3月!

卒業別れ、そして年度末による多忙、と切なくめまぐるしい季節のイメージですが…

実は、渓流釣りの解禁月でもあります!



野田村役場で、釣り大好きBOYを発見しました!!


「え?取材?今ですか?語りだしたら止まりませんよ?」


と言いながら彼の釣りトークを聞かせていただきました♪


c0259934_11384176.png



先日、野田村の『安家川』という川へ釣りに出かけたそうですが、

「全然釣れなかったですよ~」

と言いながら、立派なヤマメイワナの写真を見せてくれました!


c0259934_1321855.jpg


この日は約25cmの源流イワナ(天然)と、約13cmのヒカリヤマメが釣れたそうです。


4~6月になると50cm超のサクラマスが釣れるそうで、この時期が一番好きだそうです♪


初めてサクラマスを釣った時の魚拓もあるよ!と、得意気の佐々木くん。


サクラマスは、アラ汁、お刺身、塩焼きにしたりと、様々な料理ができるそうです。

全部、食べてみたいですね♪emoticon-0110-tongueout.gif



また、10月~2月の禁漁期間は、海へ行きドンコやアイナメ等を釣るそうです。



そんな年中釣り人の彼に聞いてみました。

『佐々木くんにとって、釣りとは?』



”軽い自分探し”ですかね』



か、かっこいい!!!




釣りをすると、自分が知らない自分を、見つけられるかもしれません。



『あ、それから、釣りって結構性格が出るんですよ。やっぱり我慢勝負なんで。』


これも、なるほど、ですね。


逆に言うと、釣りをすることによって我慢強くなれるかも?!





海も川もある野田村なので多彩な釣りが楽しめます。



海は海の、川は川の良さがありますが、


川は特にも木々や石、動物等の自然に囲まれながらなので、



ちょっとしたヒーリング効果もあるかもしれませんね。



よしっ!



今度、釣戦(挑戦)してみるぞ!!



ということで、


本日もブログを読んでいただきありがとうなのだ♪


                                      
[PR]
by nodakurashi11 | 2013-03-21 13:09 | のだ村小ネタ | Comments(8)

暖かくなったと思ったら寒さが戻ったりと
不思議な天気ですが、相変わらずおばあちゃんの家の薪ストーブで
ほっこりとしているしもむんです。emoticon-0170-ninja.gif

夏になると暑くて仕方ないから冬がこないかなぁ、なんて少し思ったりするけど、

今は夏になると薪ストーブを燃やさなくなるから少し寂しいなぁ、

と少し寂しい気持ちです。


東北の冬って寒いかもしれないけど、


外で作業をして帰ってきてストーブで温まるときのあの幸福感!は、たまりません♪(笑)



さてさて今回は珍しく映像のない記事になると思いますが、


たまにはいいかなと、ペンを走らせています。emoticon-0105-wink.gif(キーボードですけどね)



最近ほっこりした、近所の方々や知り合いの村民の方との会話です。


先日、雨が降っていました。


その家の前には、数人のおじいちゃんおばあちゃんが座って談笑していて、

通りかかった私は、声をかけてみました。
(◇私 ◆おじいちゃん・おばあちゃん)

----------------------------

◇「こんにちは~」

◆「はいはいこんにちは、おつかれさん♪」


◇「雨が降ってきましたよ~濡れますよ~?」

◆「ほになぁ、ん~でも家ぁ近いすけぇ雨ぁ降ってもヤリぁ降ってもすぐ風呂さぁば入れるすけぇ大丈夫だぁ~、それよりほれ、おめぇさんもかだって(※そうだねぇ、でも家が近いから雨が降ってもヤリが降ってもすぐお風呂に入れば大丈夫だよ。それより、あなたも一緒に話そう)」


そう言って、お手製のお団子をくれました。


女性同士も、外で立ち話、なんてよくある話ですが、


おじいちゃん、おばあちゃんは、中に入って話すよりこうして外にいたほうが、誰とでも話せるから、という理由もあるそうです。



そういえば、前に見かけたことがあります。



おじいちゃんが一人で外のベンチに腰掛けていて、


「だぁれも来ねぇなぁ」と、寂しそうに言っていました。




自分の気に入った友達と、車で出かけ、買い物をしたり映画を見たり、そういう休日が悪いとは思いませんが、
(それぞれの時代があるので)


