前回の記事はこちら!)

当日は、ちょっと早めに着きました。

「千江さぁ~ん!」
「千江さぁ~ん!」
c0259934_1442332.jpg

がらがらがら…

シャッターから出てきたのは、おとうさん…!!
お、おとうさん…!初めまして…!

「さっき軽トラに乗って、畑に行ったよ~!
 そこの道路を登って、そこの細い道を…」


と、丁寧にエスコートしていただきました。

「あ、見えた!」

さつまいも畑に埋もれる千江さんを発見!emoticon-0170-ninja.gif

既に、ツルをはいでいてくれました。

じゃん。
c0259934_14422161.jpg

千江先生に教わり、いざ!トライ!

「わ~いわ~い♪」というテンションで臨んだワタクシ。

ボキッ

          ペリッ

       グサッ


※暴力系ゲームではありません

ボキッ…ゆっくりゆっくり掘り起こしてタイミングを見て引っ張らなければ、折れます。

ペリッ…じゃがいもと違うのは、皮がむけやすいことです。

グサッ…「カマを使って~♪」と言ってくれたのですが、脇の方にもいることを知らず、
     殺人事件…(殺芋事件?)

折れたーっ

かえるだーっ

千江さぁーんっ


と、騒ぎながらやっていると、近所の方々も来ました。(笑)

「娘さんがど思ったら違うごどぉなぁ~あんたぁやぁ~どごの人だやぁ~」


「○○の孫ですぅ~」

「あぁ~、ほに(本当に)!!どうもどうも。」


そう、これでわかるのが、野田村でございます。(笑)

そして、芋の出来の話、肥料の話、薬の話…

帰ってすぐ、ほかのご近所さんも来たり。

千江さん、大人気でございました。

「見てみて~!ほら、ぜひ写真撮って撮って~♪」


ふりむくと…
c0259934_14424090.jpg

「すごいねぇ~。これ、ちょっと蛇にも似てない?
オブジェにしてもおもしろそうだねぇ~」


なんて、わいわいとガールズトーク(?)をしながら、あっという間に1時間半ほど経過しました。

あ、そうそう、おしゃべりの中で、
「大学いもって、どうして大学いもっていうんだろうね?」という話をしていました。

千江さん:「大学生が、好んで食べてたからじゃな~い?あはは」

はい、正解でした。

帰ってから調べたら、
“大学いもの名前の由来は、大正時代に、東京・神田の大学生たちが、好んで食べていたという歴史からきている”
と、書いてありました。(笑)
しかし、一説だけではないらしく、
“昭和の初期、帝国大学性が、学費を捻出するために、これを作って売ったことから”
という説もあるようです。

そして、ここでちょっとさつまいものお話。

このさつまいもは、「紅あづま」という品種で、
縦に長く、甘いのが特徴です。

大きい立派な芋ももちろんいいのですが、
小ぶりの芋は、「干しいも」にするのに最適なようです。

そして、結構掘ったな~と初心者の私は思いましたが、
今年は上手にならなかったようです。

そして、ご近所さんも、「今年は不作だったなぁ~」と何名か。

気候の影響でしょうか。

やっぱり野菜は難しいです。

でも、本当に楽しそうに畑仕事をしている千江さんを見ていると、

―私も、もらってばっかりいないで、自分で野菜を作ってみたいな。―

という想いが、一層強くなります。

そして何よりね、すっごく癒されました。

疲労感<癒し
(結構疲れましたが。笑)
そんな、時間でした♪

そして実は、この日はハッピーは居ず。
ということで、頑張って、三脚を立てながら撮った映像を、
あたたかく見守りながら、ご覧いただければ幸いです。(笑)

※端末によって上手く閲覧できない場合があります。その場合はこちらからご覧ください♪

この日は、おとうさんとも少しお話ができました。

ずっと出稼ぎだったそうですが、
米のシーズンは、毎年戻ってきて仕事をしていたそうです。

今は、千江さんと畑をやったり、細々とした作業をして暮らしているようです^^
c0259934_1443227.jpg

「これは、産直用っ!」
と言って、立派なネギも穫っていました♪
c0259934_14431796.jpg

サツマイモ、にんじん、ネギなどなど…

千江さんが愛情こめて作った作物は、

産直ぱあぷるに並んでいますので、ぜひぜひお立ち寄りくださいemoticon-0115-inlove.gif

それではこのへんで♪

本日もご覧いただきありがとうなのだ!
[PR]
by nodakurashi11 | 2014-10-15 16:33 | 何でも体験取材 | Comments(4)

皆さまこんにちは!

