世界の人と繋がろう!なのだ!~台湾編

みなさん「復興ありがとうホストタウン」ってご存知ですか?


c0259934_14361896.jpg
2020年東京オリンピック・パラリンピックにおいて
野田村が「復興ありがとうホストタウン」に選ばれ
台湾のホストタウンになりました!

※ホストタウンとは・・・
よく姉妹都市などと耳にすることがありますが、
似たようなものがホストタウンです。
日本の各都市は東京五輪のホストタウンになることで
参加する外国の選手団を迎え入れ「おもてなし」をします。


今後、外国の方々、主に台湾の方々との
交流の機会が増えることが考えられます。

そこで、これから来村する外国人観光客等に
よりよい「おもてなし」ができるよう
国際交流の意識を高めようという教室が開かれました。

c0259934_15035336.jpg
「世界の人と繋がろう!国際交流教室」台湾編


c0259934_15040304.jpg
講師の菅沼レイブンさん(岩台朋友会・台湾出身)
盛岡の専門学校で中国語や観光ビジネスを教え
カルチャー教室での教師も務めている。

ご主人の菅沼則行さん(岩台朋友会)とともに
台湾の紹介や岩手と台湾の絆、
台湾が親日家な理由、東日本大震災での支援などについて
詳しく教えてくださいました。



c0259934_15042029.jpg
すぐに使える中国語!
ニィハオ(こんにちは)
シェイシェイ(ありがとう)
ザイチェン(さようなら)

ザイチェンは漢字で『再見』と書きます。
中国語では「さようなら」という意味の言葉はなく、
再見=「また、あいましょう」という意味になるそうです。

意味を知ると「さようなら」ではなく
ザイチェン」と使ってみたくなりますね~。

 
c0259934_15042940.jpg
台湾の方が野田村へ来たら、こう言おう!
「ホヮンイングァンリン イエティエン」
(ようこそ 野田へ


中国語には、同じ言葉でもいくつかの発音を持った言葉が多いため
単語をしっかり区切り、大きく抑揚をつけて話すのがポイントだそう!
(中国人の日本語の話し方に特徴があるのも中国語独特の発音のように話すからなんだそうです)

それでも通じない時は筆談!
漢字を書くと通じることが多いそうですよ~。


今回の教室には、
1月に国からの支援を受け、台湾訪問をした
野田中学生の4人も参加し勉強しました。

c0259934_09453101.jpg
台湾訪問
(写真:左側4名が野田中学校の代表生徒)

4名はたくさんの希望者の中から選ばれた子たちだそうですよ~。
みんなの期待と応援を糧に頑張ります!!


c0259934_09454016.jpg
東日本大震災でたくさんの支援をしてくれた
台湾の方々に感謝の気持ちを伝えたり、
オリンピック出場予定選手の
取材などしてきました。

※震災後、台湾から義援金のほか、
中学校の和太鼓や小学校の楽器、スポーツ用具など
さまざまな支援をしていただきました。



c0259934_15044824.jpg
台湾出発の前には
カメラの使い方や写真の撮り方なども勉強!

「復興『ありがとう』ホストタウン」プロジェクト2017
~「だから、ありがとう」
映像のプロに学ぶ・ポスター制作
講師は榎田竜路さん(合同会社 アースボイスプロジェクト代表)



このあと
ポスター制作や台湾訪問の報告会を通して
村民の方々など国内外にも広く発信していきます。




c0259934_16495904.png





(さっきー)


[PR]
Commented at 2018-03-03 11:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-03-06 10:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nodakurashi11 at 2018-03-06 11:55
大変失礼致しました。
ご指摘だけでなく、お気づかいまでしてくださり
ありがとうございます。
訂正させていただきました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
by nodakurashi11 | 2018-01-22 10:42 | Comments(3)