こんにちは!


クリスマスも終わり、今度は年末年始に向かってバタバタしはじめていますね。


この時期は、何があるわけではなくても、


なぜかソワソワしちゃいます005.gif



そして、ブログを開設してから


1ヶ月と少々経ちましたが、


こんなに楽しく運営できているのは、

応援してくれている皆様方のおかげです。


ヤジバダ豆腐店のおばあちゃんが、


「田楽を待っている人がいるから、作り続けられるし、何よりも嬉しい」

と言っていましたが、


まさに、”田楽”のところを”ブログ”に置き換えた感じの心境です♪



2012年も終盤を迎えますが、


Jターン女子やまみん
Uターン女子しもむん

各々想うこと、そして皆様に伝えたいことを、動画にてお届けします♪

見ていただけたら嬉しいです012.gif



「2人の想い、皆様へ届けっ!!」





※端末によっては上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧下さい♪

本当に本当にいつも応援ありがとうございます!!

それではまた来年も、元気でお会いしましょう♪

よいお年をなのだ♪
[PR]
by nodakurashi11 | 2012-12-28 17:30 | Comments(6)

こんにちは♪



さて、今年もラストスパートを迎えようとしているわけですが、

昔から、この時期は新年に向けて”しめ縄作り”が行われます。

(と、言っても、全世帯というわけではありません。)


今回は新山地区の”大沢さん”というしめ縄作りのベテランおじいちゃんに教えてもらいました♪


到着するやいなや‥


立派な松がお出迎えしてくれました!


c0259934_13103590.jpg




しも・やま
「ごめんくださ~い」

「はぁ~い」


と、中から返事が聞こえてくるものの、人が出てくる気配がありません。


「あれ?」

しばらくして、おばあちゃんが顔を出しました。

おばあちゃん「上がって上がって~」


てっきり何か作業をして手が離せなかったのかと思いきや‥


おばあちゃん「いっつも裏の方から皆入ってくっせーで(くるから)ついつい顔を出さないで……いやいやおめえさんだぢは(お前さんたちは)初めてだものーなぁ」
なるほど!!


もう、近所の人だったり、お客さんたちはもうすっかり仲良しなので、「こんにちは~」と同時に家の中に入ってくるそう。

壁を作らない、おばあちゃんの人柄が垣間見えました♪



そして、先生をしてくださるおじいちゃんはというと、私たちのために、ワラや松など、材料の調達を朝早くから行ってくれたということでした。



しも「準備にせっちょう(手間)させてすみません」


おじいちゃん
「いやいや、若い人たちが来てくれるっていうのは嬉しいごどだがらねぇ。」


「そうそう」と、ニッコリ笑うおばあちゃん♪


よし!今日は何が何でもマスターして帰ろう!と、意気込むしもむんとやまみん。(その横で静観する隊長のんちゃん。)



ブルーシートを広げて、作業開始です!



c0259934_1311983.jpg


まず、ワラを7本、5本、3本と、分けます。




お気づきの方もいるかとは思いますが、「7・5・3」は縁起の良い数字だからなのだそう。


次に、7本と5本の方を持ち、足に挟み(基本的にはあぐらをかく体勢です)

したから30cmあたりのところから縄をないます。


2、3回縄をなったら、3本のワラを5本の方へ足し、再びないます。


再び同じようになっていきます。





ちなみに、しめ縄には「左縄」「右縄」の2種類がありますが、お正月飾りには、「左縄」が一般的だそうです。


「左縄」は、下から上にきれいに流れるように見えるので、縁起がいいとされています。


最後までなったら、上の細い部分を、なったワラの中に挟みます。


3本を足した下のほうのワラもそのままでは格好が悪いので、1本とり、くるっと一巻きして挟みます。




最後に、作ったしめ縄に、

●紙 ●松 ●ツタ ●炭 ●昆布

を、挟んでいくのですが、きちんと意味があるそうです。



横書き表記だとわかりづらいと思うので…



こんな感じで…


c0259934_1312924.jpg





作ったしめ縄は、小正月(1月15日)くらいまで飾ります。


画像ではわかりにくいので、今回も少しだけ映像にしてみました!










