プラ菜をはじめたのだ。

皆さまこんにちは!

ざしきわらしに似ていると言われるしもむんです006.gif

さて。

本日もつぶやきと称して、
今年のちょっとした挑戦を紹介します!

「プラ菜」…「プランター栽培」
今年も挑戦したいと思います!!

「今年も」といっても、去年紹介したわけではないですが、
実は去年、ほうれん草やトマトを、こそこそやっていました。

きっかけは、先日、とある農家さんで「サニーレタス」をもらった際に、
「育てやすいよ~!それに、食べやすいしね。」
と言っていたのを聞いたから。

普通のレタスは、「結球」といって、葉っぱをどんどん内側に丸めていくのですが、
実は、野菜が育つ上で、その行程は結構エネルギーが要るそうで。

「結球」をしないサニーレタス等、外葉からどんどん食べていけるものなら、
挑戦できるかも!と、思ったのです。

一人で育てるのもちょっと切ないので、
しもむんの友人を誘い一緒に育てることに!!

友人と、生育状況を確認し合うのも、楽しいですよね♪

苗を買いに行くと、今はキュウリやナス、トマトの苗ばかりで、レタスはありません。

あとから聞くと、植え時は春先ということで、ちょっと遅かったようです。

結果的にゲットしたのは、
「ガーデンレタスキット」

すごく便利ですね。
今の時代。

これは、培養土、追肥用の肥料、種、プランター(底付き)がセットになったものです。

結構、自分で育てようと土を買うと余ったり(買った土分植えればいいのですが。)
肥料はどれにしたらいいの?
どのくらいのプランターにすればいいの?

と、初心者には「?」が多いので、とても助かりました。
(※決してサボっているわけではありませんが)

とは言っても、今年も農業の勉強たくさんしていきたいです♪^^

ということで、「今年のプラ菜」は、「ガーデンレタス」に決定!!

10日ほどで出芽し、間引く作業、
そして週に一度追肥をしたら、30日後には収穫できるそうです♪

ちなみに、結球をしないので、
食べる分だけ外葉から収穫できるので、一度きりではないのがいいですね。

ちっちゃいプランター栽培に挑戦し始めただけなのに紹介する私。


広~い畑でたくさん育ててるのに「いやいや~全然なにもなにも、これべぇこ(これだけ)だぁ」
っていう野田村の農家さん。


この違い。(笑)

いつか私もかっこよく農業をしてみたいなぁ。

それではこの辺で♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!


(おまけ…アルパカ乗ってるよ↓)
c0259934_11502529.png

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-06-30 09:18 | つぶやき | Comments(0)

皆さん、こんにちは!マッチーです018.gif

実は岩手県が日本一の生産量を誇るものがあります005.gif
(その中で久慈地方は4割以上をも占めます。)

それは、なんとジャジャーン!
c0259934_10283303.jpg

山ぶどうは通常のぶどうよりも、ポリフェノール・鉄分・ビタミンCなどの栄養素が豊富に含んでいます。
その為に、久慈地方では古くから産前産後に栄養補給の為に、山ぶどうの原液を飲んでいたそうです!

今回はその山ぶどう農家の岩山さんのお宅に取材にしに行ってまいりました!049.gif
c0259934_10295751.jpg
1.23ヘクタールほどもある大きな農園を奥さんと2人で手入れをしています。
岩山さんは最近膝が痛くなってきて、農園に行くにも軽トラックでの移動をしています。008.gif


この日は開花が終わり、葉を取る作業。
枝に実が2個付いていると10の葉を残します。
(葉が少なすぎても多すぎても山ぶどうの実に栄養がいかないそうです。)
c0259934_10444163.jpg

山ぶどうは9月下旬頃が収穫時期で、野田村では10月頃まで山ぶどう狩りができます!
興味のある方は是非お越しください!017.gif
また村の特産品を扱うネットぱあぷるでは、野田村産の山ぶどうを使った商品が沢山あります!
c0259934_10332269.jpg
c0259934_10341094.jpg


c0259934_10390200.jpg

今回は山ぶどう農家の岩山さんのお宅に体験取材をしに行ったのですが、途中から雨が降ってきてしまったのと、説明熱心な岩山さんが全てやってしまった為に、私たちは作業出来ませんでした…(笑)
なので、次回はこの乗用草刈機に乗って、この広い農園を綺麗にしたいと思います018.gif
お楽しみに!
c0259934_10360283.jpg

それでは、今回の様子を映像にまとめましたのでご覧ください!


