こんにちは!
まずは前回のクイズの答えから。

とおぱね」・・・皆様、わかりましたか?

答えは・・・「小さいカエル」でした!

遠くまでぴょーんと跳ねるから、だそうです。(とおくにはね・・・で「とおぱね」)

方言っておもしろいですよね006.gif

--------------

野田村にきてから
夕方になると、太鼓の音が聞こえだす日が
たまにありました。

最初は「なんだろう?」と思っていましたが
野田村には「なもみ太鼓」という郷土芸能があり、
どうやらその練習の音だったらしい。

なもみ太鼓・・・
ネーミングから察するに、
あの姿で太鼓叩いているんだろうか。。

・・・と気になっていたところ
昨年12月に開催された二戸駅の開業10周年イベントに
なもみ太鼓が出演するということで、観に行きました。

そしたら、すんごくかっこいい!!
大迫力で、とても感動したのを覚えています。
(あの姿ではありませんでしたね。笑)
c0259934_11493851.jpg


そしてこのたび、練習の様子を見学させていただきました!

この日の練習は5名の方々。
かわいい若い女子達もいますね~016.gif
c0259934_14301632.jpg

まずは基礎練習から、何種類かのリズムを、ひとつずつじっくり練習していきます。
c0259934_14344160.jpg

c0259934_14372683.jpg

c0259934_1440286.jpg

この迫力を少しでもお伝えすべく、最後のほうに動画をUPしますね!

※映像は(もちろん)カットしていますが、
実際は基礎練習~演目練習と、休憩を挟みつつ、2時間ほど行います。

休憩の合間に私もバチを握らせてもらいましたが…

太鼓を叩くには、まず体勢が大事!
かなり足を開いて腰を低い位置に落としてどっしり構え、
腕のみでなく全身で叩くんですね。

そのため、もっとも最初に練習することは
腰をおとしたその体勢と、体重移動からなんだそうです。

私も少々やってみましたが・・・
ずっとやっていると、膝がプルプルいいそうになり(笑)
「練習すれば慣れるよ~」
は、はい。当方、運動不足でした…^^;


なもみ太鼓は約2年の準備期間を経て
昭和63年4月に初めての発表会を行い、スタートしました。
村の伝統文化「なもみ」にちなんで「なもみ太鼓」と名付けたとのこと。
現在は6名で、週2回練習を行っています。
曲や振りなども、皆さんで考えるとのこと!

メンバーの一人、新山さんは平成6年に加入。
かれこれ19年になりますが、
観てもらい、喜んでもらえることにやりがいを感じて続けているそうです。

実際、二戸で観たときも
今回見せていただいた練習でも
ため息の連続でした。

太鼓の迫力と、ほど良い緊張感。
叩き終わった後は、まっすぐ直って、礼をする。
その後表情がほどけ、こぼれる笑顔まで
本当に素敵だなと思いました。

なもみ太鼓は年に20~30回ほど
村内外のイベントなどに出演し、多くの人々を魅了しています。

昔よりも人数が減ったとはいえ
村の若者がやりがいを持って引っ張っている姿に
小さな村の大きな元気をもらった気がしました!

なもみ太鼓の皆さん、ありがとうございました^^

最後に練習の様子を映像でどうぞ!



※端末によって上手に閲覧できない場合がございますので、その場合はこちらからご覧ください♪


※ちなみに、新メンバーも大歓迎とのことです☆

(やまみん)
[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-04-12 13:45 | Comments(2)

こんにちは♪

強風ですが奇跡的にバランスを保っているしもむんです070.gif


本日も皆さんにご紹介したいものがありますが…その前に、

前回の渓流釣りでの「クイズ」の正解を申し上げます!!



まず、一枚目ですが…

c0259934_16264624.jpg



正解は、「ばっけ(ふきのとう)」でした♪

そして、ちょっと難しかったと思われる2枚目ですが…



c0259934_17172945.jpg


拡大したので画質が荒いですが…

実は…私こんなところでのんちゃんと日光浴をしていました♪

これ、本当にネタの為に寝たわけではなく、(ダジャレではありません)冒険心の強いしもむん(と、のんちゃん)は、

枝をかき分け浅瀬を渡り石にのぼってみたわけですが、

日差しが気持ちよすぎてこうなりました。

(難題ですみませんでした笑)011.gif



さてさて!

