以前、凍みいもの作り方を教えていただいた
川畑さんのお宅の畑へ行ってきました。

※凍みいもとは
じゃがいもを粉にして保存食にするために凍らせたいものことです。
(凍らせる→皮をむく→乾燥させる→粉にする)
粉にしたいもを団子状やうどん状にして、汁物に入れたり
いももちにして食します。


今回は、凍みいもの材料でもある
じゃがいもを植えるお手伝いです!


c0259934_10343861.jpg

ぽかぽか陽気で気持ちいいのだ~♪


川畑さんは80歳を過ぎた今でも畑仕事をしたり
産直に野菜やドーナツ、いももちを出したりと
精力的に働いています。


~川畑さん流イモの植え方~
c0259934_13025584.jpg

(芋べぇ撮ってけで~ということで遠巻きでの撮影ご了承下さい。)


「家ん中にいるより畑に出てきてだ方が楽しい♪
昔は嫌々やってだったけど、今は楽しいよ。
天気がいいと気持ちがいいしや~♪

天気がいい日に少しずづやんの。
午前中ちょこっとやって
午後も昼寝して休んで、まだちょこっとやんの。
誰が来たら話しながらや~。」
と、川畑さん。


c0259934_10352050.jpg
肥料は各家庭のやり方があるそうですが
川畑さんのところでは昔からのやり方ということで
堆肥、粉の肥料、豆の茎の枯れたものを使っていました。

豆をとった後も茎は捨てず、
こうして次の年、肥料として使うんですね。


c0259934_16112179.jpg
すば(柴、小枝)ねえがなぁ」
と畑を探し始めた川畑さん。

何に使うんだろうと見ていると…
見つけたすばを適当な長さに折って

この間隔でイモを置ぐの。」

おー!なるほど~!
畑に落ちていたすばで
イモが等間隔に置ける道具ができました!!


c0259934_10355007.jpg

「こうするとで芽が出やすいでしょ~。」

種イモは、芽がでるところが
たくさんある方を上にして置いていくんだそう。


c0259934_10400472.jpg
水路で鍬を洗って作業はおしまい。


畑で作業をしていると
ご近所のおじいさんもやってきました。

お話を聞いてびっくり!!
90歳はとっくに過ぎているというこでしたが
足腰もしっかりして、耳も遠い感じもない!

畑仕事を少しだけしたり、
デイサービスに行くのが日課だそうです。


野田村のお年寄りが元気なのは
頑張りすぎず、少しずつ畑仕事で体を動かしたり
外に出て楽しんでいるからなのかもしれませんね~。


c0259934_16193824.jpg

こちらが川畑さんの凍みいも
凍みいもを粉にして作った「いももち」は
道の駅のだとなり産直ぱあぷるで販売しています。
(日により出店状況は異なります。ご了承ください。)


c0259934_16495904.png




(さっきー)


[PR]
# by nodakurashi11 | 2017-04-18 09:44 | Comments(0)

浜の口に行ったのだ☆

潮が引く日に磯浜に採取を目的に入れる日を
野田村では「浜の口(はまのぐぢ)」といいます。

c0259934_10410683.jpg
野田港の長根浜
行くのが遅く、ほとんどの人が終わって帰る頃でした…。



通常の浜の口は
漁協の組合員にのみ解禁されていますが
この日は旧暦の3月3日で
年に一度、一般の方も採取ができる日!

特にお知らせなどはありませんが
みなさん、しっかり暦をチェックして
浜に来ています。

浜の口で、どんなものをとっているかというと
主にフノリ、マツモ、ヒジキなどの海藻類です。
鎌やナイフなど使うと素早くとれます。


c0259934_10412416.jpg
監視員がしっかり監視してます!
ウニ、アワビは密漁になるのでとってはいけませんよ!
見つけても、ちょっと触るだけですよー。


c0259934_10413775.jpg
こちらは、米田地区の厚井浜
春休み中の子供たちがツブを拾ったり、
カニを探すのに夢中になっていました!


c0259934_10414850.jpg
「ぎゃー!挟まないでほしいのだー!!」


c0259934_11012874.jpg
貝殻の長いツブは
食べるとちょっと苦い。大人の味。
※欲張らず食べきれる分だけとりましょう!