しもむん・やまみん、いつも食べ物ばかりなわけじゃありません!と、言いたいところなのですが…



今回も実は、帰り際にたくさんのお野菜をいただいてしまいました。



ほうれん草、白菜、大根、じゃがいも、にんじん…



じゃがいもなんて、こんなに立派なんです!(すべておじいちゃん、おばあちゃんの手作りです)


c0259934_1315879.jpg




しめ縄作りを教えてもらった挙句、お野菜までいただいてしまってすごく恐縮な気持ちだったのですが…


「また来てね003.gifと、笑顔で言ってくれたおじいちゃん、おばあちゃん。



私たちも


『また来ます♪』



と言って出てきました。



現代では、ホームセンター、スーパー、今の時期、至るところにしめ縄が売っています。



私も、今回作らせてもらわなければ買っていたかもしれません。


それは、売っている物が良いからではなくて、材料も、作り方も知らないから



田舎に暮らしていても、おじいちゃんおばあちゃんと別世帯であったりすると、


昔ながらの風習というのは薄れてしまいます。


いくら時代が流れても、昔からの伝統、歴史は、若い世代も受け継いでいきたいですね。



私も、周りに教えられるくらいマスターしたい!と思っています。
(おじいちゃんのように上手にそしてスピーディーになえるまでになるにはまだまだです)




野田村も寒さが増す毎日ですが、



おじいちゃん、おばあちゃんの優しさにほっこりとした一日でした。



それでは今日はこのへんで♪


いつも長いブログを読んでいただき本当にありがとうございます。



これからも、応援よろしくお願いします!


よろしくなのだ♪

[PR]
by nodakurashi11 | 2012-12-27 13:49 | Comments(0)

ブログを開設してから1ヶ月ほど経ちましたが、

たくさんの方々の応援で、良いスタートを切ることができました。

そして、これからも、積極的に村の魅力を発信していきたい、


という強い気持ちが持てました♪



さてさて本日は子供たちも楽しみにしている”クリスマス♪”ということで、


皆様へ感謝の気持ちを込めて…


村内外のたくさんの方たちへ”笑顔”をお届けしたいと思います!!


名づけて@~愉快な野田村民~』♪

寒い日も続き、忙しいこの時期ですが、


"笑顔"
を忘れない素敵な沢山の野田村民の皆様にお会いしてきました♪



それでは、@~愉快な野田村民~』♪


お楽しみ下さい!!


まずは、前編…




※端末によっては上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちら
からご覧下さい♪


つづいて、後編…





※端末によっては上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧下さい♪

都会のイルミネーションには負けますが、


”笑顔”だったら負けません♪


そして…


実は…

最後に映っていた”野田分署”の方々が、


皆様へ
『笑顔、希望、そして勇気を届けたい』

ということで、


”クリスマススペシャル救出劇”をプレゼントしてくださいました♪


笑顔の『Merry X’mas!!♪』に至るまで、一体何があったのか…??!


と、いうことで、映像でお楽しみ下さい♪








※端末によっては上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧下さい♪


とてもたくましく格好良い消防士さんたちでした♪






日に日に寒くなってまいりましたが、


皆様元気に過ごせますように♪



そして、”笑顔”で暮らせますように♪




以上!

「のだ村に暮らすのだ!~クリスマススペシャル~」でした!




Merry X’masなのだ♪
[PR]
by nodakurashi11 | 2012-12-25 16:09 | Comments(6)

先日、テレビ朝日系の番組「ナニコレ珍百景2時間スペシャル」にて、
野田村の「苫屋」さんが、珍百景として紹介されていました。
皆様、ご覧になりましたでしょうか?

c0259934_15535936.jpg


苫屋さんは野田でも人里離れた地区にある、
築150年の古民家を改装したお宿です。

何が珍しくて取り上げられたかというと・・・

「電話がないため、予約は手紙かはがきでする。
当日道に迷っても宿に電話はできないので、
村の人に聞くなどして自力でたどり着かないといけない。」


※詳しくは「ナニコレ珍百景」HP(珍百景NO.1468)・・・こちら
 苫屋について詳しくは・・・こちら


私も思い起こせば野田村に来る前、
村のパンフレットで苫屋の紹介文をみて
「え~!」と驚き、笑いさえ出てきたものです。
いまどきこういうところがあるんだ!と。

野田村に移住した今、苫屋さんに何か用事があるときは
基本的に直接訪問をしています。
手紙やはがきより、車を15~20分ほど走らせて
直接お会いして会話するのが、一番早いので。