以前、野田村の郷土料理でもあるしだみ団子をご紹介しましたが、

それ以外にも、昔から伝わるおやつがあるんです!


じゃが芋を乾燥させ粉にして作る”芋もち”です。

芋もちは、野田村特有というわけではなく、主に東北地方で昔から作られているお菓子ですが、気候などの関係で、特に野田村ではおいしい芋の粉を作ることができるんだそうです。

ちなみに、今ではおやつとして作られていますが、戦後の食糧難の時代には、米がなく、味付けは塩のみの芋もちを食べたんだそう。

野田村の明内地区に芋もちを作っているおばあちゃんが居ると知り早速行ってきました!!

リエおばあちゃんです058.gif


c0259934_840475.png


「今年は雪が早く降った為、芋が雪に埋まってしまい、あまり沢山粉にできなかった」


と言っていたのですが、


好奇心旺盛な私たちは、

「作り方とかだけでもいいので教えてください♪」



と、お願いしました(>_<)



お宅へ伺ってみると……


母屋とは別の作業場から顔を出したリエおばあちゃん♪


どうもどうも~いや~おめぇさんだぢぁ来っかど思って芋の粉ぁやってみだんだ~、入ってけさんし♪いや~あなたたちが来ると思って芋の粉を作ってみたよ、入ってちょうだい♪)」


と、何ともお優しい(T_T)


お言葉に甘えて作業場へお邪魔しました♪


芋は、冬に採ったら1ヶ月~2ヶ月ほど寒ざらし(寒い空気で乾燥させる)にします。


干し柿の時もそうでしたが、この期間は天候によって毎年若干違うそうです。


そのあと、春になり木の芽が出てきた頃、


うすでつき、粉にします

c0259934_8415394.jpg


粉にする作業も、きちんと乾燥した時を選ばなければならないので、少しでも湿っぽいとねっとりして粉にならないそうです。

難しい(>_<)


ちなみにリエおばあちゃん、70歳になってからこの作業を始めたんだそうです!


小さい頃おばあちゃんのお手伝いをしていた時の感を手がかりに試行錯誤し、


慣れてきたのは1年くらい経った時。





茶碗の1/3粉を入れ、それにお湯でかき混ぜてとしても食べたんだそうですが、

「よく”寒中にさらすと風邪には効ぐんだ~”とおばあちゃんに言われて食べていたけど、実は騙されてるだけだった~

と、笑うリエおばあちゃん(^^)


この日は一連の作業を見せてもらったあとは、できあがった芋餅でおやつタイム♪


c0259934_8435385.jpg


おじいちゃんがわざわざお茶も持ってきてくれました♪


せっかくなので、お家にもお邪魔させてもらい、おじいちゃんとも談笑しました♪


昔話や方言の話、時間があっという間でした!!



本日の様子も少~しだけですが、映像でお楽しみください!








※端末によって上手く閲覧できない場合がございますので、その場合はこちらからご覧ください♪



そしてそして、前回のクイズに引き続き…

おじいちゃんから教わった方言で、私たちでもわからなかった方言がいくつかあるのですが、

その中で一つ!!皆さんにクイズを出したいと思います♪


Q.”とおぱね”とは何のことでしょう??


難題続きだと皆さんにそっぽを向かれてしまうので…今回はヒントを出します!

ヒントは「虫」です♪



それでは、本日もブログを読んでいただきありがとうなのだ♪

[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-04-10 16:46 | Comments(4)

前々回の記事にて
「今度、釣戦(挑戦)してみるぞ!!」と
やる気満々のしもむんでしたが…

早速この週末、渓流釣りに行ってまいりました!

