のだ塩を作ろう!!

塩作りしよう~ 海水を煮て~♪
何故か「雪だるま作ろう」のメロディが今更頭をよぎりました(^^;
さて、いよいよ学生の皆さんは夏休みに突入ですね。
野田村には夏休みを楽しむ体験や場所がたくさんありますよ~!!
ということで今回は大人から子どもまでが気軽に楽しめる、
のだ塩作り体験をご紹介しちゃいます。
尖った塩味ではなく、まろやかな塩味が後からやってくる、のだ塩。
のだ塩作りがえぼし荘で体験できるということで、我々応援隊も早速塩作りに
行ってみました。
c0259934_16554960.jpg

c0259934_16561196.jpg

4名で体験ということで2名ずつに分かれ、のだ塩を作ります。
まずはフライパンに入っている濃縮された海水を熱します。
この海水は普通の海水を10時間程度煮詰め、10倍位の濃度にしたものを
使用しているそうです。
待つこと数分、あっという間に海水がブクブク泡を吹き出し始めます。
c0259934_1657877.jpg

そのまま沸騰させていると海水が白く濁りはじめ、フライパンのフチに白い塩が付着してきます。
その塩をヘラで落とし、海水に馴染ませます。
その作業を続けていると海水がドロドロに。何となく塩っぽくなってきました。
c0259934_16573449.jpg

ここからが重要です。フチについている塩を落としながらドロドロの海水も丁寧にかき混ぜて
均等に水分をなくしていきます。
ある程度水分がなくなったら火を止め、目の細かいネットに塩を入れ、水分を落とします。
c0259934_1658446.jpg

ここで塩と分離された水分、これが豆腐作りなどで使われる「にがり」です。
このにがり成分をある程度落としたら再び塩をフライパンへ投入、水分を飛ばしていきます。
c0259934_16583657.jpg

素早くフライパンをかき回し水分を飛ばしていくと、のだ塩の完成です。
c0259934_1042010.jpg

市販しているのだ塩が用意してあり、自分達で作ったのだ塩と食べ比べ。
ん~、作った方がしょっぱい!!にがり成分を取り除く量によってしょっぱさが変わるそうです。
同じ工程で作った2つのフライパンでも味が異なります。
出来上がった塩はもちろん持ち帰りできるので、ご自宅で様々な料理に使えます。
c0259934_16591145.jpg

また、塩作り体験後にえぼし荘で食事をすれば自分で作った出来立ての塩で天ぷらを食べたりも
できちゃいます。
夏休みの子供の自由研究などにもいかがでしょうか?
時間も30分程度と短時間なので小さいお子様でも飽きることなく体験できます。
その他えぼし荘ではホタテの殻むき体験などもあるので一緒に体験するのも楽しいですよ♪

のだ塩作り体験後はのだ塩工房を見学しました。
ここでは市販されている、のだ塩の作業工程を見ることができます。
c0259934_1775649.jpg

のだ塩の原料となる海水は野田港の地下5mで自然に濾過された海水を使用し、薪でじっくりと
煮詰めて作られます。これを「直煮製法」と言うそうです。

のだ塩がなぜ直煮製法で作られたかというと、
●ヤマセがあり天日干しが向かなかった
●十府ヶ浦海岸で海水をすぐに汲み上げることが
 可能だった
●野田村には数か所の鉄山があり、鉄が豊富に
 採れたため、煮詰める窯を作ることが可能だった
●海だけではなく山の資源も豊富なので薪に
 困ることがなかった
など野田村ならではの条件が重なったからこそ、美味しい塩が出来上がるそうです。
出来上がった塩はしっかりと脱水し、乾燥室で丸1日かけて乾燥し、手作業で不純物などを
チェックし袋詰めされるという、まさに手塩にかけた塩になっています。
c0259934_10213782.jpg

のだ塩工房は元々野田港の脇にありましたが、東日本大震災で流され、高台のえぼし荘の
敷地内に2012年に移転しました。その際作られた窯は小久慈焼の窯元さんが構造を考えた
レンガ造りの窯で、蓄熱性が高く、海水をじっくりと煮詰める作業に適しており、さらに窯の熱を
乾燥室に送り込み利用し、エネルギーを無駄なく活用できるという素晴らしい窯です。
c0259934_10303498.jpg

塩作り体験も、のだ塩工房見学も実際に来て、作って、味わって、見てもらえればのだ塩の良さを
さらに知ってもらえると思います。夏休み、野田村で楽しい体験しちゃいませんか?!