慣れると、電話がないことはそこまで突飛なことでもなく、
普通のことになってくるんですね。

それに限らず、
東京から野田村にきて、いろんなものが「ない」ですが、
無いなら無いなりの生活ができるし、慣れるんだなと感じました。

そして、それを「とても豊かなこと」と、感じます。

「ない」のに、「豊か」って、どういうことかというと。

たとえば。
この村には大きなスーパーはありません。
村の中心部に小さなスーパーや商店はあるものの
営業時間に限りもありますし、
都心や街のように少し歩けばコンビニや飲食店が
溢れているような所ではありません。

食材が乏しいとき、
以前であれば時間によらず少し外へ出て買い足しに行ったり、
いっそ外食で済ませたりすることが、容易にできました。

しかし、そういう環境にない所で暮らしていると、
あるもので作ろうという意識が働くんですね。

ご近所からいただいたかぼちゃがある。
これさえあれば、煮物、コロッケ、サラダ、天ぷら…いろんなものが作れる。
かぼちゃしかない、何にもない…と思うのではなく
こんなに大きい立派なかぼちゃがある。
かぼちゃがあれば十分だ、と思える。

しかもそのかぼちゃは、近所のおばあちゃんが
野田村の美味しい空気と土と水で、丹精込めて育てたかぼちゃ。
たくさんの手がかかっていて、愛情がこもっていて、
いろんなメニューに生まれ変われる、食卓を彩ってくれる、かぼちゃ。

ただのかぼちゃだけど、ただの食材として見るのではなく
そのいろんな側面や、有難さなどに気づいたとき
「ああ、豊かだな」と感じるのです。

------------------

かぼちゃの例が果たして適切か、わかりませんが・・・(苦笑)、
きっと、苫屋さんについてもそうなのだと思います。

電話がなくても、ないなりに対応をすればいい。
予約は手紙かはがき。
そもそもここは急遽出張が決まったビジネスマンが
当日予約をするような立地にあるわけではないし、
羽を伸ばしに来る人がほとんどと思う。
しばし現実から離れ、のんびり静かに過ごせる場所。
電話がなくとも、さほど問題ない。

そして電話がないぶん、宿泊客の方々は
電話やメール・インターネット予約などの数分で済む形ではなく、
少し時間をかけて予約をすることになる。

はがきや便箋、封筒を用意する。
ペンをとる。
予約内容を書く。
季節の挨拶や余談を書き添えたりもする。
宛名を書く。
切手を貼る。
投函する。

一連の作業を経て、苫屋に届いた予約の便り。
それに答えるべく、丁寧に一通一通、返信をするオーナーご夫妻。

予約受付の返信が手元に届いたとき、
お客様にとってそれはただの予約ではなく、
それはそれは大切な「予約」になると思います。
訪れるのがきっと楽しみになることでしょう。

それはきっと、電話がない宿が生み出す豊かさの、ひとつ。

用事を伝えるために、会いに行くことも、そう。

伝えたいことを事前に整理する。
車を走らせる。
道中の山の景色が美しいと感じる。
顔を合わせる。
今日もお互い元気だと知る。
会話しながら囲炉裏の温もりを肌で感じる。
たまたま別の村の人が来ていたり、思いがけない出会いがあったりする。

電話がないからこそ
会いにいって
いろんなことを感じ、いろんなものに満たされる。

c0259934_16103713.jpg


電話やメール文化に慣れてしまっていたJターン者の私も
日々の暮らしのなかで実感し始めている、ないことの「豊かさ」。

もっと多くの人々に実感してもらえたらと、思います。
苫屋に、野田村に、来ることで。

(やまみん)
[PR]
by nodakurashi11 | 2012-12-21 16:50 | Comments(2)

こんにちは060.gif


「のだ村に暮らすのだ!」というタイトルでブログをやらせていただいていますが、


今回、

「のだ村に暮らしはじめたのだ!」

と、いうことでご家族で野田村に移住された方をご紹介します(^^)


