コトバはタカラなのだ

みなさまこんにちは♪

節分、バレンタインデーというイベントが間近で
意味もなくワクワクしているしもむんです048.gif

本日は、
ただのわたしのつぶやきをお送りしたいと思います。

野田村に帰ってきてから約3年半弱ですが、

この間、久々に在京時代の友達と電話をしたら、

「すごい訛ってるんだけど!!え?どうした??(笑)」

と、言われました。

自分では、ちょっと気を付けたつもりなんですが(笑)

こどもでも、おじいちゃんおばあちゃんと同居してるかしてないかで、
訛り具合が違うものです。

わたしの場合は、
おじいちゃんおばあちゃんと同居ではなかった+こども時代、
そこまで地域の人たちと密に交流するタイプでもなかった(こう見えて?人見知り)ということからか、

大人になって野田村に戻ってきてから、
もうそれはそれは数えきれないくらいののだ村言葉を知りました。

あと、私は隣町の高校へ進学したのですが、
車で20分かそこらの距離なのに、
すんごい訛ってる!っていう人はまれで。

未だに覚えていますが、
高校一年生の時に、
「〇〇だごった(〇〇だと思う)」
「〇〇だじょー(〇〇なんだって)」

等々、封印してしまいました。(笑)
何となく、恥ずかしかったですからね、その時は。

シティーガールに憧れていましたからね。(笑)070.gif

でも今は・・・

「え、しもむん今何って言ったの?」

って言われるのがおもしろくて仕方ない。

のだ村にいたら、のだ村の言葉は標準語ですからね。(笑)

多分、
進学や就職で野田村を離れ、
ちょっとしてから戻ってきた若ものたちで、
私みたいな人、結構いると思うんですよね。

大人になってからすごい訛った人。(笑)

ちなみに、「〇〇なのだ」は、のだ村言葉ではなく、のんちゃん言葉です。
(って知ってますよね。笑)
バ〇ボンではありません。

そんなこんなで、
本当にただのつぶやきになりましたが、
これからも、のだ力全開で、のだ女子を全うし続けたいと思います016.gif

みなさまも、
自分のふるさとの言葉、大事にしてくださいね053.gif
コトバは、タカラです。

そしてぜひ、
野田村に来た際は、のだ村言葉、たくさん聞いて覚えていってください053.gif

それではこの辺で♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!
[PR]
by nodakurashi11 | 2015-01-30 16:56 | つぶやき | Comments(6)

小正月行事なのだ★

こんにちは♪

やっとクリスマス&正月ボケが治ったしもむんです040.gif

さて。
お正月が過ぎたと言えば・・・!

そう、正解!小正月です。

結構、全国的に「どんと焼き」をやるところは多いようですね。
名称は、どんどん焼き、どんだら焼き、さいとう焼き、などと、色々のようです。
※どんと焼き…松飾りやしめ縄等を家々から持ち寄り、一か所で燃やし無病息災を祈る、
火祭り行事。

c0259934_9321618.jpg

実は知らなかったのですが、
「どんと焼きの火に当たると、一年間健康でいられる。五穀豊穣も叶う」
と、聞いたので、今年は、さりげなく、当たってみました。
あったかかった。

野田村の小正月行事は、昼の部と、夜の部があります。
昼の部は、
役場前広場にて、どんと焼き(祈祷)やおもち・甘酒のおふるまい、凧揚げ等が行われ、
愛宕参道では、新春市と呼ばれるものが開催されます。
c0259934_9323365.jpg

また、福を呼び込む「大黒舞」というダンシング070.gifは、
役場前広場と愛宕参道、どちらでも行われます♪
c0259934_934093.jpg

c0259934_9341325.jpg

村内の園児たち(年中~年長さんのみ)は、みずきだんご(だんごしば)作りをしに、
先生たちとやってきます♪

ちびっこたちがわいわい。
おじいちゃん・おばあちゃんもずら~っ。
c0259934_9365446.jpg

c0259934_9345478.jpg

すごく、野田村っぽい風景です。(笑)

もっとアップで撮りたかったのですが、
大黒舞のおばあちゃんたちも、ほっぺたにチークを塗ったりして、
可愛い~♡016.gif
(さすが、野田村美人。)
c0259934_9371285.jpg