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧ください♪
※Youtubeの画質設定から1080pを選択すると、より高画質でご覧いただけます♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-06-26 14:50 | 何でも体験取材 | Comments(0)

皆さまこんにちは。

ある出来事があり、
ソフトマッチョ女子を目指そうかなと思ったしもむんです066.gif

ある出来事とは…

先日。
このブログでも結構紹介させていただいている、小野寺さかえさん宅へおじゃましてきました♪
(椎茸の作業を教えていただいたり、民泊を受入れていただいたり…!)

椎茸も、野菜も、お米も、な~んでもできるスーパーおかあさんなので
年中大忙し!
そんなさかえさんの最近の作業は、キュウリやなすの苗を植えている、とのことだったので、
ハッピーとともに、「お手伝いになるかなぁ…」という不安のもと、行ってまいりました♪

毎度ながら、私たちが到着するともう外で待っていてくれるさかえさん016.gif
(いつもありがとう)

「さぁ!やりますよ~!まずは、支柱を立ててもらうからね。」

と、ハウスへ向かいます。

※本日は、諸事情により写真・ビデオ撮影ができなかったため、イラストと文章で紹介します。
(絵心はありませんが、真心こめてお伝えします)

ハウスへ到着すると…一面にナスの苗が…!!

苗の部分は、マルチ(黒いビニールシート)に穴があいているのですが、
根っこに傷をつけないように、鉄パイプのようなものを差す作業を任命されました。
ただ手で差しただけでは入っていかないので、木製のハンマー(お手製)で、叩いていきます。
c0259934_14473048.jpg

「ん~しょ、ん~しょ。」
と、日本男児のハッピーでも、結構力を入れなければ中々入っていきません。

ということは…
か弱いしもむんでは、到底同じ量の作業はできず…

さかえさんの指示で、
私は山側の少しやわらかめになっている場所専門で、支柱立てをすることになりました。

それでも、どうしても長いパイプだったり、土が固めだったりした時は、ハッピーに頼みます。

「アニキ!おねげぇしますっ!」

「あいよ~っ!!」

※実際にこのような会話だったかは定かではありません。

普段は、おとうさんと二人で作業をすることもあるようですが、
大抵は一人で脚立等を使って作業をするようです。

途中で雨が降ってきたので、
屋根がある場所へ避難…という名のいっぷく。

美味しいジュースと、おだんごをいただきながら、色々とお話をしました。
(何の話をしたっけ、たくさん話しすぎて覚えてない。笑)

「小菊」にも支柱立てをするということで、
これはハッピー一人が脚立に乗って作業をしました。

しもむん「さかえさん、私何すればいい~?」
さかえさん「とりあえず、そこさねまって(座って)監督!!」

…え?(笑)

そうこうしているうちに、
おとうさんが、キュウリの支柱やネット作業をしている方へ行ってみると…

「キュウリの支柱とかネットは難しいけど、穴あけやってみっかぁ~!」


「はぁ~い!(やったー、仕事ができた!)」


ということで、ハッピーは小菊の支柱立て、
しもむんはキュウリのマルチ穴あけという作業をしました。

ハッピーの作業が終わると今度は、
「薬やって、キュウリの苗植えちゃうかぁ!!」ということで、
皆でキュウリの畑へ。

穴あけは、こんな用具を使いました。↓
c0259934_14475581.jpg

店頭で見かけたことはあるけれど、実際使っているのは初めて見た!!

おとうさんに教えてもらったとおりにやろうとすると…

グサッ

あれ。
中々まっすぐ上手にささらない…。

どうにかこうにか、何度かやっているうちにできるようにはなりましたが、
おとうさんみたいに手際よくできたら作業効率が上がるんだろうなぁ~と思いました。
(穴あけに限りませんがね。)

そんなこんなで、2時間ほど作業をし、この日は終了!!