たまには、知らないおじいちゃん・おばあちゃんと話してみたり、


もちろん、自身のおじいちゃん・おばあちゃんと話してみたりすることは、大切なんじゃないかなと感じています。



私も野田村へ帰ってきてから、自分でおじいちゃんおばあちゃんの家に遊びに行くようになりましたが、
(村中心部から車で10~15分ほど走ったところ)


(こんなに沢山モノを知っているし、落ち着くところなのになんでもっと遊びに来なかったんだろう!)


と、実感しています。


やはり、地元にずっと居たらわからなかったんだろうな、とも思います。



それらは決して強要するものでもないですが、


核家族世帯も多い世の中なので、おじいちゃん・おばあちゃんとの交流が自然と希薄になってしまっている現状もあると思うので、そのような時間や機会を提供してあげられたらな、と思います。


「話してみたいけど話し方がわからない」
そう言った声も聞いたことがあります。


大丈夫、おじいちゃん・おばあちゃんは、沢山の引き出しを持っています。


一つ質問すると、十くらいの知恵が返ってくることもあります!!



そして、実はおじいちゃん・おばあちゃんも緊張していたりします。


何だか思春期の男の子と女の子のようですね(笑)



いつの間にかうちとけて、笑いと癒しの空間が出来上がるというのは、不思議ですね。





それでは今日はこのへんで♪



本日もブログを読んでいただきありがとうなのだ♪

[PR]
by nodakurashi11 | 2013-03-14 17:16 | Comments(10)

前回記事の復興応援フィールドツアーの記事と動画、
たくさんの方々にご覧いただき
本当にありがとうございましたemoticon-0115-inlove.gif


後日、ツアー受入のお礼がてら
とある農家さんを訪ねると・・・
c0259934_16304932.jpg

今が旬の"ひじき"を絶賛煮込み中!

タンサン(重層)を入れてよ~く煮て、灰汁を抜きます。

薪ストーブは火力自慢emoticon-0165-muscle.gif
大量のひじきを釜にどかっと投入して、
ぐつぐつ煮えたぎる釜に差し水をしながら、どんどん煮込んでいきます。


そういえば、このお宅にツアーの事前打ち合わせにお邪魔したときも
ちょうど薪ストーブで小豆を煮ている最中。
c0259934_1633545.jpg

その横で、おだんごをホイルに包んで、焼いてくれましたemoticon-0142-happy.gif

ほかほかを頬張り
私も笑顔、おばあちゃんも笑顔emoticon-0142-happy.gif

c0259934_16364396.jpg



そして、先日の復興応援フィールドツアー。

宿泊場所のお宅にて

外から帰ってきたみんな、
あったかい薪ストーブのまわりに集まります。
c0259934_16441917.jpg

都会では珍しいものなので、すごく新鮮だったり。

ストーブの上では、食べやすいようにと
小さく丸めた「豆しっとぎ」を焼いています
c0259934_16502784.jpg


「石みたい~!」なんて言いながら、
「おいしい~!」と、手を伸ばしながら。

薪ストーブをまあるく囲んでの会話は深夜まで弾み・・・

知らずと、みんなの仲も深まったようですemoticon-0136-giggle.gif

「薪ストーブを囲んだ夜が、とてもいい思い出です!(学生さん談)」


煮たり焼いたり

人の心や 場の雰囲気まで あったかくしたり


そんな薪ストーブの季節も
もうしばらくすれば春の足音とともに
過ぎてゆくのでしょうが、

野田村は、まだこれからが雪の季節。


もうしばらく、薪ストーブでほっこりできそうなのだ^^
c0259934_1714830.jpg



今回もブログをご覧いただき、ありがとうなのだ♪

(やまみん)
[PR]
by nodakurashi11 | 2013-03-06 17:42 | のだ村小ネタ | Comments(6)