新年度がスタートしましたね!
今年度も当ブログ「のだ村に暮らすのだ!」を、どうぞよろしくお願いいたします016.gif


少しずつ少しずつ春に近づいている、野田村です。
雪が積もっていた山側の地区でもだんだんに雪解けし、
根雪が残りながらも 日差しがだいぶあたたかくなりました。

c0259934_152558100.jpg


山あいにある、日形井(ひかたい)川。
春の日差しが差し込み、川底まで見える透明さ・・・

c0259934_15281922.jpg


だいぶ、春っぽくなってきました056.gif

----------

そんななか…先日は「浜の口開け」の日でした。

野田村では、訛ってはまのぐぢと呼びます。
(イントネーションは はまのぐ って感じですかね)

いわゆる、浜の解禁日です。
たくさんの人達が海藻や貝などを獲りにきていました001.gif

※潮の満ち引きの関係から、解禁日時は限定。
 今回は漁協の組合員のみが対象でした。
 組合員以外も対象の日がある予定とのことです


c0259934_15574376.jpg

c0259934_1610132.jpg

c0259934_16135732.jpg

c0259934_1615879.jpg


みなさんにお話伺いたいところですが
お邪魔はできませんので
・・・一時間後に出直すと(笑)、
皆さん、ちょうど作業を終えてあがってきているところでした!
c0259934_1622528.jpg


すみませ~ん…と、採ったものたちを見せていただきました♪


c0259934_16243866.jpg

c0259934_16255060.jpg

c0259934_1627348.jpg


「まりご」と呼ばれるこの貝は、ムラサキイガイとかムール貝の類のようです。

どうやって食べるんだろう?と気になっていたところ…、このあと食べてみることができました!

この後の動画にて、その様子をどうぞ観てみてくださいね♪
(「まりご」のイントネーションも、動画で確認してみてね~^^)


それにしても、野田村のおじいちゃんおばあちゃんは
本当にパワフルでたくましい方が多いんですね。

この日は良い天気ながらも、海辺は結構な強風。
水を含んだ海藻や貝なんかも、結構重いでしょうに・・・

背中に戦利品の入った籠をしょって、みんな笑顔で海から上がってきます。
c0259934_16545219.jpg


このおばあちゃんは、私たちを見るなり座り込んで籠をがさごそ。
何がでるかな?
c0259934_17153719.jpg


収穫したものを自宅に持ち帰ったら
選別や加工など、食べるまでにひと手間もふた手間もかかりますが…
海辺の村、野田村では
きっとそれが当たり前の日常なんだなと、感じました。

これからが春本番。
野田村では、どんな自然の恵みがあるのかな?と
今からとっても楽しみな、やまみんでした037.gif

・・・ということで、
「はまのぐぢ」の様子を動画にてご覧ください♪



今回もブログをご覧くださり、ありがとうなのだ!

(やまみん)
[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-04-01 16:48 | のだ村小ネタ | Comments(12)

3月!

卒業別れ、そして年度末による多忙、と切なくめまぐるしい季節のイメージですが…

実は、渓流釣りの解禁月でもあります!



野田村役場で、釣り大好きBOYを発見しました!!


「え?取材?今ですか?語りだしたら止まりませんよ?」


と言いながら彼の釣りトークを聞かせていただきました♪


c0259934_11384176.png



先日、野田村の『安家川』という川へ釣りに出かけたそうですが、

「全然釣れなかったですよ~」

と言いながら、立派なヤマメイワナの写真を見せてくれました!


c0259934_1321855.jpg


この日は約25cmの源流イワナ(天然)と、約13cmのヒカリヤマメが釣れたそうです。


4~6月になると50cm超のサクラマスが釣れるそうで、この時期が一番好きだそうです♪


初めてサクラマスを釣った時の魚拓もあるよ!と、得意気の佐々木くん。


サクラマスは、アラ汁、お刺身、塩焼きにしたりと、様々な料理ができるそうです。

全部、食べてみたいですね♪011.gif



また、10月~2月の禁漁期間は、海へ行きドンコやアイナメ等を釣るそうです。



そんな年中釣り人の彼に聞いてみました。

『佐々木くんにとって、釣りとは?』



”軽い自分探し”ですかね』



か、かっこいい!!!




釣りをすると、自分が知らない自分を、見つけられるかもしれません。



『あ、それから、釣りって結構性格が出るんですよ。やっぱり我慢勝負なんで。』


これも、なるほど、ですね。


逆に言うと、釣りをすることによって我慢強くなれるかも?!