のだ塩体験情報
料金 1名様あたり500円
人数 2名~100名
時間 約30分
場所 国民宿舎えぼし荘
住所 〒028-8202岩手県九戸郡野田村大字玉川2-62-28
交通 三陸鉄道北リアス線野田玉川駅から車で5分
電話 0194-78-2225
予約 希望日の3日前までに電話にて要予約

のだ塩工房(見学無料)
見学可能時間8:00~17:00
見学をご希望の方はえぼし荘フロントまでお申し出下さい。
(基本的に日曜・祝日・木曜が休みですが問い合わせてみて下さい。)

ちなみに道の駅のだには牛方とベコの像があり、観光物産館ぱあぷるにはのだ塩を使った商品を
たくさん販売しています。
c0259934_10502130.png


それでは体験と見学を動画にしましたのでご覧下さい。



※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪



                                                  (もりりん)

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-07-31 15:32 | 何でも体験取材 | Comments(0)

ウニの口開けなのだ♪

7月半ばの出来事です。


野田村でウニの口開けがありました(^^)
ちなみに、この辺の地域ではウニをカゼと呼びます。
(わたしはウニよりカゼの方が馴染みがある♪)


この日は今年初めてということで
応援隊も張り切って行ってきました!

c0259934_09350379.jpg

わたしたちが野田港に着くと、
たくさんの人!(ほとんどの方が白いヤッケ!)


さっきーの家の方々も、作業しているとのことで、
ちゃっかり参加させてもらいました♪

さっきー家族を探すこと5分…
やっと見つけた~!!

c0259934_14263005.jpg

というわけでさっそく作業開始!
わたしたちはウニの内臓を取る作業を体験。

c0259934_09374211.jpg

やってみると、身から剥がれる時の
するっ(?)とした感覚が楽しい~!


1時間後…
あれ?肩がこった~!腰が痛い~!
慣れない作業はゆるぐない。(大変)

c0259934_14215586.png

でも、大人数での作業だから
苦ではないんです(^^)!


というわけで、
作業風景を動画にしましたのでご覧ください♪


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪
(ぐっち)


[PR]
by nodakurashi11 | 2015-07-28 17:00 | 何でも体験取材 | Comments(0)

こんにちは058.gif
最近…いや、結構前から祖母に
「なぁしてそったさほずがねぇやぁ?」
(何でそんなに物忘れするのか?)
と言われるぐっちです042.gif

その通り、ほずなしです。(記憶がありません)
祖母のほうがしっかりしています(笑)
誰か物忘れしないコツを教えてくださいm(__)m

c0259934_15382738.png

7月某日、野田小学校4年生
田んぼ作業体験事業の2回目
草取り&生き物観察
がありました。
第1回目の記事はこちら↓
野田小学校4年生 田植え体験なのだ♪

c0259934_11092577.jpg
あれ?
そういえば稲の並びが
綺麗になっている
ような…

しっかりと育つように
手直ししてくれたそうです(^^)
(見えないところで管理してくれています!)