家に帰ったら、
大きいザルやボウルに海藻を入れ
ゴミなど取り除きながら種類別に仕分けます。

c0259934_10425592.jpg

イライラせず気長に仕分けましょう。笑
エビに似た小さい生きがたくさんついていますよー


仕分け終わったら
種類別に茹で、キレイに洗っておきます。
干したり、冷凍したりして保存しておくと
時期以外の時も楽しめますよ(^^♪

c0259934_10430484.jpg
味噌汁に入れたり、お浸しにしたり
ラーメンやうどんにトッピングしたり
磯風味が楽しめますよ


c0259934_10431412.jpg
ツブは茹でて、つまようじで取り出して食べます。
くるんっとキレイに取れるのが快感♪



c0259934_16495904.png




(さっきー)


[PR]
# by nodakurashi11 | 2017-04-11 10:20 | Comments(0)

プロのイタリアンシェフによる
荒海ホタテを使ったパスタ作り教室に参加してきました~♪

今回の企画は野田村の
「いきいきライフ」という取り組みによるもので
参加者は申込みいただいた村内の奥様方など16名でした。

※いきいきライフとは…
さまざまな体験活動や学習を通した村民同士のコミュニケーションの場、
支え合う地域づくりを目的とした事業です。

c0259934_10163820.jpg
使用するのは、村の自慢の食材
荒海ホタテ寒締めほうれん草

※荒海ホタテとは… 野田村独自の、他にないホタテの育て方
「野田式外海流育法」による養殖法で育った特別なホタテです。
詳しくは、
こちら


c0259934_10155737.jpg
講師は、オープンから1周年を迎え、新メニュー続々
『おすてりあ ばいげつ』
小野寺
(安藤)智子シェフ
~料理は、愛です。相手のことを想って作ると気持ちが伝わります。~



c0259934_10172695.jpg
実際にシェフの調理工程の解説
食材ごとのポイント、
参加者の質問や疑問などに答えながら
丁寧に教えてくださいました。

≪パスタをゆでる時のポイント≫

☆お湯の塩加減は、お吸い物より少し濃いくらい。
(塩分○%とかいってもわかりづらいですからね!)

☆麺を入れたら、ゆらゆらと表面が動くくらいでゆでる。
 ぐつぐつ沸騰させると舌触りの悪いパスタになるそう。
 (参加者の大半が、今までぐつぐつゆでていたとおっしゃっていました…。)

☆麺がくっつかないよう最初によくかき混ぜ
 あとは、たくさんかき混ぜなくても大丈夫。
(ゆらゆらゆでだと吹きこぼれないので、この間に焦らずソース作りができます。)

☆袋に書いてあるゆで時間は
 麺をソースに入れて絡める時間も含めての時間とみて
 1分くらい短めにするとぶよぶよの麺にならない。
(こちらも、今まで時間通りゆでた後、ソースと絡めてしまっていた方が大半…。)



c0259934_13490515.jpg
≪基本のソース≫

オリーブオイル、ニンニク、唐辛子、オイルと同量のゆで汁

基本のソース牛乳など⇒ クリームパスタソース
基本のソーストマトピューレなど⇒ トマトパスタソース
と、アレンジできるそうです。


ニンニクをお好みに切ってオリーブオイルに漬けて
冷蔵庫で保存しておくと冷蔵庫が臭くならいし、ニンニクも長持ち!
しかも、サッと使えて便利だそうですよ!


c0259934_10160247.jpg

シェフの調理工程を教わった後は、
細かいところを指導していただきながら
一人一人、自分の分を調理しました。


c0259934_16583327.jpg

ホタテを貝殻からはずすのが初めてというママさんも
シェフに教わった通り上手にできました。
(ホタテを剥いている時に出る汁(エキス)も捨てず使いますよ。)


家で作ると、作っているうちに麺がぶよぶよになってしまったり、
ソースがなくなって焼きそばみたいになったりするよね~。
など、みなさんの家庭でのパスタづくりの悩みも解消されました。



c0259934_14084817.jpg

イタリアンシェフ直伝!本格パスタ!
『荒海ホタテと寒締めほうれん草の
ペペロンチーノ 野田村風』



お店にも負けない出来栄え!!
味はというと、、、
荒海ホタテと寒締めほうれん草の甘みと
ピリ辛でとってもおいし~!!
(唐辛子を炒める時間が長いと辛みが増すそうです。)

参加者のみなさんも大満足の味♪
さっそく家でも作って
家族に食べさせたいと話していました。


c0259934_10160884.jpg

「おいし~!」と大きい声!!