海も川もある野田村なので多彩な釣りが楽しめます。



海は海の、川は川の良さがありますが、


川は特にも木々や石、動物等の自然に囲まれながらなので、



ちょっとしたヒーリング効果もあるかもしれませんね。



よしっ!



今度、釣戦(挑戦)してみるぞ!!



ということで、


本日もブログを読んでいただきありがとうなのだ♪


                                      
[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-03-21 13:09 | のだ村小ネタ | Comments(8)

暖かくなったと思ったら寒さが戻ったりと
不思議な天気ですが、相変わらずおばあちゃんの家の薪ストーブで
ほっこりとしているしもむんです。071.gif

夏になると暑くて仕方ないから冬がこないかなぁ、なんて少し思ったりするけど、

今は夏になると薪ストーブを燃やさなくなるから少し寂しいなぁ、

と少し寂しい気持ちです。


東北の冬って寒いかもしれないけど、


外で作業をして帰ってきてストーブで温まるときのあの幸福感!は、たまりません♪(笑)



さてさて今回は珍しく映像のない記事になると思いますが、


たまにはいいかなと、ペンを走らせています。006.gif(キーボードですけどね)



最近ほっこりした、近所の方々や知り合いの村民の方との会話です。


先日、雨が降っていました。


その家の前には、数人のおじいちゃんおばあちゃんが座って談笑していて、

通りかかった私は、声をかけてみました。
(◇私 ◆おじいちゃん・おばあちゃん)

----------------------------

◇「こんにちは~」

◆「はいはいこんにちは、おつかれさん♪」


◇「雨が降ってきましたよ~濡れますよ~?」

◆「ほになぁ、ん~でも家ぁ近いすけぇ雨ぁ降ってもヤリぁ降ってもすぐ風呂さぁば入れるすけぇ大丈夫だぁ~、それよりほれ、おめぇさんもかだって(※そうだねぇ、でも家が近いから雨が降ってもヤリが降ってもすぐお風呂に入れば大丈夫だよ。それより、あなたも一緒に話そう)」


そう言って、お手製のお団子をくれました。


女性同士も、外で立ち話、なんてよくある話ですが、


おじいちゃん、おばあちゃんは、中に入って話すよりこうして外にいたほうが、誰とでも話せるから、という理由もあるそうです。



そういえば、前に見かけたことがあります。



おじいちゃんが一人で外のベンチに腰掛けていて、


「だぁれも来ねぇなぁ」と、寂しそうに言っていました。




自分の気に入った友達と、車で出かけ、買い物をしたり映画を見たり、そういう休日が悪いとは思いませんが、
(それぞれの時代があるので)


たまには、知らないおじいちゃん・おばあちゃんと話してみたり、


もちろん、自身のおじいちゃん・おばあちゃんと話してみたりすることは、大切なんじゃないかなと感じています。



私も野田村へ帰ってきてから、自分でおじいちゃんおばあちゃんの家に遊びに行くようになりましたが、
(村中心部から車で10~15分ほど走ったところ)


(こんなに沢山モノを知っているし、落ち着くところなのになんでもっと遊びに来なかったんだろう!)


と、実感しています。


やはり、地元にずっと居たらわからなかったんだろうな、とも思います。



それらは決して強要するものでもないですが、


核家族世帯も多い世の中なので、おじいちゃん・おばあちゃんとの交流が自然と希薄になってしまっている現状もあると思うので、そのような時間や機会を提供してあげられたらな、と思います。


「話してみたいけど話し方がわからない」
そう言った声も聞いたことがあります。


大丈夫、おじいちゃん・おばあちゃんは、沢山の引き出しを持っています。


一つ質問すると、十くらいの知恵が返ってくることもあります!!



そして、実はおじいちゃん・おばあちゃんも緊張していたりします。


何だか思春期の男の子と女の子のようですね(笑)



いつの間にかうちとけて、笑いと癒しの空間が出来上がるというのは、不思議ですね。





それでは今日はこのへんで♪



本日もブログを読んでいただきありがとうなのだ♪

[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-03-14 17:16 | Comments(10)

前回記事の復興応援フィールドツアーの記事と動画、
たくさんの方々にご覧いただき
本当にありがとうございました016.gif


後日、ツアー受入のお礼がてら
とある農家さんを訪ねると・・・
c0259934_16304932.jpg

今が旬の"ひじき"を絶賛煮込み中!