三ヶ森善智さんと、そのご家族です。


三ヶ森さんは、野田村へ派遣職員として来て、現在野田村役場の『復興むらづくり推進課』に所属しており、


都市公園区画整理事業の担当をしています。





「やはり被災地だから、殺伐としていて、ギスギスした雰囲気なのかと思いきや、皆暖かく、逆に親切にしてくれてとても嬉しかった」


そう語る三ヶ森さん。

もともと単身で野田村に住んでいましたが、


野田村で子供たちと暮らしたい、そう思い、今年の10月から野田村で暮らし始めました。



『福祉制度がしっかりしているから、すごく助かる。中学生まで医療費が無料というのは、すごくいいですよね。』



仕事がきっかけで野田村に訪れたが、純粋に、野田村を好きになり、家族で暮らしたいと思ってくれたそう。


そして、引っ越してすぐに行われた学習発表会を見に行き、

とても素朴でそして明るくて、雰囲気のいい小学校だなという印象を持たれたそうです。


すごく嬉しいことですね♪

c0259934_17151799.jpg


そしてそして、せっかくなので、


奥様と子供たちにも会ってきました!!





私たちがお邪魔すると聞き、おもてなしをしたいと、一生懸命子供たちが準備してくれたようです♪



c0259934_17163845.jpg




「海の方を見ると、空がぱぁ~っと見えて、開放感がすごく気持ちいい♪あと、イカが干してあるし、魚が安いし!♪」


と、生き生きと語ってくれた奥様♪




子供たちは、早速私たちをしもむん・やまむんと呼んでくれました♪


学校へは元気に登校しているそうです♪


鮭が普通に泳いでいる光景も珍しくて、発見の毎日だそうです。


そして、そんな三ヶ森さんファミリーと、先日ダラスコ工房に行ってまいりました!!


「山は沢山行ったことあるけど、こういう所で作ったことはないよ~楽しい♪」


と、夢中になった子供たちでした。



と、いうことでお決まりになってきましたが…


おまけムービーをご覧下さい♪





端末によっては上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちら

をご覧下さい♪



ということで、以上!!


「のだ村に暮らしはじめたのだ!」でした♪





いつも見てくれている皆様、ありがとうなのだ!


(しもむん)
[PR]
by nodakurashi11 | 2012-12-18 17:19 | Comments(2)

野田村の海産物といえば、まず思い浮かぶのは、ホタテ。
先日の野田ホタテまつりでも、震災から復活した美味しいホタテをみんなで楽しみました^^

でも、野田は海の村。ホタテだけではありません!

ということで・・・今回は、
「ワカメの種巻き」に同行させていただきました!


今回お世話になったのは、野田漁協の小谷地 勝(こやち まさる)さんです001.gif
c0259934_1412362.jpg

※どや顔の小谷地さん。サインは阿藤快さんのものだそうです。笑

漁船に乗るのは初めての私たち。
晴天の下、いざ出航~!
c0259934_13533897.jpg


ワカメの種巻きとは、海の中で育てたワカメの新芽(赤ちゃん)を
ロープに巻き付けて海に放す作業です。

これが、赤ちゃんたち056.gif
c0259934_14121794.jpg

c0259934_1416865.jpg


大きく見えるもの以外にも、細か~いワカメの種がたくさんついています^^
この「のれん」を一本ずつにバラして、太いロープに巻き付けていきます。
c0259934_1431873.jpg


うぷ・・・
ここは海の上、船は当然ゆらゆら。(というか、ぐらぐら)
捕まっていないと転びそうになるのはもちろん、
下を向くとたちまち気持ち悪くなってくるんですね008.gif

なるべく上を向いて、遠くの山に目をやりながらひたすら会話して船酔い防止に努めました。
気を抜くと、あっという間に酔っちゃいます。

そんな私たちとは裏腹に、のれんの切り離し作業を手早く進める小谷地さんたち。
「俺たちは慣れてっから~」
・・・すごい><
c0259934_14255266.jpg


さて、いよいよ巻き付けです!
2-3人がかりでスピーディに、種が巻き付けられていきます。
c0259934_14483482.jpg

c0259934_14484454.jpg

c0259934_14585663.jpg


野田漁港では、1年に150mロープ×45本のワカメを生産しているそうです。
7月に補苗、毎年11-12月に種をまき、翌年3月に収穫。
種の巻き込み作業は4隻でやっても4日がかりの作業とのこと。