子供たちはママも驚きの食べっぷりでした~!!


c0259934_13540523.jpg
今回は初の託児付きの企画!
保育士OBさんのおかげで
ママさんも安心して学べ楽しそうでした♪
子供たちも泣かずに遊んでいましたよ♪



村自慢の食材を使い
村の食のプロ シェフに指導していただき
村の子育てのプロ 保育士OBさんのお力も借り
そして、若奥様と子供たちとベテラン奥様
いろんなコラボレーションの会となりました。



c0259934_11485858.jpg

オープンから1周年
Osteria Vai-getsu
(おすてりあ ばいげつ)

※道の駅ぱあぷる向かいにあります。

ウェブサイト

 http://www.osteriavai-getsu.com/
フェイスブックはこちら
(営業時間・定休日などは変更もございますのでご確認ください。)


c0259934_16495904.png




(さっきー)


[PR]
# by nodakurashi11 | 2017-03-28 10:00 | Comments(0)

野田村の荒海団

荒海団と聞くと「荒海ホタテ」を
思い浮かべる人が多いかもしれません。

しかし、野田村の外海で育っているのは、
荒海ホタテだけではありません。
今回は「荒海ワカメ」についてです。
脱水率にこだわった塩蔵加工の技術と素材の良さは、
入札で国内最高の評価も頂いている「荒海ワカメ」。

c0259934_10261055.jpg
光が反射してキラキラの荒海ワカメさん~


そのワカメの旬である3~4月に向けて大きく肉厚に育てる為に、
2月辺りにはワカメの間引き作業が行われるのです。

間引いた生ワカメは、
これまで漁師や地元の人が食べていましたが、
シャキシャキとした食感と風味や味が評価され、
現在は早採りワカメとして商品化されました。



先日、荒海団のサポーターとして
2名の方が野田港にいらっしゃいました!
二戸から野田村へ来ている奥山さん(写真中央)
青森県の佐々木さん(写真右から2番目)

c0259934_15140661.jpg

背中には荒海団のロゴ



わたしたちも一緒に船に乗り、
作業を手伝ってきましたよ~★!


c0259934_10254883.jpg
荒海団で、漁師の小谷地さんのお手伝いをします!!

c0259934_15501990.jpg
久しぶりにブログに登場のマッチ―♪
この通り、とっても元気です!!


この日はとっても寒かったけど、波は穏やか。
皆さん笑顔で船に乗り込みました。


ポイントに到着し、
ワカメを引き上げ、間引きの作業開始です。

さぁ、やるぞ!!
…とはいえ、どんなものをカットするの??
どれくらいやればいいの??

c0259934_14542364.jpg
そんな疑問に小谷地さんが
真剣に教えてくれます。


c0259934_15082720.jpg
とっても早く見極め
ぱっぱと作業を進める小谷地さん。

c0259934_15085314.jpg
サポーターの佐々木さんも真剣な表情。
作業に慣れてきたのか段々とスピードも上がります。


c0259934_15084740.jpg

この荒海ワカメ、150m×12台を
ひとりで受け持っているんだそうです。|ョ・д・)スゴイ.....


c0259934_15500945.jpg
荒海ワカメ、とったどーーー!
(ふざけていません、真剣です。)


わたしもお手伝いさせてもらいました。
小谷地さんの横で作業していると
全然スピードが違うことがわかります。


「せっかくだから」と言って
荒海ホタテも見せていただきました。
(ありがとうございます~!)

c0259934_15083802.jpg
「年間280トン~300トン出荷しているよ」と小谷地さん。


ホタテのヒモの部分には目や触手がついていて、
入れ替え作業の時などに触手の部分に触ると
貝の形が変わってしまったりするんだそうです。



サポーターで来てくれた方の1人、佐々木さんは
昨年11月末にもサポーターとして来ていただいていました。

その際はホタテの稚貝の分散作業と、出荷のお手伝いだったのですが、
その時のホタテは今6cmくらいになっているよ~と聞き、
「自分も手伝ったホタテが成長しているのを聞くと嬉しい」
と、とっても素敵な笑顔でした。


沖から戻ると、お礼にと言って
小谷地さんが採れたての荒海ワカメで
しゃぶしゃぶを振る舞って下さいました。

c0259934_10084377.jpg
ワカメの色の変化に思わず笑顔に。


野田村に住んでいると、
早採りワカメのしゃぶしゃぶを食べる機会もありますが、
採ってからこんなにすぐ食べるのは初めて。
さっとお湯につけると鮮やかな緑に。
そして食感は
シャキシャキ!!
美味しすぎて箸が止まらなくなるのです。
小谷地さん、本当にありがとうございました(*^▽^*)


荒海団のサポーターは、
にてまた募集するそうです♪

興味のある方は、次回募集の際に
ぜひ参加してみて下さいね!

荒海団の真髄にふれられますよ!!
c0259934_16495904.png




             

(ぐっち)

[PR]
# by nodakurashi11 | 2017-03-22 09:24 | Comments(0)

みなさん『おからこんにゃく』という食品をご存知ですか?

お肉の代用品として、ダイエット中の人や
カロリー制限されている方に注目されている食品です。

c0259934_09375577.jpg

おからこにゃくとは
名前の通り、おからがたくさん入ったこんにゃくのことです。



火を通すと、お肉そっくりな食感!
なのに、カロリーは鶏肉の約10分の1!
食物繊維も豊富!