支柱立てと穴あけをやらせてもらいましたが、
「苗を植えるまで」また「苗を植えたあと」こんなにも作業があることを知りませんでした。

種をまいて薬をまいて…
と、そんな単純なものではないんですね。

さかえさんのお話の中で…

「うちの孫がね、“芋とってくる!”って、畑に行って自分でとってくるよ。
 にんじんもナスもピーマンも、野菜何でも食べるんだよ~」

というものがありました。

現代は、畑作をする人も減り、
また、畑作をしていても若い人は興味がなかったりする中、
とても素晴らしいお孫さんだなぁ、と、感心しました003.gif

本日は、写真もビデオもありませんでしたが、
文章能力のない私の文章から、色々とイメージをしてもらえたらな、と思います。
(たまにはこれもいいかもな。)

というわけで、
「さかえさんに支柱立てを任せてもらえるようになりたいなぁ」→ソフトマッチョガールになりたい
でした。

ちなみに、さかえさんが手間暇と愛情をかけて育てたナスやきゅうりなど、
時期になったら産直ぱあぷるに並んでいますよ~♪
(大体、7月中旬くらいからかな。)
今も収穫ができたら、少しずつ店頭においてあるようなので、
見つけたらレア…?

それではこの辺で…♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!


おまけ。(レアショット)
c0259934_14483121.png

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-06-25 17:52 | 何でも体験取材 | Comments(0)

皆さまこんにちは!

幻想的に広がるヤマセが、
いつかゲームのラストシーンやロケ地にならないかなぁと妄想しているしもむんです012.gif

先日、ヤマセでも作れるほうれん草、雨よけほうれん草を紹介しましたが、
今回は、室内でできる楽しい嬉しいわくわくうきうきな体験をしてきました!

受入れていただいたのは「羽希羽季(うきうき)クラブ」さん016.gif
実は、昨年末にも、エコクラフト作りを教えていただいた方々です。(その時の記事はこちら
c0259934_10375355.jpg

野田中学校仮設住宅で暮らしているおかあさま方の団体ですが、
さをり織り、エコクラフト、手芸品等を作っています。

毎週何曜日~と決めずに、気の向くまま、活動をしているそうです。
(と言っても、皆さんすっかり技術を習得してプロ並みですけどね。)

私は、前回作った作品は、動物たちだったので、仲間を増やしてあげようと…
そしてハッピーは、小物入れを…
どちらも、実用性を考えて作成することに♪♪

私や、メンバーのおかあさんに、
「ピンクは?ねぇ、ピンクはどう??」と言われても、断固として
「いや!ピンクではないもので!」というハッピー。
※新しい自分は、さをり織りのボウタイを作ったときに見つけてしまったのかもしれません。
c0259934_1040598.jpg

エコクラフト…というと、皆様どんな作品を想像しますか?

カゴバッグのようなものや、様々な小物入れ、バスケットなどなど…

おもしろいのは、同じものでも、テープの種類が様々あるので、工夫の仕方で、世界に一つだけの作品を作ることができます003.gif
太いテープと細いテープを組み合わせたり…
作ったあとにレースで飾りをつけてみたり…
あとは、テープ自体にもきれいなストライプ模様がついていたりと、実に様々♪

この日のメンバーは、5人。(グループ全体では6人。)
それぞれのおかあさんたちが、それぞれ気を使わない中なので、会話がとてもおもしろい。(笑)

「何作ってるの~?」
「ひ・み・つ~♪」
「え~何それ意地悪!!!」

「はぁ~、これ何だっけ…」
「もしかして、始まっちゃった???お・ぼ・け・さんっ♪」


ただ、ず~っとおしゃべりしながらというよりかは、
もくもくとやっておしゃべりをして、またもくもくと…
そんな感じです。

とはいいつつも、話しながらやっていて、間違えて編んでしまったりしてしまいました^^;

10時から作り、休憩をはさみ午後3時くらいまでかかりました。

私はよくばりで2個作っていたので、終盤、ハッピーは少し私のお手伝いをしてくれたり、
おかあさんたちとおしゃべりをしていました。

出来上がった作品は…こちら!!
まずはハッピーの作品から…
ででん。
c0259934_10444954.jpg

おぉっ。バッチリ、もう、すぐにでも使えそうなカゴですね。
(目薬やはさみなんかを入れるそう…)