ちなみに、3本ずつ植えた稲が
18本~24本ぐらいずつに
なったそうです!

c0259934_11120281.jpg

「雑草は米に必要な栄養分を横取りしてしまうし、
藻が出ると太陽の光が土の底まで届かず、水が温かくならない。
今すごく大事な時で、草取りが必要です。」
と前回から引き続き指導して下さった広内さんより話がありました。

c0259934_11140935.jpg

除草機も使って草取り作業をしたのですが、
これが結構大変そう…。
4年生も苦労して使っていました。

でもみんなが苦労して作業したおかげで、
雑草の根が取れて、土と水が混ざって
酸素が入りました!
これでもっと大きく元気に育つはず…♪

c0259934_11200249.png

生き物は昨年より少なかったようですが、
カエル、ヤゴ、ゲンゴロウ、アメンボ、
ドジョウ、おたまじゃくしなど
たくさん観察することが出来て、
みんな楽しそうでした♪


それでは、草取り&生き物観察の様子を
動画にしましたのでご覧ください。


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪


(ぐっち)

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-07-24 08:57 | Comments(0)

笑顔いっぱいの交流会!!

先日、若妻会の取材にお邪魔した際、7月に八戸の中学校の方々と交流会があるから
ぜひ見に来て~!!と話があったので、お邪魔してみました。001.gif
野田村に来てくれたのは八戸市立長者中学校のみなさん。

長者中学校と野田村との交流は2年前から始まり、今年は1学年の3クラスがクラス毎に分かれ、
前田小路地区、門前小路地区、北区地区の方々とふれあいました。018.gif

前田小路地区の若妻会の皆さんは生涯学習センターの和室で交流。
あいさつの後、早速けん玉、あや取り、メンコ、折り紙の班に分かれて交流します。040.gif
c0259934_15534134.jpg

初対面ながらもすんなりと話し出す中学生たち。楽しそうに教わる若妻会の皆さん。
今の思春期の中学生たちってすんなりと交流できるんだ~と思わず感心。005.gif
自分が中学生の頃だったらこんな機会があったらきっとクラスの半分は休んだろうな…などと
時代の流れを感じずにはいられませんでした。(時代の流れ?地域性?)

中学生たちが25名、若妻会の皆さんが13名、応援隊3名に先生が1名。
計42名が密集する和室は賑やかで熱気ムンムン。

けん玉を生徒さんたちに教わり、見よう見まねで何度も挑戦します。
c0259934_1554633.jpg

なかなか上手くいきません。

こちらではあや取りを手を取り教えてもらっています。
c0259934_15542454.jpg

メンコに夢中。最後に賞状をもらって嬉しそうです。
c0259934_15545024.jpg

c0259934_155510100.jpg

折り紙中です。家に持ち帰ってつなげて部屋に飾るそうです。
c0259934_1605858.jpg

なんだかみんな子どもに戻ったような無邪気な笑顔です。
その楽しそうな光景を見ていると我々もやってみたくなり、我々も仲間に入れてもらいました!!
c0259934_1675556.jpg


交流が終わると中学生たちから合唱のプレゼント。
c0259934_1633478.jpg

素晴らしいハーモニーを奏でてくれ、若妻会の皆さんもその歌声にウットリ。
最後に中学生からのあいさつがあり、記念写真を撮影し、一人ひとりと握手をして終了。
c0259934_15563652.jpg

あっという間の交流に中学生も若妻会の皆さんも名残惜しそうです。
孫のような中学生たちと真剣に、そして笑顔で接している若妻会の皆さんと、
交流する中学生たちの顔はみんな輝いていました!




※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪


                                              (もりりん)

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-07-21 16:18 | イベント関連 | Comments(0)

こんにちは018.gif

先日、野田中学校2年生による職場体験が行われました。
体験したのは、2年生31人
2日間、14か所の職場に それぞれわかれて体験しました。
私たち応援隊も村内を巡り、中学生の活躍ぶりを取材させていただきました!!