こどもたちも、
悪戦苦闘しながら、凧揚げを頑張っています。

凧には、
「絆」「復興」「笑顔」などなど、
中々ポジティブなワードが描かれています。
c0259934_9372826.jpg

私なら、何て描くかな~。

うん、にしめか、田楽かな。
食べ物ばっかりだな。

そしてそして、知る人ぞ知る恐怖の夜の部。

なもみさんが、やってきます。

どんどんどんっ
     わりぃ子はいねぇがぁ~~
              どんどんどんっ
    ずかずかずかっ


泣き叫ぶ子供たち。
逃げ回る子供たち。

それでも、
「お利口さんにするか?約束するか?」と言われると、
涙をこらえて
「・・・する!やくしょくする~!ぅぇ~ん」と、お返事をする子供も。
涙ものですね。

なもみさんが小正月にくることによって、
家内安全・無病息災と言われているので、
親は泣き叫ぶ子どもを、心を少し傷めながら見ているのです。
「頑張れ!」と…
c0259934_9374736.jpg


それでは、映像をご覧ください♪

※端末によって上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧ください♪

決して派手ではないんだけど、
あちこちで交流と笑顔(一部涙)が見られる、素敵な行事だなぁと、再認識しました♪

1年に一度しかないので、
皆さんもお越しください♪と言ってもまた来年になってしまいますが・・・

もしも、
この時期に野田村に来られる機会がある方、
そして、
村内もしくは近辺に住んでいるけど仕事だ~!という方は、頑張って有給をとって(笑)
来年ぜひ参加してみましょう♪

心がす~~っと洗われる気分になりますよ。

それではこの辺で♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!
[PR]
by nodakurashi11 | 2015-01-22 11:18 | のだ村の行事 | Comments(0)

皆さんこんにちは♪

薪ストーブでジャンパーを焼かないように
細心の注意をはかっているしもむんです004.gif

さて、
小正月も過ぎたこの季節。

久慈地域でも特産品となっている寒じめほうれん草!!

ここのだ村でも、もれなくやってます。(笑)

このブログでもちょくちょく登場する、
ほうれん草農家の辻鼻久さん宅へれっつらごー!070.gifしてきました。

この日はとても風が強かった。(西風のようです)
c0259934_1444342.jpg

関東の方では「ちぢみほうれん草」という種類を売っていたりしますが、

この「寒じめほうれん草」は、
寒さにあたり、自分自身を守るかのように、糖分をギュ~~ってとじこめるため、
とっても甘いんです053.gif
何と、糖度は8度!
(メロンにはさすがに劣りますが、標準のトマトよりも甘いんだそう)
c0259934_14441881.jpg