のだ村は、だいぶ朝晩冷え込むようになりました。
夏服をしまうか迷っているしもむんですemoticon-0147-emo.gif

さて、
以前、新山地区の中野千江さん宅へおじゃましましたが…

先日も行ってまいりました♪

今回も、雨が降っていましたが、
作業場でゆっくりとお話することができました!

最初にお会いしたときよりも、
本当に色々なお話が聞けて今回も楽しかったです♪

まずは…皆さん、「手無しいんげん」って聞いたことありますか?
※つる無しいんげんとも呼ばれるようです。

作業場に入ってみると、
小豆…?でも、なさそう…?

c0259934_10485610.jpg

これは、その手無しいんげんの中身の豆だそうですが…
c0259934_1049116.jpg

芽が出てしまうと、美味しくないようです。

「雨でねぇ、やられちゃったんだよ。」と、残念そうな千江さん。

それでも、使える豆もあるので、仕分けをするようです。

「芽が出ちゃったら、もうダメなんですか?」

「そうだねぇ、使い道は、ないねぇ…」

「なんか、ないかな…」

c0259934_10493061.jpg


つる無しいんげんは、支柱をたてて、ネットを張るという、少し面倒な作業がないようです!
(私も作ってみようかな…)

そして、最初からちょいちょい気になっていたのは…
c0259934_10494469.jpg

c0259934_1049586.jpg

このメロンは…

前回の記事を覚えている方はピンと来たかもしれません。
(覚えていたらスゴイ。)

千江さんが、普通にスーパーで売ってたメロン(品種は忘れた)を食べた後、
遊び心でハウスの中に種をまいてみた、っていうメロン。

「そうだよ~!なったんだけどね、まだ食べてないの~
 食べてみる?切ってみようか?」


マ、マ、マ…マジですかヽ(゜□゜)/

ありがとうございます!

そして…
何ということでしょう!(頭の中で勝手にあのBGM)
c0259934_10501288.jpg

c0259934_10502539.jpg

c0259934_10503721.jpg

贅沢な水分補給タイムを過ごしてしまいました。
(ナニモハタライテナイノニネ)

そして、千江さんからこんなお誘いが…♪

「9月の末~10月頭にね、さつまいも抜くから、その時においで~♪」


「さつまいもチップスもおいしそうだね~♪」

なんて話しながら、(結局食べるのかよっ)

今回も楽しいひと時を過ごしたのでしたemoticon-0111-blush.gifemoticon-0152-heart.gif

さつまいも堀りなんて、
いつぶりでしょう。

というくらいしばらくしたことのない作業なので、
今から楽しみです。

そうそう、
農業やっていてよかったな~、と思うときはどんな瞬間?
聞いてみました。

「自分で育てて自分で食べられる喜びがある」
それから、
「産直に出荷するため朝に行くんだけど、農家さん同士でのおしゃべりも楽しみ♪」
だそうです!

「あれ、いつ植えた~?」「調子はどう~?」なんて、ワイワイと話すそうです♪(楽しそう^^)


残念ながらメロンはないですが、
産直ぱあぷるには千江さんのかぼちゃや長ネギが並んでいます♪
それではこの辺で^^

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!
[PR]
by nodakurashi11 | 2014-09-18 08:36 | 何でも体験取材 | Comments(0)

皆さん、こんにちは!

お久しぶりですemoticon-0102-bigsmile.gif
最近は荒海団としても頑張っていますマッチーです。

3か月前に漁船に乗ってグロッキー状態な私でしたが
荒海団に入団して以来、美味しい荒海ホタテを沢山食べて鍛えたからか?漁船も酔わずに乗れるようになりました!
c0259934_13145984.png

そんな野田村の荒海ホタテですが、皆さんはスーパーやお魚屋さんで見ているホタテはこちらだと思います。
c0259934_11580948.jpg
このホタテになるまでには、漁師さんや漁協職員など沢山の手間暇がかかっています。
c0259934_11583873.jpg
c0259934_11584259.jpg
そういえば貝殻って何で大きくなるんでしょうね…?
(人間の骨も、子供から大人になるにつれて大きくなるのと同じかなぁ)

ホタテが大きくなるとともに漁師さんたちは、ホタテの貝殻もキレイにします。
これは、海の中で過ごしていると他の貝などの付着物がついてしまうからです
c0259934_11585586.jpg
c0259934_11591187.jpg
c0259934_11592410.jpg
c0259934_11590204.jpg
この作業は以前の記事で学生さんたちがやっていましたね!

