海、山、川と自然がたくさんあって
のびのび育てられる~っていうのは
みなさんすでにご存知だと思いますが
それだけではないんですよ~!!!

と、昨年もお伝えしましたが、、、
さらに、子育てに関する
嬉しい制度ができましたよ!^^

今回もそんな嬉しい制度を
野田村のイメージキャラクター
のんちゃんに聞いてみます!

c0259934_15270284.jpg

さっきー)前回教えてもらってから
ますます嬉しい制度になったんだよね?
教えて、のんちゃーーーん☆
※前回のブログはこちら

のんちゃん)任せるのだ!
4月から子育てに関する制度がさらにパワーアップしたのだ!
まずは、妊婦さんの通院代を村が応援することになったのだ。

さ)通院代の応援!??

の)帝王切開や持病があるなど
やむを得ず、久慈管内での出産が困難と判断された
妊婦さんに対して、交通費の一部
(通院回数×片道の交通費)が助成
されるのだ。

さ)へー!!交通費を助けてくれるの!
近くに大きな病院が少ない野田村ならではの制度だね。
妊婦さんの不安も少し解消されるといいね。

の)変わったのはそれだけじゃないのだ。
前回教えた子どもが産まれると贈呈される出産一時金
エンゼル祝金』もパワーアップしたのだ!

さ)もっと詳しく教えてー!

の)昨年までは、第3子から贈呈されていたエンゼル祝金が
なんと、この4月から第1子から贈呈されることになったのだ!!!
(引き続き1年以上村に住所を有することが条件です。 )
c0259934_15282584.jpg

さ)なるほど~!
子どもが生まれると新たに必要なものがたくさんでてくるし
第1子の場合はいろいろ買い揃えるものもあるから商品券は助かるよね。

の)妊婦さん、ママさんをもっともっと助けてあげたいのだ!

さ)そうそう!前回教えてもらった
野田村地域子育て支援センターの運営日も変わったんだよね。

の)そうなのだ!
野田村地域子育て支援センターの
「なかよし広場」の運営日が
毎週水曜日と金曜日の週2回に増えたのだ!
(9:30~11:00)

さ)講座なんかもあるみたいだし
情報交換や交流もたくさんできて楽しそうだね♪

の)なかよし広場に行きたくても行けない…
というご家庭には
職員が自宅に伺って話を聞いてくれたり、
電話での対応もしてくれるのだ!!

さ)電話でも相談できるんだ~!
一人で悩まなくていいんだね。
話を聞いてもらうだけでも、きっと心が軽くなるね。

の)そ・れ・か・ら
5月からは
ママさんたちが楽しくおしゃべりをしたり
作り物をして楽しもう♪っていう活動
「子育てサークル ノンちゃんキッズ」もはじまるのだ!
(会員募集中)

さ)何作るんだろう~?楽しみだね♪♪
行ってみたいなぁ!!
ママさんが楽しいと子どもたちも楽しいよね!

の)子育て支援センターからは、2か月に一度
「おひさまだより」っていう広報誌の発行もされていて
子育てに役立つ情報やイベントスケジュールを掲載しているのだ!

さ)それ!
野田村の公式ホームページからも見られるといいなぁ。

の)もちろん!見られるのだ!!
※おひさまだより、子育て支援センターについてはこちら
さらに、野田村の子育てについては
新しくハンドブックも出来たのだ!

c0259934_15294569.jpg

子育て応援ブック「育てあう村」
野田村の子育てに関する情報が掲載されています。


さ)わ~!!知ってる顔がいっぱーい!!!
なもみもいるよー!!
野田村はどんどん子育てにやさしい村になるね!!

の)そうなのだ!
子どもは野田村の宝なのだ~!!


※制度等については、野田村ホームページをご覧ください。

※子育て応援ブック「育てあう村」はこちら

※最近、話題の!?
「日本一しあわせな給食」~育てあう村。岩手野田村~
も併せてご覧ください。
YouTube [ 育てあう村 岩手野田村 ] で検索


c0259934_16495904.png




(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2017-04-25 15:13 | Comments(0)

以前、凍みいもの作り方を教えていただいた
川畑さんのお宅の畑へ行ってきました。

※凍みいもとは
じゃがいもを粉にして保存食にするために凍らせたいものことです。
(凍らせる→皮をむく→乾燥させる→粉にする)
粉にしたいもを団子状やうどん状にして、汁物に入れたり
いももちにして食します。


今回は、凍みいもの材料でもある
じゃがいもを植えるお手伝いです!