まずは、朝イチで 野田港
野田港といえば、野田養殖組合長の勝さん!
c0259934_08315060.jpg


c0259934_14562017.jpg

蓄養センターで町田センター長と荒海ホタテや荒海カキを箱詰めし、発送準備
c0259934_09093936.jpg

洗浄したカキをネットに入れ直す作業
(船にも乗ったみたいですね~)
c0259934_14550806.jpg



日向保育所

園児チームvs中学生チームで玉投げゲーム!
(時間内に相手チームのコートに多く玉を投げ入れたチームが勝ち)
c0259934_09102049.jpg

ゲームを通して、子供たちの投げる力を養っているのだそうです。
c0259934_14575971.jpg



かまどのつきや

郷土料理の『けいらん』『うきうき団子』作り
c0259934_09104875.jpg


c0259934_14560905.jpg


c0259934_15001562.jpg



食べ終わって休んでいると、、、


「IBC岩手放送 わが町バンザイ!でーす!!」
と、テレビの取材陣が!!!
c0259934_09111839.jpg


c0259934_15022888.jpg




道の駅のだ
レストランぱあぷる
(2F)
ウエイトレス!
注文を受け、配膳、片づけ、会計
手慣れた様子で接客していただきました。
c0259934_15193126.jpg

c0259934_09113815.jpg



観光物産館ぱあぷる(1F)
塩蔵わかめの袋に真わかめのシール貼り
c0259934_08523621.jpg


ソフトクリーム作り&販売!
c0259934_15094625.jpg

c0259934_09233618.jpg



関本美容院

おおおおおーーー 首・・・
髪も巻いてるーーー! なんだか本格的!!!
c0259934_09121945.jpg

c0259934_15061787.jpg

c0259934_15063079.jpg



まるきん
和菓子を作ったそうです。
(私たちが着いた時には作り終わっていました…残念…。)
c0259934_15114604.jpg

c0259934_15020405.jpg



十府ヶ浦食堂

飾り包丁!?
ニンジンとキュウリで『ちょうちょ』を作っていました。
何度も練習した形跡…
c0259934_09165849.jpg


c0259934_15000717.jpg



私たち以外にも 突撃取材があったりとビックリすることもありましたが
中学生たちは、それぞれの職場で、それぞれの仕事に 一生懸命取り組んでいました017.gif

中学生のみなさん、恥ずかしがりながらも撮影させてくれてありがとうございました。
職場のみなさま、撮影に快く協力していただきありがとうございました。



c0259934_08544907.jpg

IBC岩手放送「わが町バンザイ!~野田村編」は
7/22(水) 19:00~放送されるそうです。
お楽しみに~060.gif
(岩手県のみでの放送です。)



それでは、すべて回りきれませんでしたが
各職場で頑張った中学生の様子をご覧ください。




※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪

(さっきー)



[PR]
by nodakurashi11 | 2015-07-16 12:59 | その他 | Comments(2)

復興が日々形となり、
野田村の変わって行く景色を目の前にして
応援隊はふと大切なことを思い返しました。

c0259934_16205261.jpg

東日本大震災。
※野田村の被害状況
 人的被害
 死者37名(うち村民28名)、負傷者17名
 住宅被害
 全壊311戸、大規模半壊136戸、半壊・一部損壊68戸

あの日あの時まで、正直に言うと
わたしは村のために何かしたいとか
あまり考えてはいませんでした。
(応援隊になってから改めて野田村の良さを知り、
野田村のために何かしたい!と現在奮闘中です。)


あの日あの時に野田村では何があったのか
あれからどう復興に向かっているのか


野田村では震災の教訓を
多くの方々に記憶していただくため、
大津波の脅威を語り継ぎ、
復旧と復興への様子をご案内する
震災ガイド(被災地ガイド)を実施しています。

野田村のことをもっと知るために
応援隊も震災ガイドしてもらおう!