荒海団の漁師はホタテにとって良好な栄養状態を維持する為に、成長を阻害する他の貝の除去作業や
ネットの中のホタテの枚数調査などをきめ細かく行います。
荒海ホタテは成貝になるまでに5回以上もこの作業をやるんですよ!
c0259934_11591709.jpg
そんな荒海ホタテの公式ホームページが出来ました!
更に詳しくホタテの1次分散の記事も上げましたので、是非ご覧ください。

私は東京から野田村に来てもうすぐ丸2年になりますが、このホタテは今まで自分が食べていたホタテとは別物です。
オススメの食べ方は炭火焼でそのまま!(醤油やバターなんてかけちゃダメです!)

それでは、最近の野田村の荒海具合とホタテをキレイに洗う様子を映像でご覧ください。
今回は字幕など手を加えておりませんので、じっくりご覧ください!

※端末によって上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧ください♪
※Youtubeの画質設定から1080pを選択すると、より高画質でご覧いただけます♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ♪

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-09-12 18:00 | 何でも体験取材 | Comments(2)

リベンジ!岩山農園!

皆さん、こんにちは!
最近は自炊が面倒でコンビニなどでご飯を買ってしまうマッチーです。emoticon-0117-talking.gif

前回、岩手県が生産第一位!な野田村の山ぶどうのご紹介をしました。emoticon-0169-dance.gif

しかし、途中から雨が降ってきてしまったのと、説明熱心な山ぶどう農家の岩山さんが作業を全てやってしまった為に
体験取材させて頂きたく伺ったのですが、まさかの棒立ちをする事態になってしまいました!

これでは仕事をしていないんじゃないか!というお叱りの声を頂きそうなのでemoticon-0114-dull.gif
今回はこのモサモサの山ぶどう農園の草刈りをして綺麗さっぱりにしたいと思います!emoticon-0148-yes.gif
c0259934_10272804.jpg

個人的に楽しみなのは乗用草刈機というこの乗り物。
前回の時に、乗車しての映像の打ち合わせもしました。
これに乗って草刈りしたら楽しいだろうなぁ。
c0259934_10280683.jpg

当日、岩山農園さんにお伺いすると前回よりも山ぶどうの実が大きくなっていました。
c0259934_10282055.jpg

乗用草刈機にただ乗るだけの体験取材では作業のお邪魔になってしまうので
まめっちも連れて草刈機(刈払機)でも草刈りをしようという事になりました。
c0259934_10284060.png
c0259934_10285643.png

果たして、今回は作業体験ができたのか?!
※詳細は動画でご覧ください!

c0259934_10295207.jpg
c0259934_10305437.jpg

この時期の野田村は「やませ」という冷たく湿った海風が吹く事により濃霧が発生し冷涼な気候となります。
その為、農作物があまり出来ずに海水・薪・鉄器という条件が揃い塩を作って米や穀物などと交換をしていた歴史があります。
(以前に「のだ塩」の体験取材をしましたのでご覧ください)
c0259934_10311067.png
岩山さんにお話を聞くと、山ぶどうはこの冷涼な気候に適していて冷夏だと糖度がグッとあがるそうです!
のだ塩もそうですが、地域の特産品というのは、その土地の条件に合ったものが作られているんですね!

それでは、その様子を動画にまとめましたのでご覧ください!


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧ください♪
※Youtubeの画質設定から1080pを選択すると、より高画質でご覧いただけます。



本日もブログをご覧いただき、ありがとうなのだ♪

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-07-04 13:30 | 何でも体験取材 | Comments(0)

皆さまこんにちは!

好きな食べ物ランキング
1位 にしめ
2位 ペスカトーレ
3位 田楽
の、しもむんですemoticon-0136-giggle.gif

もともとパスタ類が大好きだった私ですが、
Uターンしてからすっかりにしめに魅了されてしまいました。
(どうでもいいですね。)


と、いうことで(?)
今回はにしめ作りに挑戦してきました!!