タンサン(重層)を入れてよ~く煮て、灰汁を抜きます。

薪ストーブは火力自慢066.gif
大量のひじきを釜にどかっと投入して、
ぐつぐつ煮えたぎる釜に差し水をしながら、どんどん煮込んでいきます。


そういえば、このお宅にツアーの事前打ち合わせにお邪魔したときも
ちょうど薪ストーブで小豆を煮ている最中。
c0259934_1633545.jpg

その横で、おだんごをホイルに包んで、焼いてくれました043.gif

ほかほかを頬張り
私も笑顔、おばあちゃんも笑顔043.gif

c0259934_16364396.jpg



そして、先日の復興応援フィールドツアー。

宿泊場所のお宅にて

外から帰ってきたみんな、
あったかい薪ストーブのまわりに集まります。
c0259934_16441917.jpg

都会では珍しいものなので、すごく新鮮だったり。

ストーブの上では、食べやすいようにと
小さく丸めた「豆しっとぎ」を焼いています
c0259934_16502784.jpg


「石みたい~!」なんて言いながら、
「おいしい~!」と、手を伸ばしながら。

薪ストーブをまあるく囲んでの会話は深夜まで弾み・・・

知らずと、みんなの仲も深まったようです037.gif

「薪ストーブを囲んだ夜が、とてもいい思い出です!(学生さん談)」


煮たり焼いたり

人の心や 場の雰囲気まで あったかくしたり


そんな薪ストーブの季節も
もうしばらくすれば春の足音とともに
過ぎてゆくのでしょうが、

野田村は、まだこれからが雪の季節。


もうしばらく、薪ストーブでほっこりできそうなのだ^^
c0259934_1714830.jpg



今回もブログをご覧いただき、ありがとうなのだ♪

(やまみん)
[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-03-06 17:42 | のだ村小ネタ | Comments(6)

皆さんこんにちは、お久しぶりです♪

普段から村の魅力を何とかして伝えたい、と思っているわけですが…

その魅力を伝えるチャンスがやってきました!

去る2月23日~24日、

”野田村復興応援フィールドツアー”
と称して、

大阪・八戸から学生さん方が来てくれました!

今回は、大学を休学して村の復興支援をしてくれている

大阪大学災害ボランティアサークルすずらんの、

塩田くんとの合同企画です。

c0259934_15162789.jpg


バスで17時間もかけてやってきました!!(お疲れ様でした♪)

本当の意味での村の魅力を体感して欲しい、

そんな面も兼ね合わせたツアーということで、今回は

もりもりMORIMORIてんこ盛り!の内容でした!

・こたつ列車
・塩づくり体験
・のだ塩を使用した昼食
・鮭孵化場見学
・手芸体験(グラシアの会)
・凍み豆腐作り
・ワカメのしゃぶしゃぶなど(漁港)
・寒締めほうれん草収穫
・しいたけ体験
・木工体験(だらすこ工房)
・しだみ団子作り

そして夜は農家さんの家に全員で宿泊ということで、

まさしく、野田村と学生さんたちがたくさん交流できるツアーとなりました♪


学生さんたちの想い出に残って欲しいと、

ついつい沢山撮影した映像を短縮して編集してみましたが、

それでも、1日目、2日目と全日程を追わせていただいたので、

いつもアップしている映像の3倍くらいはありますが、

その分、楽しさも3倍以上!だと思います♪


外から来てくれた人々が、

野田村に来て野田村にふれ、たくさんの笑顔を想い出としておいて行ってくれたので、

いつもブログを読んでくださっている皆さんにも

ぜひぜひおすそわけしたいと思います!!


それでは…

Here we go ♪ なのだ♪


~1日目~



※端末によっては上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧下さい♪

~2日目~



※端末によっては上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧下さい♪

真剣に説明を聞いたり、

他愛もないことで笑い、楽しんでくれました。

私自身も、 ”あぁ、野田村はやっぱりいいところなんだな”
そう、実感したツアーでした。

野田村側だけが元気や勇気をもらうだけではなく、


来てくれた皆さんにも、

「よし、明日からまた頑張るか!」そう思ってもらえたら素敵だなと思います。


この記事(映像)をみて、


笑顔になった人が少しでも多くいますように♪





本日もブログを読んでいただきありがとうなのだ♪

[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-02-27 15:58 | Comments(6)