c0259934_16431868.png
野田村のとある日の出来事ですemoticon-0133-wait.gif8、9月にグラウンドゴルフ教室が開かれるとの情報をキャッチ!
教育委員会主催のイベントで野田村内の久慈工業高等学校隣の「山村広場」内をスタート地点として開催されましたemoticon-0126-nerd.gif次回予定では11月頃にパターゴルフ教室があるという事をお聞きしましたemoticon-0159-music.gif
c0259934_9424486.png
ルールは簡単で、打った合計のスコアが少なければ、少ないほど優勝に繋がりますemoticon-0178-rock.gif
1ホールの上限は、どんなに下手こいても7打どまりというのも初心者には嬉しいですねemoticon-0159-music.gif
c0259934_16310570.png
男性陣の皆さんは、どの方も貫録がただよっていますemoticon-0133-wait.gif今大会1位の方はこの熟年男子
グループからで、確かに小石や地形のラインも見極めている気がしましたemoticon-0137-clapping.gif
c0259934_9125367.png
2番ホールから第1打を打ったさっきー隊員のショットは、本来なら2番ホールのホールポストを
狙いに行く所、繰り出したミラクルショットは何と!2つ先の4番ホールへホールインワンemoticon-0105-wink.gif
実際には滅多に出るものではないので、本当にホールインワンになると合計スコアから3点も
差し引いてくれる、非常にレアな場面なんですemoticon-0133-wait.gifもちろん今回は、正規のホールポストでは
なかったので、残念ながら…何でもないですemoticon-0174-bandit.gif
c0259934_16265998.png
ん?さっきーは確か応援隊の組だったのに、先発のお母さんたちのホールに先取りで(間違って)
インしちゃったものだからemoticon-0136-giggle.gif慌てて仕切りなおして2番ホールポストへ狙いを定めて打って
戻ってきて貰っていますemoticon-0141-whew.gifこれも初心者ならではのご愛嬌という事でemoticon-0122-itwasntme.gif
c0259934_9154912.png
上級者むけコースは何と!まさかの山村広場を飛び出して、ライジングサンスタジアムへと
向かう斜面ですemoticon-0165-muscle.gifこの上級者コースでは上限の7打に収めるのに、皆さんなかなかの大苦戦でemoticon-0141-whew.gif
でも盛り上がりは最高潮だったのでは?emoticon-0102-bigsmile.gif
c0259934_913519.png
ホールポスト前に、なんと!石ではなく木の根っこがemoticon-0103-cool.gif流石に木の根は取れませんが、
確かさっきお母さんたちは草むしりをしていたような…emoticon-0127-lipssealed.gif草を切ったりするのも本当は正式の
ルールでは、+1のペナルティになってしまうので、こちらも今日は野田村ご愛嬌ルールでemoticon-0105-wink.gif
c0259934_9131819.png
スタートして直ぐに石の間を通り抜けるコースemoticon-0105-wink.gifここでも色んな面白いドラマが
観られましたぞemoticon-0136-giggle.gif石の上を飛び越えていくスーパーショットも凄かったですemoticon-0159-music.gif
c0259934_9124094.png
各組ともコースを巡ってる内に、自ずと結構な距離を歩いてしまうので、健康的な運動量
と笑いが盛りだくさんでしたemoticon-0144-nod.gif私はカップルでグラウンドゴルフをしたら心の距離が間違いなく
縮まるなと密かに思いましたemoticon-0152-heart.gifそんな野田村的合コンも有っても良いんじゃないかなemoticon-0123-party.gif
c0259934_9313495.png
(春からに引き続き、秋の夜長も恋の季節な ゆーじ王子より)
それでは、愉快なグラウンドゴルフの様子を動画にしたのでお楽しみ下さいemoticon-0160-movie.gif 
※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪


[PR]
by nodakurashi11 | 2015-09-28 08:44 | 何でも体験取材 | Comments(0)

ホヤの分散作業

8月最終日、野田港でホヤの分散作業を行うということで取材に伺いました。
ホヤは12月に幼生が付着したロープをビニールパイプに巻き付け外海に放流し、
c0259934_14275444.jpg

成長したホヤを8月下旬あたりに一旦港に引き揚げて、
c0259934_14343240.jpg

ロープを解いて付着物を取り除き、
c0259934_14552611.jpg

50㎝位ずつに切ったロープをさらに太いロープに巻きつけ、再び外海に放流して
養殖するそうです。
ロープにはホヤの仔、貝などがビッシリ。貝などの余計な付着物を取り、
c0259934_16333136.jpg