そして、しもむんの作品
ででん。
c0259934_10454328.jpg

うん、クワガタとカブトムシの顔がまた微妙なんですね。
箱はきれいに作れたのに。(笑)

実は、パーツも、すべてエコテープをくっつけて作るという作業なので、
すごく難しいんです!(言い訳)
※前回より早く編み上げることはできましたが、前回の方がパーツは上手くいきましたね。(笑)

それでは、映像をご覧ください♪

※端末によって上手く閲覧できない場合もございますので、その場合はこちらからご覧ください♪

そして…
終わったあとの、おかあさんたちの気遣いがとても優しかったです016.gif

「同じ姿勢で疲れたでしょ~、お茶しよ、お茶。」
コーヒータイムをしながら、本当に色々なお話をしました。
(おしゃべりしながらのコーヒーって、何でこんなに美味しいんだろう)

お話をしていたら、メンバーの中の一人のおかあさんが、
「うきうきだんご」作りが得意ということが判明…!!
※「うきうきだんご」→きび粉や米粉で作っただんごにちょっとくぼみをつけて、小豆汁に入れて煮るおやつ。
へっちょこだんごという名称が割と有名ですが、野田村では「うきうきだんご」と呼ばれています


「食べたい…!(ハッピー)」
「いや、本当に食べたい…!(しもむん、お菓子を食べながら)」

「よしっ、今度作ったら教えるから皆で食べよ~♪」と、代表のおかあさん。
※最近は、作る人も減っているので、切実に、食べたい…。

それから、プロポーズの仕方の話になったり。(笑)
c0259934_10522317.jpg


物作りって何でもそうですが、
自分で作ると、ちょっと下手くそでも愛着が湧きますね

ちなみに、羽希羽季クラブで作った、きれいな「さをり織り」のストールなど、
観光物産館ぱあぷるにも並んでいますので、ぜひぜひお立ち寄りください♪

それではこの辺で♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!


[PR]
by nodakurashi11 | 2014-06-18 16:02 | 何でも体験取材 | Comments(4)

皆さん、こんにちは!

最近このブログで『~なのだ』を使い過ぎて、某アニメのパパみたいな気分になってきたマッチーです017.gif


さて前回は漁船に乗ってグロッキーになりましたが、今回はその続きになります!
もちろん、とある撮影も市場や競りの様子、漁師メシやホタテの様子なども取材していたので同行取材しました049.gif

野田港の市場の様子を見るのは実際に初めてです。
c0259934_09281666.jpg


そういえば、野田村の水産物としてホタテやワカメなどは有名ですが、他にどんなものが水揚げされているのでしょうか?

ジャジャーン043.gif

画像はワラサ(ブリの小さいやつ)とヒラマサ(スズキ目アジ科)。
違いは口元らしいですが、素人が見たら全く同じ013.gif
c0259934_14115732.jpg

c0259934_14173497.jpg
c0259934_14202934.jpg
c0259934_14213038.jpg
他にも真マスやら巨大なタコやらと海の幸が沢山!018.gif


そして競りの様子などを見学して、お腹が空いた頃に朝ごはんの漁師メシを頂きました!
(そういえば3時から取材して何も食べていないや…)
c0259934_09284705.jpg
(酒、醤油、麺つゆなどで味付けをしているそうです。)

c0259934_08391094.jpg

c0259934_14551757.jpg


いやー本当に今日1日で良い体験をさせてもらいました040.gif
これを是非、野田村に来た皆さんに味わって頂きたいです。
(※漁師メシなど全てこの日の取材の為ですので、いつの日か商品としてもお出し出来ればいいなぁ…。)


それでは、今回の様子を映像にまとめましたのでご覧ください!