c0259934_10343861.jpg

ぽかぽか陽気で気持ちいいのだ~♪


川畑さんは80歳を過ぎた今でも畑仕事をしたり
産直に野菜やドーナツ、いももちを出したりと
精力的に働いています。


~川畑さん流イモの植え方~
c0259934_13025584.jpg

(芋べぇ撮ってけで~ということで遠巻きでの撮影ご了承下さい。)


「家ん中にいるより畑に出てきてだ方が楽しい♪
昔は嫌々やってだったけど、今は楽しいよ。
天気がいいと気持ちがいいしや~♪

天気がいい日に少しずづやんの。
午前中ちょこっとやって
午後も昼寝して休んで、まだちょこっとやんの。
誰が来たら話しながらや~。」
と、川畑さん。


c0259934_10352050.jpg
肥料は各家庭のやり方があるそうですが
川畑さんのところでは昔からのやり方ということで
堆肥、粉の肥料、豆の茎の枯れたものを使っていました。

豆をとった後も茎は捨てず、
こうして次の年、肥料として使うんですね。


c0259934_16112179.jpg
すば(柴、小枝)ねえがなぁ」
と畑を探し始めた川畑さん。

何に使うんだろうと見ていると…
見つけたすばを適当な長さに折って

この間隔でイモを置ぐの。」

おー!なるほど~!
畑に落ちていたすばで
イモが等間隔に置ける道具ができました!!


c0259934_10355007.jpg

「こうするとで芽が出やすいでしょ~。」

種イモは、芽がでるところが
たくさんある方を上にして置いていくんだそう。


c0259934_10400472.jpg
水路で鍬を洗って作業はおしまい。


畑で作業をしていると
ご近所のおじいさんもやってきました。

お話を聞いてびっくり!!
90歳はとっくに過ぎているというこでしたが
足腰もしっかりして、耳も遠い感じもない!

畑仕事を少しだけしたり、
デイサービスに行くのが日課だそうです。


野田村のお年寄りが元気なのは
頑張りすぎず、少しずつ畑仕事で体を動かしたり
外に出て楽しんでいるからなのかもしれませんね~。


c0259934_16193824.jpg

こちらが川畑さんの凍みいも
凍みいもを粉にして作った「いももち」は
道の駅のだとなり産直ぱあぷるで販売しています。
(日により出店状況は異なります。ご了承ください。)


c0259934_16495904.png




(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2017-04-18 09:44 | Comments(0)

浜の口に行ったのだ☆

潮が引く日に磯浜に採取を目的に入れる日を
野田村では「浜の口(はまのぐぢ)」といいます。

c0259934_10410683.jpg
野田港の長根浜
行くのが遅く、ほとんどの人が終わって帰る頃でした…。



通常の浜の口は
漁協の組合員にのみ解禁されていますが
この日は旧暦の3月3日で
年に一度、一般の方も採取ができる日!

特にお知らせなどはありませんが
みなさん、しっかり暦をチェックして
浜に来ています。

浜の口で、どんなものをとっているかというと
主にフノリ、マツモ、ヒジキなどの海藻類です。
鎌やナイフなど使うと素早くとれます。


c0259934_10412416.jpg
監視員がしっかり監視してます!
ウニ、アワビは密漁になるのでとってはいけませんよ!
見つけても、ちょっと触るだけですよー。


c0259934_10413775.jpg
こちらは、米田地区の厚井浜
春休み中の子供たちがツブを拾ったり、
カニを探すのに夢中になっていました!


c0259934_10414850.jpg
「ぎゃー!挟まないでほしいのだー!!」


c0259934_11012874.jpg
貝殻の長いツブは
食べるとちょっと苦い。大人の味。
※欲張らず食べきれる分だけとりましょう!


家に帰ったら、
大きいザルやボウルに海藻を入れ
ゴミなど取り除きながら種類別に仕分けます。

c0259934_10425592.jpg

イライラせず気長に仕分けましょう。笑
エビに似た小さい生きがたくさんついていますよー


仕分け終わったら
種類別に茹で、キレイに洗っておきます。
干したり、冷凍したりして保存しておくと
時期以外の時も楽しめますよ(^^♪

c0259934_10430484.jpg
味噌汁に入れたり、お浸しにしたり
ラーメンやうどんにトッピングしたり
磯風味が楽しめますよ


c0259934_10431412.jpg
ツブは茹でて、つまようじで取り出して食べます。
くるんっとキレイに取れるのが快感♪



c0259934_16495904.png




(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2017-04-11 10:20 | Comments(0)