お世話になるのは、
苗代作りでもお世話になった八幡ミチ子さんです♪

この時期は、春先に植えた作物を全部収穫できるわけではないので
まだ収穫ができないにんじん、ごぼうは調達してから行くことに。

そして忘れちゃいけない「手作り焼き豆腐」
野田のにしめは作る方によって色々具が違いますが、
絶対外せないのは焼き豆腐。

ちょうどミチ子さん宅へ向かう途中にあるスマイル直売所

ミッションは、まず、
「焼き豆腐」「にんじん」「ごぼう」をゲットすること!!

…。

……。

しも「生豆腐は売ってるけど、焼き豆腐は売ってないね。」
店員さん毎週水曜日にはヤスさんが田楽焼いてるけど、その時だったらなぁ~」
※毎週水曜日の様子はこちらで紹介しています♪→野田村通信ブログ
そう、この日は火曜日。

う~ん。う~ん。
最悪、この豆腐を焼けば焼き豆腐になるわけだけど。

(でも、どうにかしてゲットしたい…!)

「もしも~し!!あのねぇ…」
悩んでいると、店員さんがヤスさんに電話をかけてくれていました!!

「しもちゃんに代わるね~!!(店員さんは同級生のおかあさん)

そして電話を代わってお話していると、何と4丁なら余ってるからわけてくれるということに…!!
(ありがたい…)

早速ハッピーとヤスさん宅へ向かいました。

「これ、4丁ね、とりあえず。何人分?足りなそうだったら、あと1丁買って、グリルで焼けばいいんだよ!」

あ、なるほど。
この手段、やっぱり有りなのね。

「あ、ちょっと待って~、これミチ子さんに渡しといて~!」

と、冷凍庫から持ってきたのはとある魚。

干して、焼いて、叩いたものだそう。
(魚の名前を、忘れちゃった…。)

ということで、ハッピーはスマイル直売所へ再び、しもむんは先にミチ子さん宅へ降りました!!

「おはようございます~いや~今日だったかな~明日だったかな~ってね、ボケたかと思っちゃった~」


「おはようございます~いやミチ子さんあのね、かくかくしかじかで…
 ヤスさんの家に行って今焼き豆腐をゲットしてきて、今、もう1人はね…」


と、おしゃべりをしながら待っていると、ハッピーも到着♪

ということで、レッツ・クッキング!!!!!

と、思いきや…
リビングへ案内され、お茶とお菓子が…
(マダ、ナニモシテイナイ…)

お昼までまだだし、ちょっとお話をしようと思ってくれたらしい!!emoticon-0115-inlove.gif

そこへ、ご近所さんがやってきて、
わいわいとお話タイムが始まりました。
c0259934_13161982.jpg

そのご近所さんもまたすごい。
今は定年したけれど、県内各地で高校の教師をやってきた方で、
短歌をやったり編み物をやったり、お花を育てたり、
パンツェッタを作ってみたり…!
(ぱ…ぱんつぇ…つぇ…?)
と、素敵なお話と予想外の出会いもありました。

楽しいお話タイムを堪能したので、いよいよレッツ・クッキング!(コンドコソ!!)

「じゃぁ~にんじん切ってね~」
最初の作業はにんじんを切ること。
「味が染みやすいように、ななめにね~、乱切りみたいな感じで…」

そうそう、本日の煮しめは「ハモ入り」なのです!!
ハモは、秋あたりに釣れますが、干したものがよく新巻鮭と並んで店頭に吊るされていたりします。
(アナゴみたいな感じ!!)
※冷凍していたハモは、そのまま入れず、一度焼いてから入れた方が出汁がでるようです。

材料を切っていると…

「こんなのも、食べさせたくって~」
と、次から次へと色々でてくるでてくる…(笑)

途中で、サラダ用の野菜を畑に行ってとってきました!
c0259934_1395772.jpg

サニーレタスは、ちょっと内側の葉っぱを。
赤たまねぎは、上のネギっぽい部分が倒れていて、枯れているものを。
(どれが一番食べごろなのか、選ぶのが結構難しい!)