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧ください♪


そして、気になるとある撮影とは…。

プレリリースの7月までお楽しみに!006.gif


本日もご覧いただき、ありがとうなのだ♪


[PR]
by nodakurashi11 | 2014-06-17 09:58 | その他 | Comments(2)

皆さんこんにちは!
船酔いをして、まだ少し気持ち悪いマッチーです017.gif

というのも、週明けの月曜日
とある撮影が、行われました。

このフレーズで思い出された方もいるかと思いますが、以前もこの様な謎めいた記事をしもむんが書いております。

そして、どうやらこのとある撮影は漁船にも乗るという事で、漁師さんの作業体験も兼ねて取材に行ってきました!
(この取材に行って後悔したのは、漁船に乗った後でした…042.gif)


朝3時に野田港に集合085.gif
(夜更かしをして2時間しか寝ませんでした…)
c0259934_13483703.jpg

準備が終わり、あたりも明るくなってきました。
c0259934_13493560.jpg

いざ出発!049.gif
c0259934_13494991.jpg

何やら漁船に指示を出している。
c0259934_13504738.jpg

何やら漁船の写真を必死に撮っている。
c0259934_13510059.jpg

小一時間ほど私も撮影をしながら乗りましたが、いやー本当きついです042.gif
飲んでも乗ってもあまり酔わない私も、降りる頃にはヘトヘトになりました。

そして、漁船に乗ってこんなにも沢山の写真を撮る人たち。
(500枚ほど写真を撮っていたそうです)


一体何が起こるのか…。


またまた、ここまで写真を載せておきながら、
来月7月にプレスリリース(発表)が行われるため、
プレスリリース後、正式に皆様に紹介したいと思います!

c0259934_13542709.jpg


そして、漁師さんたちはこんな荒海の中を毎日作業をしているんですね005.gif
早い時は朝の1時(朝?夜?)から沖に出るそうです。
危険と隣り合わせで仕事をする漁師さん、美味しい海産物を食べるにはこういう生産者の方たちの苦労があってこそなんですね!

そんな映像も含めて今回の取材の様子を是非ご覧ください!


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧ください♪

次回は、この日船から降りた後の野田港の市場の様子や、現場でしか食べれない漁師メシなどをご紹介します!

お楽しみに!

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ♪

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-06-13 09:10 | その他 | Comments(0)

ほうれん草と、想い。

皆さまこんにちは。

最近ちょっと物忘れや忘れ物が多いしもむんです007.gif
(ピンクのガーデニング用手袋片方、見つけた方はご一報を!)

梅雨入りをし、野田村はヤマセに覆われている今日この頃ですが…
c0259934_1121525.jpg

昔から「冷涼多湿」と呼ばれるこの地域ならではのほうれん草栽培があります。
ご存知の方もいるかもしれませんが…
「雨よけほうれん草」です。簡単にいうと、ビニールハウス栽培のことです003.gif
露地栽培に慣れている方だと、結構見てびっくりされます。

「ほうれん草が、こんなにハウスの中にある…!」と。
野田村も、ほとんどがそのような栽培方法でほうれん草を作っています。

と、いうことで!
先日、とあるハウスへおじゃましてきました003.gif

米田さんご夫婦です!

ご夫婦での写真を撮り忘れたので…
c0259934_1692021.jpg

実は米田さんご家族は、あの、東日本大震災で被災に遭いました。
家も、畑も、田んぼも、ハウスも全部流出…

避難所生活ではもちろんですが、
その後引っ越しをしても、(※現在は仮住まいだそうです)米や野菜を作っていたゆきこさんにとっては、

「こんなに食べ物に困ったことなかったのに…」


と、家の近くの草が生い茂っているところを整地し、
畑作りを再開したそうです。

そして、ハウスや田んぼ、ハウスの近くの畑など…
色々な方の協力と、米田さんご家族の努力で、

今は、ほうれん草ハウス、畑、米と、無事に作業ができているようです。

「ほうれん草はね、何より土だね。」というゆきこさん。

もちろん、天候に左右されることもありますが、どの野菜よりも、土が大事だそうです。

なので、震災後、海水がかぶってしまった土の上に土を盛ったようですが、
それでも、石や瓦礫のようなものが出てきたりと、
まだまだ苦労することが多いようです。

この日は、お話をしながら、少しだけお手伝いをさせてもらいました。
c0259934_16102175.jpg

上手く育たなかったほうれん草を、撤去する作業です。

上手く大きくならなかったり、逆に大きくなりすぎてしまったりと…
※花が咲いてしまってもだめなようです

この作業が終われば、
土にもアブラムシがついているので除草剤を散布し、また土をおこし、肥料を撒いて、
ほうれん草の種を植えるとお話していたので、

一刻も早く丈夫なほうれん草が育ちますように…

と思いながら、作業を進めました。

この日の作業の行程としては、
①ほうれん草を抜く
②抜いたほうれん草たちを運搬機に乗せる
③運搬機で捨て場に運ぶ(ここはおじいちゃん)
④ハウス内の細かな葉っぱやゴミや石等を拾う
⑤一服

でした!!