海の作業は、天候や海の状態によっていつでもできるわけではありません。
作業ができる日は、限られた時間を有効に使わないといけません。
この日もワカメ以外にも作業があるとのことで、迅速に行われました。

今回種巻きしたワカメたち、来年2-3月には3-4mの長さに成長しているそう!
あの小さな種が、4か月ほどでそんなに成長するんですね。

ただ、きちんと成長するかどうかは気候や海水温にかかっています。
水温が低すぎたりすれば、うまく育たないとのことで。

普段何気なく食べているワカメ、
漁師さんたちの決して楽ではない作業と、海水温などの条件のもと、
成り立っているんだな…

3月に元気なワカメが収穫されますように。
c0259934_14535575.jpg


震災時、220隻あった船は
わずかに3隻を残し、全て流されてしまいました。

以前は10隻あった漁船も、今は基本たった2隻での作業ですが、
小谷地さんは復活目指して、前を向いて頑張られています。

「復活はまだ先、まだまだ準備中。」

真剣な眼差しで、そう語る小谷地さん。

復活に向けて、ひとつひとつ。
今回巻いたワカメも、そういう思いで海に放たれたはずです。

そんな大切な、ワカメたち。
3月の収穫が、そして、食べられる日が、待ち遠しいです。
皆様も、どうか楽しみにお待ちいただけたらと思います^^

小谷地さん、皆様、ありがとうございました!003.gif

(やまみん)


◆おまけ◆

野田村の海の様子をおすそわけ!(動画作成:しもむん)

※端末によっては上手く閲覧できない場合がありますので、その際はこちらからご覧ください


[PR]
by nodakurashi11 | 2012-12-17 17:00 | 何でも体験取材 | Comments(2)

昨日の記事に引き続き、今日はダラスコ工房の動画撮影会に潜り込んだ様子をお届けします!


c0259934_11574717.jpg


木々の間を走り、ワクワクしながら向かいました。


到着するやいなや、楽しそうな笑い声が聞こえます。



しも・やま「こんにちは~!!」




「あ~!!おはよ~!ちょうどよかった♪手伝ってくれる?」




と、明るい笑顔で声をかけてくれたのは、


野田村の日形井地区にある、隠れ家的な民宿『苫屋』さんの奥さん


苫屋さんについては、野田村通信ブログで過去の記事になっていたので、こちらもご覧ください♪


すっかりクリスマスモードのダラスコ工房♪

c0259934_11581481.jpg


今日は奥様方もいらっしゃっていました♪


談笑しながらも、それぞれの役割があるようです。


私たちも役割を与えられました!!

やまみんクリスマスツリーの飾り付けとカリンバ(外国の楽器)
しもむんアコーディオンとピアニカが混ざったような楽器、音取り

ん??楽器


これから何が始まるのだ~!!

のん「のだ~!!」


実は、クリスマスが近いということで、皆で聖者の行進の歌を英語バージョンで歌い、お父さん達が行進をするといったプロモーションムービーを、ボランティアの大学生が撮影してくれるということなのだそうです。


c0259934_122450.jpg


楽しいことが大好き!な、私たち3人(?)は、全力で参加することにしました。


c0259934_12565499.jpg




動画の専門知識があるということで、どんな動画ができあがるのか楽しみです。


出来上がった動画は、もしもGETできたら皆さんにお見せします♪


今日は、ちょっとクリスマス仕様のダラスコ工房と、動画撮影会の練習風景など、簡単な映像にしたので、お時間がある方はどうぞご覧になってみて下さい♪(クリスマスBGM付き♪)







おちゃめな一面を今回ご紹介しましたが、


作業をするときのお父さんたちの眼差しは真剣そのものです。



被災に遭ったにも関わらず、元気に、前向きに頑張っている姿を見て、


私ももっと頑張ろうと思えました♪


それでは、今日はこのへんで♪


最後までご覧いただきありがとうなのだ♪                                                                        


(しもむん)
[PR]
by nodakurashi11 | 2012-12-13 13:30 | 何でも体験取材 | Comments(4)

ダラスコダラスコオッホ~♪071.gif



こんにちは。しもむんです。

出だしからすごくハイテンションのようになってしまいました!


皆様”ダラスコ”って知っていますか?