にしめも煮えて、
次から次へと出てきた最終的なメニューは、

〇きのこの炊き込みご飯
〇米しっとぎ(ちょっと手伝った)
〇サラダ(まぁまぁ手伝った)
〇ハモ入りにしめ(一緒に作った)
〇ヨーグルトのハックルベリーがけ

でした。

結構な量ができたため…
「お昼、誰か呼んだら~?」

と、言っていただいたので、マッチ―と、まめっちーを呼びました。
(最終的にはもう1人ついてきました…笑)

野田村生まれ野田村育ちの私でも、実はにしめを1から作ったことがありませんでした。
おばあちゃんのが一番おいしいから。←言い訳)

ハモ入りにしめはと~っても出汁が効いていて美味しいのはもちろん、
玉ねぎが甘い!ブロッコリーが甘い!
ハックルベリージャムをかけたヨーグルト、甘すぎなくてちょうどいい…!!
と、口の中で緊急会議…!
(このフレーズは、あ〇ちゃんという某ドラマ内で使われていたことは内緒)

人数がたくさんになりましたが、
八幡さんご夫婦はとても喜んでくれた様子で、こっちまで嬉しくなりましたemoticon-0111-blush.gif

こうして、皆で作って皆で食べると、
家族になった気分で、やっぱり楽しいemoticon-0102-bigsmile.gif

それでは、映像をご覧ください♪

※端末によって上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧ください♪

ちなみに、にしめは流石に売っていませんが(笑)
手塩にかけた…(間違えました、それはのだ塩ですね)
ミチ子さんが手間暇と愛情をかけて育てた数々の野菜たちが、
スマイル直売所の店頭に並んでいるので、
ぜひぜひお立ち寄りください^^

それではこの辺で♪

本日はブログをご覧いただきありがとうなのだ!


(おまけ。皆でハイチーズ!↓)
c0259934_13385784.png

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-07-02 14:14 | 何でも体験取材 | Comments(2)

皆さん、こんにちは!マッチーですemoticon-0117-talking.gif

実は岩手県が日本一の生産量を誇るものがありますemoticon-0104-surprised.gif
(その中で久慈地方は4割以上をも占めます。)

それは、なんとジャジャーン!
c0259934_10283303.jpg

山ぶどうは通常のぶどうよりも、ポリフェノール・鉄分・ビタミンCなどの栄養素が豊富に含んでいます。
その為に、久慈地方では古くから産前産後に栄養補給の為に、山ぶどうの原液を飲んでいたそうです!

今回はその山ぶどう農家の岩山さんのお宅に取材にしに行ってまいりました!emoticon-0148-yes.gif
c0259934_10295751.jpg
1.23ヘクタールほどもある大きな農園を奥さんと2人で手入れをしています。
岩山さんは最近膝が痛くなってきて、農園に行くにも軽トラックでの移動をしています。emoticon-0107-sweating.gif


この日は開花が終わり、葉を取る作業。
枝に実が2個付いていると10の葉を残します。
(葉が少なすぎても多すぎても山ぶどうの実に栄養がいかないそうです。)
c0259934_10444163.jpg

山ぶどうは9月下旬頃が収穫時期で、野田村では10月頃まで山ぶどう狩りができます!
興味のある方は是非お越しください!emoticon-0116-evilgrin.gif
また村の特産品を扱うネットぱあぷるでは、野田村産の山ぶどうを使った商品が沢山あります!
c0259934_10332269.jpg
c0259934_10341094.jpg


c0259934_10390200.jpg

今回は山ぶどう農家の岩山さんのお宅に体験取材をしに行ったのですが、途中から雨が降ってきてしまったのと、説明熱心な岩山さんが全てやってしまった為に、私たちは作業出来ませんでした…(笑)
なので、次回はこの乗用草刈機に乗って、この広い農園を綺麗にしたいと思いますemoticon-0117-talking.gif
お楽しみに!
c0259934_10360283.jpg

それでは、今回の様子を映像にまとめましたのでご覧ください!


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧ください♪
※Youtubeの画質設定から1080pを選択すると、より高画質でご覧いただけます♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-06-26 14:50 | 何でも体験取材 | Comments(0)

皆さまこんにちは。

ある出来事があり、
ソフトマッチョ女子を目指そうかなと思ったしもむんですemoticon-0165-muscle.gif

ある出来事とは…

先日。
このブログでも結構紹介させていただいている、小野寺さかえさん宅へおじゃましてきました♪
(椎茸の作業を教えていただいたり、民泊を受入れていただいたり…!)