9時から初めて10時過ぎくらいには①の作業が終わり、②③④…と進め

11時過ぎには、⑤の一服!!
c0259934_1613173.jpg

ハッピーまたもやパクパクと2つ平らげていました。(笑)
確かに、作業後の、甘いおやつ、最高なんです。
そして手作りと来たら…さらに美味しさ倍増!!

それでは、映像をご覧ください^^

※端末によって上手く閲覧できない場合がございますので、その場合はこちらからご覧ください♪

実は、震災で流失し、やっと再建したハウスが、去年台風被害でも壊れたようです。
その時、もう正直ゆきこさんは、
「なんでうちばっかり…」という思いもあったようです。

それでも頑張れたのは、
「おばあちゃん、無理しないでね。」と言ってくれるお孫さんや、
「頑張んだぁ~!」と言ってくれる近所の人、そして家族の支えだったと言います。

すごく、可愛らしい笑顔で笑うゆきこさんですが、
色々苦労したんだな、と思うと、私もすごく応援したくなりました。

そして帰りには…

どっさりとほうれん草のお土産が…!!
c0259934_16104738.jpg

いつもいつも、村の方々から野菜をいただく私たちですが、
手間暇と愛情をかけて作っているということを忘れず、
今回も美味しくいただこうと思います。

そして今回も、とてもいい汗をかきました(笑)

でも、いつも思うのは、
お昼休憩は挟みつつも、一日作業している農家さんたち、すごいなぁと。
パワフルだなぁと。

私もそんなパワフルガールになります!!!066.gif(勝手に決意表明)

あ、そうそう…
おだんごの美味しさに魅了されたので、
作ってみたいなぁと思いお願いしたところ…
今度、自宅敷地内の手作り小屋で、作り方を教えていただけることになりました!!
(ウレシー!)
※食べるだけではいけませんしね。(笑)

ちなみに、米田ユキ子さんは、
「スマイル直売所」に、ほうれん草や漬物を出荷しているそうです^^
ただ、毎日あるわけではないので、見つけた方はラッキー…?

それではこの辺で♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-06-12 11:03 | 何でも体験取材 | Comments(0)

田植え体験に加わるのだ

皆さまこんにちは!
おにぎり大好きハッピーです。
これまで村の特産品を頬張っていただけでしたが…
ちゃんと記事も書きます。

本当、お米って美味しいですよね。
何にでも合いますし。

働かざる者 食うべからず、ということで…

先日、野田小学校4年生の田植え体験に参加させてもらいました。
もちろん、機械は使いません。手植えです。

c0259934_9132480.jpg


マッチーと2人、既に失ってしまった爽やかな活気に
始終圧倒されてしまいます。

いや、そんなことはないさ。 
マッチー、怪気炎をあげ、児童に続きます。

c0259934_9144835.jpg


植えたのは「かぐやもち」という品種のもち米です。

今回植える苗は、昨年の4年生が収穫した実から育てたものだそうです。
同じように、今年秋に収穫された実の一部が、来年の4年生の苗に。

もらう側を経て送る側になるんですね。

c0259934_9155859.jpg


野田小学校4年生の児童は、今回の田植え体験のほか、
生き物観察・収穫体験・脱穀体験などを行う予定です。
(ちなみに、私の故郷軽米では小学校でそばを育てていました)

男子も女子も素足が似合う、のびのびとした野田っ子でした。
これからの体験も楽しみにしているのではないでしょうか。

c0259934_9164246.jpg

お米の作業といえば、田植えや稲刈りが注目されがちですが、
そこに至るまでの作業も重要だと思います。

村のこれからの田んぼ作業も、気になるところです。

お米も美味しい野田村でお待ちしています^^


↓映像もご覧ください↓

※端末によって上手く閲覧できない場合もございますので、その場合はこちらからご覧ください。


本日もご覧いただき、ありがとうなのだ!