”ダラスコ”とは、野田村の方言で《ふくろう》のことです。


ちなみに、「オッホ~」というのは、鳴き声のことです。

野田村に、『だらすこ工房』という、野田中学校の仮設住宅のお父さんたちが集まる場所としてできた工房があります。


現在、5人の愉快なお父さんたちが、震災で流れた防潮林や、その他様々な木を使い色々な作品を作ったりしています。




ダラスコ工房については、野田村通信ブログのこちらの記事もご覧下さい♪


だらすこ工房(野田村観光協会 野田村通信ブログ)



そんなダラスコ工房のお父さんたちに、

隊長、しもむん・やまみんそして助っ人”ごりりん”(とても頼もしい男子です!)で会いに行ってきました♪


この日は、お父さん達は他の作業もあるということで、


畑村さんに対応していただきました♪


いきなり行ったのにも関わらず、親切に、そして”愉快に”対応してくれました!



c0259934_1155361.jpg




「何か作ってみるかぁ?」


のん・やま・しも・ごり「はい!喜んで!」


ということで、まず、畑村さんが、土台となる良さそうな板を探してくれ、


きれいに表面を削ってくれました。



大体の工程を、映像にしてお届けします!






※端末によっては上手く表示されない場合がございますので、その場合はこちらをクリックしてください♪





ごりりん、助っ人をありがとう♪



そしてそして‥実は!!


このダラスコ工房で、”動画撮影会”が開催されるという噂を聞きまして、



そちらの方も行って参りました♪




が‥


またまた申し訳ないですが、



次回!!


「しもむん・やまみん”ダラスコ動画撮影会”に潜りこむのだ!」

本日も、つたないブログを最後まで読んでいただきありがとうなのだ!!
[PR]
by nodakurashi11 | 2012-12-10 16:49 | 何でも体験取材 | Comments(2)

食べられる木の実、皆さんは何を思い浮かべますか?
クリ、クルミ、松の実、ピスタチオ、アーモンド・・・などなど、いろいろありますよね。

でも、私は野田村にくるまで知らなかったのです。


えっ、「ドングリ」も、食べられるの!?


-------------

野田村には、「しだみだんご」と呼ばれる
ドングリで作った餡子が包まれたおだんごがあるのです。
「しだみ」とは「ドングリ」のこと。

産直で初めて見たとき、これは何ぞや?と思ってしまいました。
私が生まれ育った田舎では、小豆から作るごく普通の餡子しか見たことがなく。。。

そこで今回、しだみだんごを作って産直ぱあぷるに出荷している
小谷地(こやち)さんを訪ねてお話を伺い、一緒に作らせていただいちゃいました!

c0259934_1347896.jpg


小谷地さん、あったか~い甘酒で迎えてくださいました^^
いただきながら、ストーブを囲んでお話。

c0259934_13522769.jpg



やま・しも「わ~立派なドングリ!」

早速見せてもらった乾燥済みのドングリは、ぴかぴかで立派な大きさ!こちらは「ミズナラ」だそうです。
他に「コナラ」なども用いるそう。

このドングリ、どこかから配達で仕入れるのかと思いきや・・・
毎年秋に1年分、県内の産地に採りにいくとのことで!
拾うところからご自身で始めるんですね!

これを乾かして、ひとつひとつ皮を剥いて。
すべて、手作業です。

c0259934_1355765.jpg


やま『ところで、何故ドングリを食べるんですか?』

「このあたりはね、やませが強くて寒くて、食べ物がなかったの。魚はとれたんだけどねぇ。」

内陸と違って冷涼な気候のこの地では、どんぐりや雑穀を多く食したとのこと。

時代が変わり、コメをはじめ食物が容易に手に入るようになった今も、
小谷地さんは昔ながらのしだみだんごを作り続けているそうです。

c0259934_13594239.jpg


やま『どうやって、ドングリを食べるんですか?』

「2日がかりで、水を何度も変えて煮るの。時間かかるんだよ~」

ドングリは渋みが強く、渋抜きが必要とのことなのですが、それは時間のかかる作業。
水を何度も取り替えて、灰汁水も使って煮沸すること、なんと丸二日。
大きな釜で、一度に半月分ほど作るとのことですが…根気の要る作業ですよね!

そうやってじっくり煮たドングリに、黒糖と白糖・塩を加えて、しだみ餡を作ります。
分量は、小谷地さんの長年の勘!