太いロープに巻きつけるのですが、その際に巻きつけた部分を止めるのはなんと、
「結束バンド」。切れづらく、腐らない。ということで使われているそうです。
c0259934_14572627.jpg

結束バンドで太いロープにつながれたホヤの仔が付いたロープは様子を見ながら12月位まで
沖で養殖されます。
ちなみにホヤは産卵の時間があるそうで、朝型・昼型・夜型と別れているそうです。
育ったホヤを間引きし、再び沖で養殖という作業をおよそ半年位のスパンで繰り返し、
3年程で立派なホヤに育つそうです。
c0259934_14583976.jpg

私も野田村の丸々としたホヤを数か月前に食べたのですが、身は重く、中身もたっぷり。
独特の風味も口の中いっぱいに広がって最高でした。
毎年約60本程度の養殖用のロープを漁友会で作り、後は個人でやっている方もいるそうです。
c0259934_1640484.jpg

しかし、ホヤ好きな私からすると美味しい野田のホヤをもっと多くの方に
食べてもらえないのかと思ったのですが、野田ではホヤの養殖は難しいそうで、
養殖場所もホタテよりも沖で行うそうです。荒海ホタテもそうですが、沖で育てることによって
豊富なプランクトンを摂取でき、大きく育つそうです。
漁師さんにとっては手のかかる作業ですが我々は美味しい地元の海産物をいただける。
野田の海と漁師の皆さんに本当に感謝です。

話は変わりますが漁師さんって皆さんどんなイメージですか?
自分は野田村へ来る前は漁師は寡黙で怖そう、でも心は優しい。といった
イメージだったのですが野田村に来て印象はガラッと変わりました。
c0259934_15341424.jpg

思いやりがあって、面倒見が良くて、面白い。そして優しくカッコいい、に。
ということで今回の作業の様子を動画でご覧ください。



※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪


                (ロープごとホヤを買い占めたいくらいホヤ好きなもりりん)
[PR]
by nodakurashi11 | 2015-09-24 13:52 | その他 | Comments(0)