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-06-10 08:38 | 何でも体験取材 | Comments(0)

皆さまこんにちは003.gif

お気に入りの「さをり織りで作った苺のストラップ」の、
苺部分が家出をしてしまい、泣き腫らしているしもむんです007.gif

さて。

このブログ、「つぶやき」というカテゴリがあるにも関わらず、
誰ひとりとしてつぶやいていないなぁと思ったので…

ワタクシがまずつぶやきたいと思います。

題して「つぶのつぶやき~経験者は語る~」(←またつぶかよっ!)

つい先日、つぶ採りを皆様に紹介しましたが、
ふと思い出したことがあります。

今年の2月、だったかな~。
2月といえば、寒くて、ついつい体調を崩しがち。

その日、私は吐き気に見舞われていました。

しかし、打ち合わせも兼ねて、とある住民のところへ行っていたのです。

いつもは楽しくて仕方ない会話も、吐き気を我慢しながら…008.gif

その時は、やまみんも居たので、
「ちょっと、やばそうだったら早めに帰るね」とも伝えていました。

夜だったので…
ご飯もご馳走になることに…!!

そして、その日に。

つぶを、ボウル1杯出していただいたのです。

体調が悪いので、いつにも増してご飯があまり進まなかった私は、
つぶを、つぶつぶと(ちびちびと)食べていました。

そして、ボウル半分ほど食べたときに気がついたのです。

「あれ…?吐き気おさまってる…?!」

あの時の不思議な感じは、今でも覚えています。

そのあと、吐き気もないので美味しいご飯を堪能できました。

気のせいだろうか、と思い帰ってからインターネットで調べてみました。

すると、
「つぶ貝は、疲労時にはとても効くということが記載されていたのです…!

このブログをご覧になられている皆様の中でも、
「最近、アルコール摂りすぎてるかも…」
「何だかストレスがたまっているなぁ…」

という方がいると思います。(多分)

アルコールやストレスが多い生活は、亜鉛をどんどん失います。

体内に亜鉛が不足すると、いつもより疲れやすくなったり、体調を崩しやすくなったりするようです。

現代は、様々なサプリメントも作られているので、
手軽に摂取できるかと思いますが、
自然の恵みを食事として摂取した方が、心にも、からだにも良いと思います。

また、つぶの栄養素としては、亜鉛だけではなく、ビタミン1,2、マグネシウム…等も豊富に含まれているため、
亜鉛と同時に様々な栄養が摂れるので、まさに一石二鳥どころか三鳥四鳥…!!

同等の栄養素は、イカや毛ガニでも摂取できますが、
イカを調理するとついつい濃い味付けにしてしまうし…
毛ガニは中々普段食べるかたも居ないと思うし…(※もしかしたら居るかもしれませんが)
※イカや毛ガニを否定しているわけではありません

「最近疲れているし、ちょっと体を動かしてみようかな~」
なんて方は、体を動かしついでに海(できれば、野田漁港!!)に行き、
つぶを採って心も身体もリフレッシュ!!はいかがでしょうか?

ということで、
今回は、「つぶって実はすごいんだぞ!」ということを、お伝えしたかったのです。

美味しくて栄養素も抜群♪なつぶを皆様も是非採りに来てみてくださいね♪

それではこの辺で♪
今回は珍しく画像も映像もありませんでしたね。

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-06-09 09:09 | つぶやき | Comments(3)

つぶを全力で採るのだ

皆さまこんにちは♪

日焼け止めと虫よけを一緒に塗っても大丈夫かなぁ、
と悩んでいるしもむんです011.gif

さて!!
みなさまタイトルにもある通り野田漁港で「つぶ採り」を先日3人でしてきました。

実は、ここに至る経緯があります。

昨年、浜の口あけ(はまのぐぢ)一般公開で、つぶ採りをしてきました。
※一般公開の日は、組合員以外でも採ることができます。

しかし今年は一般公開に行けなかった…
どうにかしてつぶを採りたい(食べたい)…

そこで、お世話になっている(なりすぎている)小谷地勝先生に聞くと、

「禁漁区でなければ採ってもいい」
とのこと…!!
(嬉しすぎて泣きそうになりました)