c0259934_14443498.jpg

「茎が一番甘い!」
と聞いたので、ハッピーと一緒にかじってみることに…


~~~~~~~~い!(某お笑い芸人のごとく)」

「騙された気持ちで」ってよく言いますが、本当にそんな感じ。

久さんが、
「寒じめは特にも、ゆですぎないこと。ゆで時間は、沸騰して1分も要らないよ。」

と言っていましたが、納得。

加熱することによって
栄養分が少し落ちてしまうので、
なるべく落とさず、という意味でも、
1分以内をおすすめします。

のだ村在住のとある主婦の方は、もう知っていましたが・・・
(さすがですね)

こんなに甘くて美味しい寒じめほうれん草は、
色々な作業段階を経て、消費者に届きます。

レギュラー(普通)のほうれん草と違うのは、

○収穫したあとに、空気にふれさせてちぢめる作業をしなければならない
(ビニールシートの上に置いたり)
○袋づめするときに、葉が丸いため、折れないように注意をしなければならない

大きくは、この二つです。

袋づめにされた状態の違いを、イラストにしてみました。
(小学生レベルでごめんなさい)
c0259934_15274555.jpg

今回のほうれん草は、
3か月前に播種(種まき)作業をしたものだそうで、
レギュラーと比べると育成に必要な期間は約3倍です。

(よく頑張ったね。012.gif

そして、ちょっとノイズが入ってしまいましたが、
夏にジャガイモを植えていた部分!!
c0259934_1445758.jpg

さらに、秋に収穫したジャガさんたちは、一部こんな姿に!!
c0259934_14452394.jpg

歩いてみるとわかりますが、
ジャガイモにいいとされている砂地のような土質なんです。さらさら!!

春になると、
また、ここの洋子さん(久さんのおかあさん)が、
4倍速のごとく稼ぐんだろうなぁ。

いつか、皆さんに、
辻鼻家の航空写真をお見せしたいくらい広い畑です!

それでは、
少しだけですが映像をご覧ください♪

※端末によって上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧ください♪


このほうれん草は、横浜へ出荷されるそうなので、
横浜で「いわての寒じめほうれん草」を見かけた方は、
是非食べてみていただきたいと思います(笑)

そうそう、久さんが気にしていたことは、
「都会の人たちはデカい鍋を持っているのか」
ということ。

こっちの方では、
大量の煮しめを煮る風習があるため、たいていの家ではありますが、
大きい鍋がないと、寒じめほうれん草を一気にゆでることはできません。。(笑)

が!!
ひとつのコツとして・・

あまり大きい鍋がない場合は、
葉の方を少しだけゆでてちぢませたあと、
根っこから入れれば、がさばらない
ようです。

もし見つけて、且つ小さい鍋しかない方は、お試しあれ♪♪

辻鼻家のほうれん草は
主に横浜方面への契約出荷ですが、

村内で寒じめほうれん草を作っている方々は、
スマイル直売所さんや、産直ぱあぷるに出荷していますので、
ぜひぜひお立ち寄りください♪

それではこの辺で♪

本日もご覧いただきありがとうなのだ!

おまけ。
『寒じめポーズ!!withのんちゃん』

c0259934_13522378.png

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-01-16 08:47 | 何でも体験取材 | Comments(0)

       2015年!あけましておめでとうございますなのだ^^
c0259934_13425597.jpg
                      (野田玉川駅からの初日の出)


ブログを読んでくださっている皆様、
遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます♪

クリスマスぼけと正月ボケという
Wボケをかましているしもむんです048.gif

皆さんは、どんな年末、年始を過ごしましたか?

中々現代では凧を揚げたりコマを回したりして過ごす家庭は少ないかもしれませんね。
ということであえて、
今年は凧揚げをしてみました

わたしが作った凧は、
「ぐにゃぐにゃ凧」と言って、
ビニール袋を本体にし、骨の部分はストローで作るものでしたが、
中々おもしろい!!
※作り方は、インターネットで調べました

欲張りなわたしは、「もっと高くきれいに飛ばしたい」と思い、
骨部分を改造したり、ヒレの部分の長さを変えてみたりしましたが…見事に失敗。(笑)

昔はどうしてたんだろう?
今みたいに、売っているわけでもないだろうし、
作り方をインターネットで調べられるわけでもないだろうし…

と、少し疑問に感じたので、とあるおじいちゃんに聞いてみました。

「昔は、竹を切ってきて細くして骨にしたり、新聞紙を使ったよ。
一回で成功できるときもあれば、何度も改造したりしたよ。ズズズズ…063.gif(←お茶をすする)


なるほど…

自分で考えて作った凧、きれいに飛んだ時の達成感を感じてみたいなぁ。

(来年は、先生見つけて竹で作ってみようかな)

そして本日は、
野田村に18年間住んで、3年前に戻ってきたけど、
初めて知った野田村の年末の様子を少しだけお伝えします♪

年末、
村内を歩いていたら…
色々なところから煙がもくもくもくもく…
それも、母屋ではなく、家に隣接している小屋のようなところから

その中の一軒が、知り合いのおばあちゃんだったので聞いてみると、
「だんごを作っている」とのこと。

また、違うお宅では、もちをついたり、
煮しめに入れるワラビの塩抜きをしていました。

そして、本日のブログでやっと写真が登場です!
c0259934_13404199.jpg

「豆腐をひいている」と言っても、3通りくらいの使い道があるようです。

・家用
・頼まれた分
・お歳暮用


特にも、「家用」と言って作っているお宅なんかは、
「えっ、この人も豆腐、ひけるんだ!!!」なんてシーンもありました。


とある日、たまたま豆腐をひいているタイミングで3軒ほどおじゃましたのですが、
(本当にたまたまですよ!笑)

「お豆腐食べ歩きツアー」みたいになってしまいました。(笑)

お豆腐って、例えるならば、純粋なおんなのこ053.gif
みたいなイメージですが(わたしだけ?)

何とおもしろい!!それぞれ、豆腐にはきちんと特徴があるのです。

田楽用の豆腐にするかそうでないかで、固さが違うんです。

おもしろい。

c0259934_1341097.jpg

ほんわか&クレイジー!!

また、今は、母屋には薪ストーブを置いていない、という家庭もあったりするので、
小屋に薪ストーブを置いて
そこで作業をするおばあちゃんも多いようです^^

たくさんの発見があって、暇をしない年末でした016.gif

そうそうそれから、
今年の年越しそばは、
「野田村荒海ホタテ入り」という、
紅白歌合戦のおおとりばりに豪華なおそばを食べました♪
出汁も出てとっても美味しかった!!
c0259934_1341217.jpg

(年越しそばなのに、22:00頃に就寝したことは内緒…)

ということで、
本年も、魅力的な「のだ暮らし」をたくさん発信していこうと思いますので、
皆様、引き続きどうぞよろしくお願いします!


それではこのへんで。

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ♪
[PR]
by nodakurashi11 | 2015-01-06 11:17 | つぶやき | Comments(4)