 早いもので1ヶ月近くも経ってしまって、久慈の秋祭りの声を聞いて、ハッと目が覚めた
ゆーじ王子ですemoticon-0127-lipssealed.gif8/21~8/23に行われた『愛宕神社例大祭 野田まつり』。
震災のあった2011年は、毎年恒例の「愛宕神社例大祭」としては中止になりましたが、
全国からの支援により『野田村復興イベント』として開催されたそうですemoticon-0133-wait.gif
今年もそんな数々の温かい絆や繋がりを残したまま、震災後4回目の開催となりましたemoticon-0160-movie.gif
c0259934_09075417.png
今でも野田まつりの2日目の「中日」には、遠くは九州 福岡県の福岡大学附属若葉高等学校
ダンス部の素晴らしいパフォーマンスや山車制作に各方面のボランティアの方々も加わって
下さっていたのだと後から理解しましたemoticon-0133-wait.gifこれは本当にありがたい絆ですねemoticon-0150-handshake.gif私はせっかく
4月から野田村民として住んでいますので、今回はその準備風景からレポートです!
c0259934_1352150.png
妥協8割、制作2割と謙遜していらっしゃいましたが、本気さがビシバシ伝わって来ましたemoticon-0116-evilgrin.gif
下組は今年も手づくりの山車で祭りに臨みましたemoticon-0122-itwasntme.gif山車正面のテーマは「西遊記」です。
三蔵法師が引く手綱の長さを測って縄を準備したり、全体の色から『手縄は金色だと袈裟(衣装)
の色に被るし、目立ちにくいので青色にすっぺ』など現場で次々と決まって制作されていきますemoticon-0133-wait.gifちなみに見返りは「ドラゴンボール」emoticon-0171-star.gifあ!これは【孫 悟空】繋がりだemoticon-0165-muscle.gif
c0259934_16105050.png
c0259934_1352109.png
祭りの前日には、山車が全て完成し、その上に乗って子供たちもお祭り本番に向けて最後の
練習ですemoticon-0165-muscle.gif山車制作に関わってきた大人たちも何だか厳かな雰囲気の中、お囃子に耳を傾け
じっくりとその様子を見守っていましたemoticon-0125-mmm.gifかつては太鼓を叩いていた事、これまでの山車制作の
ご苦労、今年も無事お祭りを迎えられた事への感謝や、震災後の時の流れを感じるのか、なんとも言えぬ神妙な面持ちでした!この時この場に居合わせた事をとても光栄に感じましたemoticon-0133-wait.gif
c0259934_13531475.png
c0259934_13552230.png
下組の山車引きに参加するため、凛々しくハッピに着替え練習する八戸高専の生徒さん達ですemoticon-0122-itwasntme.gif
c0259934_11395258.png
c0259934_135571.png
c0259934_14354946.png
c0259934_14291395.png
お囃子の音は、心に深く染み渡りますemoticon-0122-itwasntme.gifどの組もお盆よりずっと前から祭りのために
練習を遅い時間まで、一生懸命頑張って本番に臨みましたemoticon-0133-wait.gif私はそんな直向きな姿も拝見
させて頂いてましたので、本番は余計にどの組も晴れの舞台で凛々しい姿に見えましたemoticon-0115-inlove.gif
c0259934_1140880.png
c0259934_1345940.png
お祭り2日目の22日(土)【中日】の野外でのステージイベントが今年は雨の影響により
全て体育館での披露となってしまいましたが、どれも素晴らしいステージだったそうでemoticon-0159-music.gif
私は私用【メガネ紛失事件…】があって、全部を見られなかったのが残念でしたemoticon-0120-doh.gif
c0259934_14352657.png
お祭り2日目にご参加の方は、もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、震災前から
YOSAKOIソーランを通し野田村と交流があり、震災後も野田村での震災支援など復興に
多大なるご尽力を頂きました伊藤多喜雄さんに野田村観光大使・第1号が委嘱されましたemoticon-0105-wink.gif
『野田村観光大使』とは野田村の質の高い食素材、豊かな自然環境や観光情報を広く紹介し、
本村の知名度向上と観光産業の発展を図るため設置されました。
c0259934_8553177.png
また野田村では、「心はいつものだ村民」制度を制定しました。野田村から離れていても、
心はいつも野田村と共にある方を「心はいつものだ村民」として登録し、登録者には野田村の
旬な情報を随時お知らせします。そしてこの度、伊藤多喜雄さんが「心はいつものだ村民」
第1号として登録されましたemoticon-0142-happy.gif
c0259934_14480438.png
c0259934_13403493.png
お祭り最終日は、山車のお帰りや愛宕神社前で山車の共演などがありましたemoticon-0123-party.gif
また私は初日には、撮影で参加できなかった神輿担ぎに野田神輿会で参加して来ましたemoticon-0165-muscle.gif
更にこのご縁は9月17日からの久慈の秋祭りへと繋がりますemoticon-0148-yes.gif
c0259934_11383153.png
こうして野田村の祭りは、あいにくの雨に少し影響は受けましたが、来年にまた紡がれる
地元の熱い想いやご縁から生まれた各地の温かな絆ともに夜が更けて行ったのでしたemoticon-0171-star.gifemoticon-0182-poolparty.gif各組の山車のテーマや詳細を知りたい方は、観光協会ブログこちらへどうぞemoticon-0128-hi.gif
c0259934_16143117.png
それではほんの一部ですが、大いに盛り上がった野田まつりの様子をご覧ください。


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-09-16 15:11 | イベント関連 | Comments(0)

突然ですが…皆様、筋肉痛は何日後になりますか?

先日わたしは3日後に筋肉痛になりました…(笑)
(そもそも筋肉痛にはならない!なんて人もいるかな?)



いつも関係ない話から入ってしまいますが…(^^;)9月5日(土)苫屋さんで行われた
VSMYBLUES(ヴァーサスマイブルース)さんのLIVEへ行って参りました\(^o^)/
「EARTH VS MYBLUES ライブ in 苫屋」
昨年の9月にも来ていただいていますが、その様子はこちら(youtube)

VSMYBLUESさん、震災の時に支援物資を野田村に届けにきたのが始まりで、
その後とあるテレビ番組で苫屋さんが紹介されたのを見てこれはヤバいぞ!(良い意味で)
となりハガキを送って泊まったことがきっかけで、現在も苫屋さんと深い繋がりを
持っているんだそうです♪(元々はi go(アイゴー)という名で活動していましたが
今年初めに改名したとのこと。)
VSMYBLUESさんの公式ウェブサイトはこちら


c0259934_15341524.jpg

苫屋でのLIVEなんて考えただけでワクワク♪
あのタイムスリップしたかのような空間がどんな風になるのか…♪
動画では見ていたものの、実際見てみたい!
力強く心に響くような歌声を生で聞きたい!
そんな理由からどうしても行きたかったのです(*^^*)!