あとは、潮見表を見て、干潮時間がちょうどいい日付を選びます。
c0259934_13431932.jpg

ちょうどいい日がありました…!!
この、「大」というのが、潮が良く引けているので採りやすいようです。

「せっかく採ったら、食べたいよね。(全員一致)」

ということで、採取後、「マッチ―が美味しい塩結びをにぎる」ことを条件に、
その日は小谷地勝邸でお昼を皆で食べられることになりました011.gif

迎えた当日。

去年の時は、石の陰に手を突っ込んで採りましたが、
今年は、場所が違うので、まず、「どういうところにたくさんいるんだろう?」というところから始まりました。

まずは、岸壁を攻めます。
c0259934_13433243.jpg

結構、下の方の隙間にいるので、手をつっこんだりして採りました。

結構頑張りましたが…ここのポイントはもうこんなもんかな?
ということで、ポイントを変えることに…!!
c0259934_13442981.jpg

しかし、中々見つからない…

今日、結構潮が引いてるはずなんだけどな…

と、悩んでいると、ちょうど小谷地勝さんから電話が…!!

浜にいるとのことで、向かうと、船上でタコつぼの準備をしていました。奥さんの陽子さんも…♪

ポイントが中々見つからないと嘆くと、

「じゃっ、おとうさん、私も行ってくるね~♪」と、陽子さんも協力してくれることに!!(本当にありがたい…010.gif053.gif

実は、私たちが頑張って採っていた岸壁も正解ではあるけれど、
波打ち際の方が、大きいつぶが採れるようです。

そして、陽子さんのレクチャーを聞きながら、たくさん採ることができました♪
c0259934_134449.jpg

採り終えたら、小谷地邸で昼食準備!!

マッチ―、おにぎりをにぎります。
ハッピーと私は、物を運んだり、たまに鍋をのぞいたり、陽子さんとおしゃべりしたり…(…あれ?)

ありがたいことに、豚汁とキュウリの辛子漬け、平ガニを用意してくれました。
(本当にいつもありがとう…007.gif053.gif

天気が良いということで、外で食べることに♪

天気も良く、料理も美味しく、会話も楽しく、
もう、幸せすぎました。

ちなみに、この日ハッピーが食べたおにぎりは、計6個。(つまみ食いも含め)

実は私も、普段はあまり食べない方ですが、
皆でこうして食べると、普段よりたくさん食べられました♪

それでは映像をご覧ください♪

※端末によって上手く閲覧できない場合もございますので、その場合はこちらからご覧ください♪

さて、今回ご紹介した「つぶ採り」ですが、
禁漁区でないところであれば、(野田漁港であれば船がたくさん停まっている下のあたりなど)
採取可能です。

野田村にお越しの際は、干潮時を調べ、(インターネットでも調べられます→潮見表
挑戦してみてはいかがでしょうか

ちなみに…
その週末、つぶの美味しさに魅了された私は、
干潮がちょうどいい時間だったので、また採りに行ってきました。
すると、その日は4名ほどライン状に並んで採っている人たちがいました♪

「土日しか休みじゃないからねぇ~中々これないから、
 せっかくだから大きいのだけ狙って採ってるよ!」

と、おかあさまがバケツの中身を見せてもらいましたが、
本当に、大きいのばかりで、すごかった…!
もう、濡れてもいい覚悟で、じゃぶじゃぶ入って海藻がうにゃうにゃしている所に手を突っ込んで採っていました。
ワイルド!!049.gif

それから、ヤドカリを拾っているおじいちゃんも…!
何するんだろう?飼うのかな?と思いきや…
「アイナメの餌にする」そうです!
(時間があれば釣り上げるところも見てみたかった~!!)

つぶが好きな人は私だけじゃないんだな、と安心しました。

それでは、本日は何だか長くなりましたがこの辺で♪

ご覧いただきありがとうなのだ!

[PR]
by nodakurashi11 | 2014-06-05 17:17 | 何でも体験取材 | Comments(0)