2018小正月~今年も「なもみ」がやって来たのだ!

毎年恒例1月15日の小正月行事が行われました。

昔は野田村でも各家庭ごとに盛大に行っていたそうです。
今では神様にお供えをしたり
地域の行事に参加するくらいの家庭が多いのではないでしょうか。

c0259934_13230560.jpg
c0259934_13231717.jpg
どんと焼き
正月飾りやお札などを燃やし
正月に天から下りてきた歳神様を
炎とともに見送ります。


c0259934_16463009.jpg
朝7時からの受付に続々と飾りやお札を持った方々が


c0259934_13233372.jpg
だんごしば(みずきだんご)
ミズキの木にいろとりどりの団子や
願い事を書いた飾りを飾りつけ
五穀豊穣、無病息災など祈ります。
(全国的には「もち花」と呼ぶようですね。)


c0259934_13235145.jpg
村内3つの保育所の子どもたちが飾り付けてくれました♪


c0259934_13240552.jpg
飾りも子どもたちの手作り♪


c0259934_13241485.jpg
もちつき&おふるまい
つきたてのきなこもちと甘酒の
おふるまい。


c0259934_13242395.jpg
冬休み中の小学生は
たこあげ、竹馬、福笑いなどに挑戦!


c0259934_13315404.jpg
なもみ太鼓
夏に伺った時から
さらに2名の新人さんが増えた様子!
小学生が3名になってました。


c0259934_13320213.jpg
大黒舞
煌びやかな衣装で登場!
踊り手は村内のお母様方。


c0259934_13321060.jpg
愛宕参道で行われている
『新春初市』でも大黒舞を披露!
恒例のもちまきも!



夜には災いを祓い祝福を与える
『なもみ』が村内を練り歩きました。


c0259934_13321706.jpg
なもみ
伝統的民俗行事。
なもみは神様や仏様の化身なのだ!

昔、冬に囲炉裏にあたってばかりいると
「なもみ」と呼ばれる低温やけどができた。
怠け者の証のなもみを剥いで戒め、
災いを祓い祝福を与えたことから
「なもみ」と呼ばれている。


c0259934_13322881.jpg
「ゆーごどーきがねー わらすーばー せでぐどーーー!!!」

※野田村においては幼児に対する
教育手段の一つとして理解されています。




※なもみのVR(バーチャルリアリティ動画)デビュー!!
小正月のなもみ訪問の様子が
IBC岩手放送の「VR IWATE 360°」アプリ内で配信されています!!
ぜひご利用してみてください!
http://www.ibc.co.jp/vr/


c0259934_16495904.png





(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2018-02-01 13:52 | Comments(0)