この日わたしは所用があり、残念ながら最初から見れず…(ToT)だったのですが、
苫屋へ到着するとたくさんの人!それだけでちょっとテンションが上がるわたし(笑)
(でもオープニングゲストのhatoko(野田村出身・在住の2人組)の歌う姿が見れなかった…)

c0259934_13404060.jpg

あれ?海女さんもいる~(^^)!!
お隣久慈市の北限の海女PR隊のジュンさんが来て下さっていました♪(めんこい~♡)

c0259934_14364056.jpg

VSMYBLUESさん、歌も演奏も最高でした。歌が心に響いてくるんです。
新曲の名前は荒海節』

実はこのブログのタイトル「足が無くともホタテは歩く♪村の未来を携えて♪」は
この新曲「荒海節」の歌詞の一部なのです。

だらすこ節もそうだったけど、荒海節も頭から離れないメロディ♪
動画でぜひご覧になって下さいね(^^)/


そして注目してほしいのがコレ!

c0259934_14474202.jpg

VSMYBLUESのボーカルの茜谷さんのTシャツ。
野田村の村章~!役場に申請を出し、友人に頼んで1枚だけ作ったんだそうです♪プレミア!
「欲しい~!」という声もちらほら聞こえていました。(わたしも欲しい!(笑))

c0259934_15081346.jpg

c0259934_15082030.jpg

最後はみんなで「ハイ!うーに!」
ウニポーズで記念撮影♪

こういう繋がりがずっと続いていくと嬉しいですね(^^)!


この日はたくさんの曲を演奏して下さったのですが、
その中から新曲「荒海節」を動画にしましたのでご覧ください(^∀^)


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪
(ぐっち)


[PR]
by nodakurashi11 | 2015-09-14 11:38 | イベント関連 | Comments(0)

こんにちはemoticon-0117-talking.gif

のぶりん農園へ
きゅうりの葉掻き作業の予定で 行ったのですが、、、

えっ!? トマトの作業に変更~!?

c0259934_15473371.jpg

おっと!
これは、チャーーーンス!!!!
予定変更で思わぬ幸運!?

以前、つきやの信子さんの作るのぶりんトマトを食べた方々から
『のぶりんトマト甘いよね!』
『なんで甘いっけ!?』
との評判を聞いていたので…
「のぶりんトマト」の甘さの秘密を探るチャンス!!!


甘さの秘密を探るべく、トマトの茎葉の剪定作業を!!
c0259934_15414396.jpg


なぜ、茎葉を剪定するのか!?
○古い茎葉に栄養を取られない分、トマトに栄養がいく
○風通しがよくなり虫がつきにくくなる
○葉や茎に擦れてトマトに傷が付くのを防ぐ

などのメリットがあるんだそです。

c0259934_15425753.jpg

確かに、剪定前のトマトの株を揺らすと、、、
白い虫がたくさん飛び出てきました!!
ギャーーーーーーーーーー!!!!!
(一応、女子なので、多少虫にビビります。最初だけは。)

c0259934_15420376.jpg

「コナジラミ」という虫だそうで
体長が1~3㎜ほどの白色で羽のある虫です。

調べてみると、
○葉の裏側から吸汁し、多発すると糞で葉がベトベトになる
○特に株の先端の新葉を好んで吸汁する
○一番の問題は、さまざまなウイルス菌を運んできて野菜に病気を発生させてしまうこと


始めはたくさんいたコナジラミが
剪定すると不思議といなくなりました。

剪定って大事!!

c0259934_16062485.jpg


「のぶりんトマト」は なぜ甘いのか!??
甘い理由は、こういう作業をしっかりやっていること。

そして、
どうやら、に秘密があるようなのです!

c0259934_15421150.jpg

甘いと評判の「のぶりんトマト」は
道の駅のだ 産直ぱあぷるで購入できます。
そろそろトマトの収穫も終盤です。
(いつも置いてないのです(;;)それともいつも売り切れているの…!?)

「のぶりんトマト」に出会えたらラッキー!



明内地区にある「農家食堂つきや」では
信子さんお得意ののぶりんトマト料理が食べられますよ~。

ぜひ、一度食べてみてください。


c0259934_15423536.jpg

※「農家食堂つきや」は、畑作業や民泊が忙しい8月はお休みでしたが
9月1日から営業再開しました。



「つきや」は、民泊を受け入れていただいているお宅の中で一番大人数での宿泊が可能です。
郷土料理体験や農業体験ができます。
(要相談)

<民泊のお問い合わせ>
のだ暮らし体験村事務局 ℡0194-78-2926


それでは、「のぶりんトマト」の甘さの謎を探るべくご覧ください。


※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪

(さっきー)



[PR]
by nodakurashi11 | 2015-09-10 08:47 | 何でも体験取材 | Comments(0)