そして、おからの不溶性食物繊維と
こんにゃくの水溶性食物繊維の2つの繊維を
“同時に摂取できる”という
ハイブリット&ミラクル食材!!!



この画期的な『おからこんにゃく』の生みの親である
岡田哲子さんが野田村へいらっしゃいました~!!

c0259934_09382438.jpg
ベジタリアン料理研究家の岡田哲子さん

約25年前から菜食主義の生活をされているそうです。
菜食主義の方も食べられるお肉みたいなものをと
開発したのが『おからこんにゃく』です。

菜食主義(ベジタリアン)とは
健康上や宗教上の理由などから
動物性の食品(肉、魚)を食べられない。食べない。
といった方々の野菜類を主とした食事をとる考え方。
特にも宗教上食べない方々は
ネギ類(ネギ、玉ネギ、ニラなど)も食べないそうです。

c0259934_09383463.jpg
今回の講演は、野田村での各種体験、
民泊などの取り組み「のだ暮らし体験村」の
スキルアップ研修として開催されました。

※のだ暮らし体験村についてはこちら


1日目:菜食主義(ベジタリアン)についてと
    どんな料理ができるの!?
2日目:菜食主義の料理
    おからこんにゃくを使用しての調理実習
2日間に渡って教えてくださいました。


では、肉も魚も使わず
どんな料理を作ったかというと、、、

『おからこんにゃくハンバーグ』

[材料:おからこんにゃく、キャベツ、干し椎茸、卵、パン粉]
(以下、調味料)

c0259934_09385859.jpg

材料をすべて細かくみじん切りにする。

(今回は、おからこんにゃくは手でちぎった後、包丁で細かくしました。
フードプロセッサーを使用すると簡単にできます。)


干し椎茸、おからこんにゃくの順に、よく炒める。
 下味(醤油、砂糖、塩、こしょう、昆布顆粒だし、バジル)を入れ
 キャベツを加え、キャベツがしんなりするまで炒める。


パン粉を加え、粗熱が取れたら卵を混ぜ、ハンバーグの形に整え、焼く。


ソース(トマト缶、ウスターソース、砂糖)を加え、ひと煮立ちさせる。



c0259934_09391476.jpg

なんということでしょう!!
まるでお肉のような見た目~!
そして触感に~!


おからこんにゃく自体には、さほど味がないので
下味をしっかり付けることと、焦げ目を付けることが
肉感を増すポイントのようです!


c0259934_09485327.jpg

肉類、魚類、ネギ類を一切使わず
おからこんにゃくを使った料理がたくさんできました。

(※かつおだしなども使えませんので、だしは全て昆布だしを使用)


c0259934_09393689.jpg

☆唐揚げ
☆ハンバーグ
☆ビッグ照り焼き
☆えのきのホタテ風
(生春巻きの皮でえのきとおからこんにゃくを巻き、味付けしたもの)
(↑4品すべておからこんにゃく使用)

☆ワカメの汁物
☆ごはん


c0259934_09394934.jpg

☆ワカメサラダおからこんにゃくハム添え
(ドレッシングは参加者のレシピ)
☆大根の皮の醤油漬け
(野菜は皮も食べたほうが良いそうですよ)
☆イクラ風
(塩!?磯味のゼリー)
☆おからこんにゃくのハムのソテー
☆干し椎茸の軸揚げ
☆お刺身こんにゃく「あわぴー」
(イクラもアワビも見た目そっくり~!!)



野菜もワカメもすべて野田村産!
もちろん、塩は『のだ塩』を使用。
どれもこれも味付けと食感で肉だと騙せそうです。
教えなければ、わからないクオリティー!

これらすべて
菜食主義(ベジタリアン)の料理とは
信じられない見た目とボリュームです!!

ベジタリアン=THE野菜みたいな食事のイメージでしたが
思っていた感じと全然違いました…(^^;)


震災後、たくさんのつながりができたおかげで
各地から野田村を訪れてくださる方が多数いらっしゃいます。
そういった方々に少しでも喜んでいただけるよう
おもてなしの気持ちとスキルが向上した一日となりました。

c0259934_09471299.jpg

今回は普段から料理に研究熱心な方々が参加してくださり
先生への質問やお話が止まりませんでした~。
先生、たくさんお話いただきありがとうございました。




※岡田哲子さん公式サイトはこちら
(レシピはこちらでも紹介されています。)

※岡田哲子さんのブログはこちら

※おからこんにゃく購入サイトはこちら


c0259934_16495904.png




(さっきー)


[PR]
# by nodakurashi11 | 2017-03-16 11:17 | Comments(0)