私たちは何せ超・初心者なので…
釣り男・佐々木くんにインストラクターをお願いしました。
佐々木くんのお友達・小学5年生のシュウヤくんも一緒です。
c0259934_1527367.jpg


下安家漁協で遊漁券を購入して遊漁承認を得たあと、
いざ安家川を上流方向へGO♪

春の安家川はとてもきれい
c0259934_13512349.jpg

c0259934_13532419.jpg

川の流れる音をただ聴きながら、深呼吸。
c0259934_15211887.jpg

目からも耳からも鼻からも…全身でのんびり自然を満喫していると、

「つれた!」

声を上げたのは、シュウヤくん。
先陣切って、ヤマメをゲット!
彼はこの後、2匹、3匹…と、大人を横目に釣果をあげていきます005.gif
ぬおー。大人も負けてられん!(←大人気ない)
子どもが簡単に釣れたんだから、初めてでも、私だって!

私だって・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・ツレナイ

つ、釣れない。。。

ビギナーズラックっていうし
一匹くらい、まぐれでかかるんじゃないかな~なんて
軽く思ってましたが・・・本当に釣れずorz

以前より聞いてはいましたが…釣りって本当に、技術を要するんですね。
魚がいそうな場所を見極め、水中のルアーを細かく操る。
初心者には難しく、釣りの難しさ、奥深さを実感034.gif

でも、次こそは!今度こそは!となぜか夢中になり、
佐々木インストラクターの見よう見まねで
狙う場所や投げ方を、自分なりに磨いていきました^^
狙ったところに投げられるようになると、ますます楽しくなり…071.gif

釣りの様子は、このあとの動画を観てみてください072.gif

そして…渓流釣りは意外にも、体を使うんですね!!

少しずつ上流へと移動しながら釣る場所を変えていくのですが、
そのたびに渓流と道路の上り下りをするんですね。
今回は6~7回ほど場所変えをしましたが、
道なき道を、全身使ってえっちらおっちら。
まるで、プチ登山066.gif

釣りって竿をもってただじっとしているイメージでしたが、
移動が結構な運動になる渓流釣り、ある意味スポーツでした^^;
ちなみに佐々木インストラクターが一人で行くときは
この日の3,4倍は移動するとのことで!!009.gif
感服です。。
情けないけどやまみんは今回ので精一杯です…汗

佐々木インストラクターとシュウヤくんの頑張りのおかげで
今回の釣果は計12匹

安家川、渓流釣りが解禁になったとはいえ
まだ水温があまり上がっておらず、まだそんなに釣れないらしいので、
上々の釣果とのこと017.gif

大物は、佐々木インストラクターがゲットしたアメマス
c0259934_142443100.jpg


釣れた魚は、囲炉裏と薪ストーブで塩焼きに♪
c0259934_15441042.jpg

炭火の消臭効果で川魚の臭みもとれるらしく、ほくほく香りよい美味しさ053.gif


大自然を体感しながらの渓流釣りは本当に清々しくて、気持ちのよいものでした!
もう少したてば新緑の季節、山も川もまた違った表情になると思うので
それも味わいがてら、またリベンジに行くぞ~066.gif

と、いうことで
詳しい様子は、こちらの動画からどうぞ!!




※端末によって上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧ください♪


<おまけ>


c0259934_14584181.jpg

c0259934_1502355.jpg


答えは・・・次回★

※渓流釣り初心者の方は、熟練者と一緒に行ってください。
 山は天気が変わりやすく、水際は事故も起こりやすく大変危険ですので
 十分ご注意ください。
[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-04-08 17:07 | 何でも体験取材 | Comments(6)

新年度がスタートしましたね!
今年度も当ブログ「のだ村に暮らすのだ!」を、どうぞよろしくお願いいたします016.gif


少しずつ少しずつ春に近づいている、野田村です。
雪が積もっていた山側の地区でもだんだんに雪解けし、
根雪が残りながらも 日差しがだいぶあたたかくなりました。

c0259934_152558100.jpg


山あいにある、日形井(ひかたい)川。
春の日差しが差し込み、川底まで見える透明さ・・・

c0259934_15281922.jpg


だいぶ、春っぽくなってきました056.gif

----------

そんななか…先日は「浜の口開け」の日でした。

野田村では、訛ってはまのぐぢと呼びます。
(イントネーションは はまのぐ って感じですかね)