Facebookでは告知をさせていただいておりますが、
9月27日(日)にのだむら復興応援隊がイベントを開催します。
タイトルは「塩の道を歩いて出会うのだ!!」です。
名前の通り、野田村で春と秋に開催される恒例のイベント「塩の道を歩こう会」と
コラボレーションし、山の景色や山頂からの眺望を見ながら、のだ塩が運ばれた「塩の道」を
歩いて歴史を学び、同じような趣味を持つ独身男女を対象とした出会いイベントです。
c0259934_8595815.jpg

c0259934_905511.jpg

以前、のだむら復興応援隊のお仕事ということで我々の仕事内容の一部をご紹介しましたが、
その中にある
「出会いの機会創出のための交流事業の企画及び実施」

一環として開催します。

対象は
●満20歳~50歳未満の野田村にお住まい、
 または野田村でお勤めの男性

●満20歳~50歳未満の女性(住所は問いません。)

 上記に該当し、結婚に興味のある独身の男女の方
となります。

締め切りは9月15日(火)到着分までとなりますが、その前に定員に達した場合は
申し込みを終了とさせていただきますのでご了承ください。
出会いを探している方はもちろん、お知り合いで出会いを探している方など、
いらっしゃいましたら是非お誘いあわせの上、ご参加をお待ちしております。
クリスマスや年末年始、バレンタインデーなど、これからカップルで楽しむイベントが
盛りだくさんです。一緒に過ごせる相手を探してみませんか?

きっかけは「塩の道」でした。と野田村役場で入籍の報告をしてもらえるようなカップルが
誕生してくれることを期待しています!!
c0259934_91506.jpg


ご興味のある方はこちらから詳細をご確認いただき、お申込み下さい。

c0259934_923958.jpg

                       (出会いに関しては人ごとではない…もりりん)
[PR]
by nodakurashi11 | 2015-09-07 11:50 | イベント関連 | Comments(0)

野田村のお盆なのだ

お盆が過ぎたらすっかり寒くなってきた野田村…
と思いきや、晴れるとまだ暑い?
(でも風はさわやかで心地良いです♡)
短い夏が終わりだんだんと秋がやってきます。


お盆はそれぞれの地域でいろいろな風習があると思いますが
この辺の地域では(調べると岩手県北・八戸とのこと)
新しい仏様がある家で四十八(しじゅうはち)というものをやります。


c0259934_11355812.png

これは亡くなってから3年間49本のロウソクに火を灯し、
お盆中に集まった親戚や友人、知人にそれぞれ火を灯してもらい故人を偲びます。
四十八なのになぜ49本?と思いますよね!
もう1本は先祖代々の霊を偲ぶためなのだとか。

48本たてる理由も気になって調べてみると、
阿弥陀仏(あみだぶつ)が法蔵菩薩(ほうぞうぼさつ)であった時に、
仏に成るための修行に先立って立てた願いが48だったことに由来しているそうです。

画像を見るとキュウリの上にロウソクがあるのがわかるかと思いますが、
これはロウソクの片付けをしやすくする為の先人の知恵ですね(^^)!



そしてこれを見るとお盆だなぁとなる風景。
松あかしです。


c0259934_11470086.png

8月13日の夕方には迎え火として、先祖の霊が迷わず帰ってこれるように
家の門口や玄関先で松に火を灯します。

8月16日の夕方には送り火として、迎え火と同じ所で松に火を灯し
先祖の霊を送り出します。

子供のころはお盆+松あかし=花火
という方程式が出来上がっていてただ楽しいものでしたが、
意味を考えられる今ではしんみりと松を見るようになりました。

でも子供たちはやっぱり花火をするようです(笑)
こうやって野田村のお盆の風景が次世代へ繋がって行くんですね(^^)


c0259934_13331376.jpg

お盆には盆棚を組み立て、盆花や果物などたくさんのものをお供えします。
仏様にお供えするご飯は精進料理。
肉類、魚類、匂いの強いもの(ネギ、にんにく、ニラなど)は使えません。


c0259934_16334075.jpg

本当はもっと細かくあれは使ってはいけない、これは使ってはいけないというのが
あるようなのですが、『何よりも気持ちが大事!』ということで、
細かいところはご先祖様も笑って許してくれることでしょう…(^^;)笑


他にもお墓参りへ行ったり、お盆玉をあげたりバタバタと過ぎていくお盆。
(お盆玉、最近ブームらしいけど家では小さい頃からありましたが、皆様のところではどうなんでしょうか?)

お盆が終わり静かになった家はとても寂しいものです(´;ω;`)


とはいえ、もう9月!
実りの秋がやってくる~♪野田村は、秋も楽しくなりそうです(^^)


(ぐっち)

[PR]
by nodakurashi11 | 2015-09-03 13:56 | つぶやき | Comments(0)