今回は完成したものをご用意いただきましたが・・この餡子が楽にできたものじゃないんだ、と思うと
なんだかじんわりくるものがあります。
ドングリを収穫するところからの工程を考えると、とても手がかかっています。

この餡子を無駄にしないように大事に作ろう、と思った瞬間でした。

c0259934_1431321.jpg


では、いよいよおだんご作り!

まずは予めご用意いただいた餡子を、一つひとつ丸めます。

今回は、しだみ餡と、小豆の粒あんの二種類。

c0259934_1494857.jpg
c0259934_14103466.jpg


しだみ餡は、しっとりなめらかな手触りの良さ!
楽しみながら丸めました。

c0259934_8522266.jpg


次に、生地づくり。

粉に熱湯を入れ、粉と馴染ませ、まとめたら・・・
c0259934_911960.jpg

c0259934_943051.jpg


こねます!
c0259934_97818.jpg


このようにまとまったら
c0259934_994359.jpg


生地をちぎって丸め、それを平たく窪ませたものに餡子をいれて
手の甲でギュッとおさえて
c0259934_914558.jpg

c0259934_91695.jpg


包みます。
c0259934_917439.jpg


最後に両手のひらでくるくる形を整えて、完成です♪
c0259934_9193437.jpg


・・・と、まだ終わりじゃなかった!

これを、茹でます!
c0259934_922309.jpg


鍋底にくっつかないように混ぜながら、じっくり待つ。

浮き上がってきたら、出来上がりの合図です。

(しもむんの特別サイズは、重さのせいか、なかなか浮き上がってきませんでしたが。。笑)

c0259934_9245685.jpg


これで、完成です!おいしそ~♪
c0259934_9272598.jpg


ところで、おだんごと一緒に何か茹でられているな・・・
c0259934_9392882.png


これは、いつの間にか作ってくれていた、もう1種類の生地でした。
私たちがおだんごの成型に夢中になっている間に
うるち粉ともち粉を配合して捏ねてくれていたんですね。

成型後に茹でて仕上げる小麦生地のおだんごと違って、
こちらは生地を先に茹でてから、成型して完成させます。

そうそう、ドングリの話でも触れましたが、
このあたりのおだんごは、小麦生地が主流のようです。
内陸生まれの私はお餅生地のほうが馴染みあるのですが、
気候の違いで、文化も違うんですね。
同じ県内なのに・・・岩手は広い。。


ということで、こちらも成型!
耳たぶのように柔らかかった小麦の生地よりも、
こちらはしっかりした弾力と手触りです。

やま・しも「こっちのほうが難しい~!底(とじ口)、見せられない…汗」

そんなこんなで、こちらも完成♪
c0259934_9475051.jpg


「さ、あったかいとこ食べてみて~」

ありがたくお言葉に甘えて、出来立てを早速、ぱくり!

ほかほかで、生地がやわらかしっとり、美味しすぎる~~~053.gif
お餅生地のほうは弾力があってモチモチ~!!
ほっぺたが落ちそう!!

しもむんもやまみんも、どんどん手が伸びてしまいました。
c0259934_9505456.jpg


ストーブのやかんから立ち込める蒸気と、おだんごからのぼる、湯気。
入れてもらった温かいお茶をすすりながら、ほっこりあたたかい、ひとときでした。

c0259934_956185.jpg


小谷地さんのおだんご作りは、何十年も前からだそうです。

もともとは村をきれいにする目的で作られた「港生活改善グループ」として、
花壇整備などの資金の一部に充てるため、おだんごなどを作って販売していたとのこと。
それが今につながっているそうです。

今は昔よりも人数は減ったそう。
浜仕事や家のことなど様々なことから全員が活動できるわけではなく
普段は小谷地さんが主に作っているそうです。

何かない限り毎朝欠かさず、産直ぱあぷるに出荷しています。

「丸一日やるわけでねぇし、午後には作業ないから~」といいますが
毎日きちんと続けること、きっと楽なものではないはず。

「しだみだんご、後の世代にも伝えていけたら」とおっしゃっていた小谷地さん。

昔からの食文化であり、何十年も寄り添ってきた、しだみだんご。

これからもぜひ作り続けて、いろんな世代の多くの人に届いてほしい、と思います。


しだみだんごのこと、教えてくれてありがとうございました016.gif
久しぶりのおだんご作り、楽しかったです♪

今後ぱあぷるで買ったときは、いつもよりたくさん感謝して、食べたいと思います。

(やまみん)

c0259934_1017474.jpg


(おまけ。↓)
c0259934_1011637.jpg
[PR]
by nodakurashi11 | 2012-12-10 11:11 | 何でも体験取材 | Comments(8)

こんにちは!