いわゆる、浜の解禁日です。
たくさんの人達が海藻や貝などを獲りにきていました001.gif

※潮の満ち引きの関係から、解禁日時は限定。
 今回は漁協の組合員のみが対象でした。
 組合員以外も対象の日がある予定とのことです


c0259934_15574376.jpg

c0259934_1610132.jpg

c0259934_16135732.jpg

c0259934_1615879.jpg


みなさんにお話伺いたいところですが
お邪魔はできませんので
・・・一時間後に出直すと(笑)、
皆さん、ちょうど作業を終えてあがってきているところでした!
c0259934_1622528.jpg


すみませ~ん…と、採ったものたちを見せていただきました♪


c0259934_16243866.jpg

c0259934_16255060.jpg

c0259934_1627348.jpg


「まりご」と呼ばれるこの貝は、ムラサキイガイとかムール貝の類のようです。

どうやって食べるんだろう?と気になっていたところ…、このあと食べてみることができました!

この後の動画にて、その様子をどうぞ観てみてくださいね♪
(「まりご」のイントネーションも、動画で確認してみてね~^^)


それにしても、野田村のおじいちゃんおばあちゃんは
本当にパワフルでたくましい方が多いんですね。

この日は良い天気ながらも、海辺は結構な強風。
水を含んだ海藻や貝なんかも、結構重いでしょうに・・・

背中に戦利品の入った籠をしょって、みんな笑顔で海から上がってきます。
c0259934_16545219.jpg


このおばあちゃんは、私たちを見るなり座り込んで籠をがさごそ。
何がでるかな?
c0259934_17153719.jpg


収穫したものを自宅に持ち帰ったら
選別や加工など、食べるまでにひと手間もふた手間もかかりますが…
海辺の村、野田村では
きっとそれが当たり前の日常なんだなと、感じました。

これからが春本番。
野田村では、どんな自然の恵みがあるのかな?と
今からとっても楽しみな、やまみんでした037.gif

・・・ということで、
「はまのぐぢ」の様子を動画にてご覧ください♪



今回もブログをご覧くださり、ありがとうなのだ!

(やまみん)
[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-04-01 16:48 | のだ村小ネタ | Comments(12)

3月!

卒業別れ、そして年度末による多忙、と切なくめまぐるしい季節のイメージですが…

実は、渓流釣りの解禁月でもあります!



野田村役場で、釣り大好きBOYを発見しました!!


「え?取材?今ですか?語りだしたら止まりませんよ?」


と言いながら彼の釣りトークを聞かせていただきました♪


c0259934_11384176.png



先日、野田村の『安家川』という川へ釣りに出かけたそうですが、

「全然釣れなかったですよ~」

と言いながら、立派なヤマメイワナの写真を見せてくれました!


c0259934_1321855.jpg


この日は約25cmの源流イワナ(天然)と、約13cmのヒカリヤマメが釣れたそうです。


4~6月になると50cm超のサクラマスが釣れるそうで、この時期が一番好きだそうです♪


初めてサクラマスを釣った時の魚拓もあるよ!と、得意気の佐々木くん。


サクラマスは、アラ汁、お刺身、塩焼きにしたりと、様々な料理ができるそうです。

全部、食べてみたいですね♪011.gif



また、10月~2月の禁漁期間は、海へ行きドンコやアイナメ等を釣るそうです。



そんな年中釣り人の彼に聞いてみました。

『佐々木くんにとって、釣りとは?』



”軽い自分探し”ですかね』



か、かっこいい!!!




釣りをすると、自分が知らない自分を、見つけられるかもしれません。



『あ、それから、釣りって結構性格が出るんですよ。やっぱり我慢勝負なんで。』


これも、なるほど、ですね。


逆に言うと、釣りをすることによって我慢強くなれるかも?!





海も川もある野田村なので多彩な釣りが楽しめます。



海は海の、川は川の良さがありますが、


川は特にも木々や石、動物等の自然に囲まれながらなので、



ちょっとしたヒーリング効果もあるかもしれませんね。



よしっ!



今度、釣戦(挑戦)してみるぞ!!



ということで、


本日もブログを読んでいただきありがとうなのだ♪


                                      
[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-03-21 13:09 | のだ村小ネタ | Comments(8)