そんな話になり、
野田村観光協会ブログでお馴染みの
ハルさんへ相談し、震災ガイドの内の1人
吉田照夫さんにガイドしていただくことに。
(震災ガイドは全部で5名います。)


c0259934_16164889.jpg

吉田さん、チャーミングな笑顔と
野田弁(野田村の方言)が
素敵な方です(^^)!



c0259934_16451057.jpg

震災ガイドの様子は、実際に野田村を訪れて
体験していただきたい
ので
動画で少しだけ皆さんにお届けします。

野田村の震災当時と現在の様子に触れて
何か感じていただければと思います。

わたしたち復興応援隊も改めて
野田村の復興に関わっていこう!
そう決心したのでした。



※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪



(ぐっち)

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-07-14 08:37 | Comments(0)


こんにちは018.gif

野田村の日形井(ひかたい)地区にあります
築150年以上の南部曲り家で民宿苫屋を営んでいらっしゃる
坂本ご夫妻に会いにいってまいりました。
c0259934_15491103.jpg

坂本ご夫妻は、23年前 旅の途中、
お隣、久慈市の山根地区で偶然「アジア民族造形館」の案内板を見つけ
「何あれ!?行ってみよう!」と野田村日形井地区を初めて訪れたそうです。
(苫屋は、アジア民族造形館のすぐそばです。近くにはアジアの広場(公園)などもあります。)


c0259934_16491318.jpg



「何ここ!!」興味津々!!!

そんな話を当時アジア民族造形館で働いていた方としていたら
「それなら住んでみたら!?」と苫屋を紹介され
その日、泊まり、そのまま苫屋のオーナーになってしまったそう!!!!
(自宅や畑は苫屋の先にあります。)
c0259934_15140124.jpg


c0259934_15120503.jpg



23年前の日形井地区は、まだ水道も引かれておらず
タイムスリップしたような感覚だったそうです。
(日形井地区には、キレイな川が流れています。)

同じ日本なのに言葉も違うし、生活も違うし、
まるで異国にいるみたい!!!

方言を聞くのも覚えるのも おもしろかった!!
(坂本さんは関西の出身です。)



野田村ならではの料理法!?
汁はどこ!?これは、おかず!?って思うほど
具だくさんの味噌汁
何日食べるの!?お皿?お椀?何にどう盛り付けたらいいの!?と思った
大量に作られる煮しめ

季節の野菜がどかーん
と並ぶ食卓

すべてが新鮮!!!!


最初は、軽い気持ち。
飽きるまでやればいいよいね~。とやることにしたの。
以前住んでいたニューヨークは5年で飽きたけど
野田村は未だに飽きないの~!
と笑顔で話す奥様の久美子さん043.gif
c0259934_17081474.jpg





この苫屋、電話がない民宿ということで、TVに紹介されたこともあります。
予約は、はがき・手紙のみになります。
c0259934_15514331.jpg


民宿のほか、昼にはランチ営業もしています。
この日のおまかせランチは わらびとチキンのクリームシチュー!
c0259934_8581835.jpg
使われている食材は、坂本さんの畑や近所で採れたものが中心です。
(だらすこ工房の箸置き!)
(ケーキは別売り\250)
c0259934_15541635.jpg


c0259934_16312045.jpg

c0259934_16392621.jpg

最後に、さっとこ告知、、、
たまにライブ会場にもなる苫屋!
次回は 9月5日(土) 18:00~
EARTH VS MYBLUES in 苫屋
みんなで見に来るのだ~♪

(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2015-07-11 08:30 | その他 | Comments(0)

海の恵みを満喫!!

野田の海シリーズ第3弾!!001.gif
第1弾第2弾とホタテを取り上げましたが今回は別路線です。
先日ホタテの付着物除去作業体験に伺った際、港で釣りをする方々を見かけたので話を
伺ってみるとチカ釣りをしており、結構釣れている様子でした。
c0259934_1556726.jpg

もともと釣り好きなもりりん。
船釣りは応援隊のみんなで行くには敷居が高そうだから釣り船の取材をさせてもらうことにして、
まずはみんなでチカ釣りをしてみよう!!ということになりました。003.gif
しかし、餌や仕掛けもわからない…そこで野田村で釣りといえばこの方。
観光物産館ぱあぷるの佐々木陵太さんにご指導してもらいました。

c0259934_920483.jpg

チカ釣り初体験の応援隊4名。仕掛けと餌は言われた通りに準備したものの、餌のつけ方さえも
わからない我々に的確なアドバイスをしてくる佐々木さん。

c0259934_9203456.jpg

徐々にアタリがき始めます。ポツポツではありますが釣れ始めます♪

c0259934_9205786.jpg

本命のチカをはじめサバ、ハゼ、カジカなどが釣れます。サバは7~8センチ前後でしたが群れで
ボラの稚魚を追い回した際に掛かるようで、釣れる時はダブル、トリプルで引きが楽しめます!!