椎茸も、野菜も、お米も、な~んでもできるスーパーおかあさんなので
年中大忙し!
そんなさかえさんの最近の作業は、キュウリやなすの苗を植えている、とのことだったので、
ハッピーとともに、「お手伝いになるかなぁ…」という不安のもと、行ってまいりました♪

毎度ながら、私たちが到着するともう外で待っていてくれるさかえさんemoticon-0115-inlove.gif
(いつもありがとう)

「さぁ!やりますよ~!まずは、支柱を立ててもらうからね。」

と、ハウスへ向かいます。

※本日は、諸事情により写真・ビデオ撮影ができなかったため、イラストと文章で紹介します。
(絵心はありませんが、真心こめてお伝えします)

ハウスへ到着すると…一面にナスの苗が…!!

苗の部分は、マルチ(黒いビニールシート)に穴があいているのですが、
根っこに傷をつけないように、鉄パイプのようなものを差す作業を任命されました。
ただ手で差しただけでは入っていかないので、木製のハンマー(お手製)で、叩いていきます。
c0259934_14473048.jpg

「ん~しょ、ん~しょ。」
と、日本男児のハッピーでも、結構力を入れなければ中々入っていきません。

ということは…
か弱いしもむんでは、到底同じ量の作業はできず…

さかえさんの指示で、
私は山側の少しやわらかめになっている場所専門で、支柱立てをすることになりました。

それでも、どうしても長いパイプだったり、土が固めだったりした時は、ハッピーに頼みます。

「アニキ!おねげぇしますっ!」

「あいよ~っ!!」

※実際にこのような会話だったかは定かではありません。

普段は、おとうさんと二人で作業をすることもあるようですが、
大抵は一人で脚立等を使って作業をするようです。

途中で雨が降ってきたので、
屋根がある場所へ避難…という名のいっぷく。

美味しいジュースと、おだんごをいただきながら、色々とお話をしました。
(何の話をしたっけ、たくさん話しすぎて覚えてない。笑)

「小菊」にも支柱立てをするということで、
これはハッピー一人が脚立に乗って作業をしました。

しもむん「さかえさん、私何すればいい~?」
さかえさん「とりあえず、そこさねまって(座って)監督!!」

…え?(笑)

そうこうしているうちに、
おとうさんが、キュウリの支柱やネット作業をしている方へ行ってみると…

「キュウリの支柱とかネットは難しいけど、穴あけやってみっかぁ~!」


「はぁ~い!(やったー、仕事ができた!)」


ということで、ハッピーは小菊の支柱立て、
しもむんはキュウリのマルチ穴あけという作業をしました。

ハッピーの作業が終わると今度は、
「薬やって、キュウリの苗植えちゃうかぁ!!」ということで、
皆でキュウリの畑へ。

穴あけは、こんな用具を使いました。↓
c0259934_14475581.jpg

店頭で見かけたことはあるけれど、実際使っているのは初めて見た!!

おとうさんに教えてもらったとおりにやろうとすると…

グサッ

あれ。
中々まっすぐ上手にささらない…。

どうにかこうにか、何度かやっているうちにできるようにはなりましたが、
おとうさんみたいに手際よくできたら作業効率が上がるんだろうなぁ~と思いました。
(穴あけに限りませんがね。)

そんなこんなで、2時間ほど作業をし、この日は終了!!

支柱立てと穴あけをやらせてもらいましたが、
「苗を植えるまで」また「苗を植えたあと」こんなにも作業があることを知りませんでした。

種をまいて薬をまいて…
と、そんな単純なものではないんですね。

さかえさんのお話の中で…

「うちの孫がね、“芋とってくる!”って、畑に行って自分でとってくるよ。
 にんじんもナスもピーマンも、野菜何でも食べるんだよ~」

というものがありました。

現代は、畑作をする人も減り、
また、畑作をしていても若い人は興味がなかったりする中、
とても素晴らしいお孫さんだなぁ、と、感心しましたemoticon-0102-bigsmile.gif

本日は、写真もビデオもありませんでしたが、
文章能力のない私の文章から、色々とイメージをしてもらえたらな、と思います。
(たまにはこれもいいかもな。)

というわけで、
「さかえさんに支柱立てを任せてもらえるようになりたいなぁ」→ソフトマッチョガールになりたい
でした。

ちなみに、さかえさんが手間暇と愛情をかけて育てたナスやきゅうりなど、
時期になったら産直ぱあぷるに並んでいますよ~♪
(大体、7月中旬くらいからかな。)
今も収穫ができたら、少しずつ店頭においてあるようなので、
見つけたらレア…?

それではこの辺で…♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!


おまけ。(レアショット)
c0259934_14483121.png

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-06-25 17:52 | 何でも体験取材 | Comments(0)