本日の野田村は雨が降っていますが、雲で覆われている野田村も中々哀愁が漂っていていい感じですよ~♪


最近、「のんちゃん」が夢にたくさん出てくるしもむんです。


さて!


豆腐作り~後編~ということで、いよいよ美味しい田楽、出来上がりますよ~♪



つづき…


ぷるぷるのお豆腐を串に刺し、

いよいよ焼いていきます!

真っ白のお豆腐に美味しそうな焦げ目がついていきます♪
c0259934_1517235.jpg


きちんと整列して、何だか愛着さえ湧いてきそうですね♪

焼き台は、クルクルと回る回転式になっていますが、

今日は二人いるので、私とやまみんは向き合う形で焼き作業をしました。

しも「あ、そっち!その2番目の、焼けてる!違う違う、その隣!」

やま「え、こっち?あ、こっちねわかった!あ!そっちの方も…!」



なんて言い合いながら作業をしているのを見て笑っているおばあちゃん。


毎度の作業となると大変なんだろうなとは思いつつ、焼けていくお豆腐たちにウキウキの私たち。


たまにはもくもくと作業をしてみたいですね…


もくもくしているのは炭火だけ








さぁ!焼けたお豆腐を網の上で少し冷ましてから、ヤジバダ特製のにんにく味噌を塗ります。(網で少し冷ましたほうが、味噌がつきやすいのだそう)


トントン、と手際よく味噌を調整して、


いよいよ味噌田楽を焼き始めます!!


ん~この時点でお腹がぐぅぐぅなるしもむんとやまみん。


食べたい気持ちが早まります。


しも「そっち!そっちです!」

やま「そっちもだよ~!その隣!!」



まるで4倍速のテープのよう…


c0259934_15283779.jpg



この、手作りの串もすごくいい味を出していますよね。



ある程度、焼けた頃。



おばあちゃん「さぁ~お昼にしましょう!」


しも・やま「キターーーーーーー(((o(*゚▽゚*)o)))


人間ってやっぱり「食」ですね。(笑)


おばあちゃんの娘さんが、お昼ご飯の支度をしていてくれました!!

ありがとうございますm(__)m


娘さん「たまたまあったからこれもどうぞ~」

と、出してくれたのは


松茸ご飯♪♪


c0259934_1539525.jpg


地元のものをふんだんに使った、贅沢なお昼ご飯でした♪♪


c0259934_15394490.jpg


ちなみに、私もやまみんも、


ご飯やおかず、そして田楽を2本も食べました!

(あんなにおやつを食べたのに…)



本当に、にんにく味噌の香りって、食欲をそそりますね♪


ちなみに、お酒のあてにも最高ですね♪♪


何だか食べてばかりの私たちでしたが、「自分たちで作ったものを自分たちで食べる」

すごく幸せなことだなぁ、と思いました。


おばあちゃんの言葉で、印象に残っているものがあります。


「腰が痛かったり膝が痛かったりこえ~(疲れる)時もあるけど、
”ヤジバダ”の豆腐を欲しいって待ってくれてる人がいるから、こうして作りつづけられるし、何よりも嬉しい



「誰が買うかわからない」ものを作るのではなく、

買ってくれる人の顔を思い浮かべながら―作っているんですね。


この言葉を聞いたとき、思わずじんわりとしてしまったしもむんとやまみんでした。


そして!!

「薪割り体験」は、映像でお届けします!

へっぴり腰で少し危なっかしい私たち(一緒にするなと後でやまみんに怒られるかも?)ですが、

意外と難しかった薪割り体験、

お時間がありましたら是非ご覧になってみてください!

                            





と、いうことで、

「豆腐作り~前編~~後編~」
見ていただき、ありがとうございましたなのだ♪♪

[PR]
by nodakurashi11 | 2012-12-04 15:22 | Comments(10)