c0259934_9233630.jpg

最終的に5人で100匹程度釣れ、みんな非常に満足して終了。
釣れた魚は各自持ち帰り、唐揚げなどで美味しく頂いたのでありました。

c0259934_932589.jpg


後日、下安家で釣り船をされているまったけ丸の澤口克男さんにお話しを伺いました。
c0259934_13182375.jpg

澤口さんの本業は漁師さんで、刺し網漁の他にホタテやワカメ、昆布などの養殖もされています。
釣り船の取材ということでお話しさせていただいたところ、釣り船だけではなく、観光船も
やられているということでご厚意で観光船体験をさせていただきました。
まったけ丸に乗船し下安家漁港を出発。
まず初めにえぼし岩へ。道路から何度かは眺めていたものの、船で至近距離から見ると
迫力が全く違います!!当たり前ですが、えぼし岩デカっ!!

c0259934_921486.jpg

えぼし岩のテッペンにはミサゴの巣が。
ミサゴは魚鷹とも言われ、空中で静止するホバリング飛行や急降下が可能。
急降下する姿が美しい鳥で、英語名はオスプレイだそうです。

c0259934_9221039.jpg

えぼし岩に大接近した後は潮吹き岩へ。
確かに波が岩に打ち寄せると岩の中から勢いよく潮を吹きます!!

c0259934_922343.jpg

その後も澤口さんがガレキ撤去をされていた際に琥珀を発見した8,500万年前の地層や十府ケ浦、
夫婦岩やNHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」で夏ばっぱが東京へ行く春子さんとアキちゃんを
大漁旗で見送った場所など、見どころ満載で野田の景色※一部普代ですが(^^;;を海から
眺められる贅沢な時間を味わうことができました。045.gif

c0259934_13275477.jpg


観光船は定員が6名位で料金は人数にもよるということですが、5名以上であれば一人だいたい
1,500円程度で乗船時間は1時間半弱位です。相談により時間は調整可能だそうです。
知人、友人、家族などと普段は見られない海からの野田村の景色をご覧になってみては
いかがでしょうか。(彼女と二人でデートなんかもいいな~♡あ、相手がいなかった…007.gif
誰か一緒に船デートしてみませんか?なんて思っちゃう位素敵ですよ。)

それでは本題の釣り船まったけ丸さんの情報です。現在釣れているのはヒラメ、アイナメ、
ソイあたりで、ヒラマサがボチボチとのこと。初心者でも貸し竿などもあり、
澤口さんが教えてくれるそうです。定員は5~6名で餌釣りの場合は4名。(※餌は各自準備)
料金は人数などにより変わるので直接澤口さんへご確認下さい。030.gif

c0259934_11571789.jpg

船にトイレはないので漁港のトイレで用を済ませてから乗った方がよさそうです。

最後に澤口さんに野田の海の魅力を伺ったところ「川から流れてくる水がキレイだから海産物も
いいものが育つんだよ」ということでした。018.gif

c0259934_1314010.jpg

山の落ち葉や土に含まれるミネラルなどが雨水や地下水などに溶け込み、川に流れ込み、
その水が海に流れ込むことで豊富なプランクトンを発生させ、美味しい海産物が育つという
食物連鎖の基礎がこの野田村には今も変わらずあるんだな、と改めて考えさせられました。

目で景色を眺め、耳で波の音を聞き、鼻で海の香りを感じ、口で釣った魚を食べ、魚が掛かる
アタリを手で感じる…海の恵みを五感で感じることができました。
みなさんも野田村の海を満喫してみませんか?


