みなさまこんにちは♪

更新がまちまちになってしまい、申し訳ありません。

3月11日は、野田村でも追悼式が行われました。
震災から4年。

追悼式に参列した方も、できなかった方も、
さまざまな想いがかけめぐった日。
そして、さまざまな想いで黙とうをしたことと思います。

そんな、追悼式が行われる数日前のこと。

関西方面から、学生さんたちがボランティアバス企画ということでやってきました。

「グラシア手芸の会」の、小物作りのお手伝いや、
(野田中学校仮設住宅の、おばあちゃんたちで構成されている団体です♪)

農家さんのお手伝いなどをしに来てくれたようです。

会場(中学校仮設の集会所)へ行ってみると・・・

c0259934_15161114.jpg


おばあちゃんたちも、と~っても嬉しそうです♪

c0259934_15162962.jpg

グラシア手芸の会では、
とってもキュートな小物を作っています♪♪

c0259934_15164538.jpg

c0259934_15171912.jpg

と、
その時・・・

「「おじゃましま~す」」

と、NHKの取材人の方々も…!

この「ボランティアバス」は、今始まった企画ではありません。

日本災害ボランティアネットワークが中心となり、
学生たちが企画を盛り込んだりして、何度も野田村へは来ていただいています。

農家お手伝いグループも、とても和やかな雰囲気で作業をしていました♪

c0259934_1517524.jpg

とある学生さんのお話です。

---------------
最初は確かに、「被災地のために何かしなきゃしなきゃ」っていう想いの方が強かったです。
でも今では、「あそこにいったら〇〇さんに会える!」
って、ワクワクして野田村に向かうようになったんです。

------------------------------------------------------

嬉しいですね。

そんな風に感じてくれる学生さんが増えればいいなと思いましたemoticon-0115-inlove.gif

それでは、映像をご覧ください♪

※端末によっては上手く閲覧できない場合もありますので、その場合はこちらからご覧ください♪

ちなみに、グラシア手芸の会の作品は、
観光物産館ぱあぷるや、農家食堂つきやにも並んでいますので、
どうぞお立ち寄りください♪


確実に、
一歩ずつ前向きに暮らす人々が増えてきたなと感じていますが、
復興はまだまだ。

「震災があったけど、この村に暮らしていてよかった」
そう感じる村民が
少しでも増えますように。

それではこの辺で♪

本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!
[PR]
by nodakurashi11 | 2015-03-23 08:39 | その他 | Comments(0)

みなさまこんにちは!

前髪を切りすぎて
自分でもコケシに似ているなぁと思うしもむんですemoticon-0147-emo.gif

大分、更新が滞ってしまい申し訳ありません。
お詫びに…
ではないですが、
本日は、「1か月分の笑顔」くらいの価値がある記事をお届けします!!

2/24日~2/27日、
「のだ暮らし体感交流ツアー・冬~寒い!けどあったかいのだ暮らしを体感なのだ!~
を実施しました!

※「おっ!あれか!」と思っていただいた方は、もう、暮らすのだのツウです!!
c0259934_1510527.jpg

c0259934_15112178.jpg

大阪大学をはじめ関西方面等から19名の学生さんが来村してくれました♪

今回も、民泊体験をはじめとし、三陸鉄道こたつ列車(スーパー駅長のガイド付)
漁師体験、食の匠体験(郷土料理)、エコクラフト作り体験(班別)、
そして各交流会と、

た~~くさん「ふれあえる」企画となりました★

単に体験をする、あるいは体験を繰り返すものではなく、
「のだ村の暮らし」そのものを感じてほしい
そういった意味で、「体感」という表現になっています。

このツアーを通して感じたこと、
とある学生さんが伝えてくれました。

「山も海もあるから、食材に恵まれていることはもちろんだと思うけど、
おすそ分けし合う、っていう文化そのものが残っているんだなと感じました。」


そう。
それなのです。
わたしも普段感じるのだ村の魅力のひとつ。

人付き合いが濃いからこそ、

「いやぁ~こねぇだぁ(この間)どうも~」
なんて言って、野菜等を持ってくる。
すると、
「いやいや、どうもどうも。これ、これぇ持ってってくださんし」

なんて、物々交換が始まる(笑)

実際に、民泊先の様子を見に来たほかの民泊先が、
食材を持ってきてくれた、なんてことも。

そうして、食卓に並べられたものは、
農家さんでも浜の食材があったり。

「そういう文化があるんだよ」なんてわたしから説明しなくても、
感じてくれて、とても嬉しく思いました。

普段からお世話になっている方々なので、
素敵な笑顔やおもてなしの心を知っていましたが、
学生が来ることによって、
新たな素敵な一面を見ることもできました!

そして何より、受入れ先の村民の方々が、、ず~~~っと笑ってる!

人の笑顔というものを、1か月分も見たような感覚でした。

目に見えない、当たり前の暮らしの中にある、のだ村の魅力を、
また改めて、再確認できた
期間でした!!

それでは、今回も映像にまとめてみたのでご覧ください♪

みんなの笑顔を中々カットできなくて、
20分ほどの映像になってしまいました。(言い訳)


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧ください♪

「また、会いに来たい人ができました」

そう、言ってもらえた、素敵なツアーになりました♪

学生のみなさん、
野田村の家族の顔が見たくなったら。
疲れたら。
何なら、就職が決まった報告でも。
何でもいいので、
またのだ村に帰ってきてくださいね♪

それではこのへんで!

本日もご覧いただきありがとうなのだ♪

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-03-02 16:48 | イベント関連 | Comments(4)