釣り船・観光船のお問い合わせは
下安家漁港 まったけ丸 澤口克男さん
090-7565-0931 までどうぞ。
まったけ丸澤口さんのブログはこちら


c0259934_1342124.jpg



それでは体験風景を動画にしましたのでご覧下さい。



※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪



                       (安家川で鮎釣りもやってみたい!!もりりん)
[PR]
by nodakurashi11 | 2015-07-07 15:31 | 何でも体験取材 | Comments(0)

先日、充電ステーションについての記事
ブログに掲載しました。


すると、野田中学校の電気使用量が
前年の約半分になっているよ!

との話が聞こえてきました。


な、なんと005.gif!どんな秘密が!?

気になった私達は野田中学校へ
話を聞きに行ってきました。

c0259934_11421958.jpg

この日、話をしていただいたのは
野田中学校 柏舘秀一 副校長先生です。

c0259934_11230449.jpg

まずは「どういった努力をしましたか?」と
直球な質問を投げかけてみました。

野田中学校では一番簡単なところで
電気料金、電気使用量のグラフを
職員の冷蔵庫に貼り『電力の見える化』
図っているそうです。

c0259934_08540001.jpg

このグラフを見ると、昨年の8月にガクッと
電気料金、電気使用量が減っていて、
聞いてみると、復旧・復興の方法として
村が取り組んだ電力削減事業( スマートグリッド通信インタフェース導入事業)
で従来の蛍光灯からLEDに変えた時だとのことでした。
太陽光発電も上手に利用しているようです。

スマートグリット通信インタフェース事業 … 村内の公共施設を蛍光灯から
LED照明に変えたことにより、ピーク電力の抑制(デマンド制御)や照明の明るさを
自動で調整することが可能となりました。




また、先生方への呼びかけとして、
●20%節電運動のステッカーをスイッチに貼り付け
●退庁時刻のルール化
●ストーブ使用へのこだわり
(ファンヒーターをやめ、だるまストーブへ⇒燃費3分の1)
●先生方のパソコンをスリープタイム設定する
などを行っているそうです。

c0259934_16384807.jpg

他にも省エネ対策として
●電気ポットから保温用ポットへ変更
●屋外灯をソーラー電灯で代替
(移動式なので必要なところへ移動して使用)
●体育館照明の小まめな消灯
●廊下やトイレは人感センサーに変更
など、徹底しているようです。

c0259934_16494116.jpg

グラフを見るとここ数か月も減りがあるので
それはやはり、節電意欲が上がってきている
全員の努力なんじゃないかなとおっしゃっていました。


生徒達の節電意識も上がっていますか?と
聞いてみると、
特に生徒達に何かを言っているわけではないそうで、
「意識の変化も特にないんじゃないかな。でも、
先生方も生徒達も部活の朝練が始まって、朝型の生活になったことで
節電にも繋がり、学校自体が元気になっていますよ~!」と
副校長先生はおっしゃっていました。

節電に徹底して取り組む先生方を見て、
生徒達も何かを感じ取って意識が上がっているんじゃないかな~
と、わたしは密かに感じました。
(授業中だったため、生徒達に話を聞けなかったのが残念025.gif


ちなみに…グラフを冷蔵庫に貼る』
これは家庭でも出来ることですね♪
そして意外と効果が出てくるそうです!
(わたしも試してみよう♪)


先生方の、退庁時刻をルール化することで
過労にならない、家族サービスが出来るなど
金銭面以外でのメリットも教えて下さいました(^^)

c0259934_17071889.jpg

「そんなに特別なことはしてないですよ~!」
と副校長先生は謙遜していましたが、
徹底した節電意識がすごいです!!
見習わなければ!と思いました。
お話を聞かせてくれました柏舘副校長先生、
大変ありがとございましたm(__)m



皆様もぜひ節電生活してみませんか(^^)?


(ぐっち)

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-07-03 08:39 | Comments(2)