つながりは第2ステージへ!なのだ!

野田村でのラジオ放送局開局を目指して活動している
のだむラジヲ開局準備会によるイベント
『のだむラジヲフェスタ』に行ってきました~♪


11月のよ市以来のねま~るでのイベント!

そして、今回は野田村スタンプ会の協力により

子どもたちもたくさん参加してくれたようでした!!


私は午後から参戦!

着いた途端、「午前中、子どもたちいっぱい来てたよ~!」と。

タイミング会わず…残念…。^^;


店舗に入りきらないほどの来場者の様子は

のだむラジヲのfacebookをご覧ください。

https://www.facebook.com/nodamuradio/



c0259934_09540397.jpg

バレンタインチョコ・スタンプラリー
野田村スタンプ会のお店(29店舗)を
5店舗以上めぐりチョコをもらって
空くじなしの福引!!



c0259934_09512474.jpg

スタンプ会 福釣り
満点台紙を持参すると商品券が当たるチャンス!



こちらは
ワンコイン(500円)ものづくりコーナー


c0259934_09542548.jpg
ねま~る新店舗!
3月オープン!てしごと屋さんによる
マリンローズアクセサリーづくり
と、
ねま~るのすぐそば!
南部福来豚も売っている電器屋さん
北末さんによる
オリジナルランプづくり



c0259934_09543363.jpg

3月3日オープン!
野田玉川鉱山 Noda Craft Jewelry
てしごと屋 本店


村の特産品であるマリンローズ
(バラ輝石・ロードナイト)の

宝飾品の加工・販売。

気に入ったデザイがあれば
ピアス、イヤリングなどは付け替えも可能だそうです。
印鑑も作れるそうですよ~!



c0259934_09544187.jpg

商工会青年部さんの綿あめコーナーでは
綿あめを自分で作れるとあって子どもたちに大人気!
あっという間に売り切れとなっていました~。



もちろん、ラジオ放送も!
今回の会場でもあり、のだむラジヲスタジオのある
リメンバーホープヴィレッジねま~るより
近隣の方々に電波を通じてお送りしました。


c0259934_09544934.jpg

フリートークはおてのもの!ふじポンさん
北限の海女観光PR隊の藤織ジュンさんが
のだむラジヲを盛り上げてくれました!

その他、野田村の方々が訛りいっぱいに
お店の宣伝をしてくれたCMが流れたり
震災の体験談、山葡萄ワインについてなど放送されました。


c0259934_09550083.jpg

同時開催のセミナー
『北三陸×出会い・恋愛・結婚』
~自分らしい出会い・恋愛・結婚とは?~


お二人の過去の恋バナや好みのタイプなどなど
そこまでしゃべってくれちゃうの~!?
というくらいたくさんお話してくれました。


※ふじポンさんのブログに野田村での様子が書かれていました。
 ブログは
こちら
http://blog.fujipon.info/?eid=1439843


この『のだむラジヲ』現在では村民が中心となり
村内でのラジオ放送局開局を目指して活動していますが
これは、震災後、大阪大学の取り組みから始まったものでもあります。

阪神大震災を経験し、災害の研究もされている大阪大学
震災直後から野田村にボランティアとして来てくれていました。
あれから7年、復興支援と相互交流を継続し
野田村を元気にしようと活動してくれています。

このつながりをより一層のものとするため
大阪大学と野田村の協定調印と
それを記念したコンポジウムが行われました。



c0259934_09550923.jpg

大阪大学大学院人間科学研究科・野田村
大阪大学オムニサイト(OOS)協定
調印式
共に創造していくパートナーとして
大阪大学とのつながりは第2ステージへ!


野田村全体が大阪大学のキャンパス!
村内で関西弁が聞かれることに違和感がなくなった。
『野田村になんとなくよくいる大阪大学!』
(村長)


3.11がなければ私たちはここにいなかっただろう。
支援には覚悟が必要!
今後も野田村の人々と関わり、発展を願う。
(大阪大学 栗本英世研究科長)



c0259934_09551738.jpg

大阪大学大学院人間科学研究科・野田村
オムニサイト(OOS)協定調印記念コンポジウム


※オムニサイト=あらゆる現場
※コンポジウム=音楽コンサート+シンポジウム
(音楽を交じえながらのシンポジウム)



c0259934_09552442.jpg

震災直後に千葉教授(右)が作った曲
『♪それでも桜は咲く』を披露していただき
サビの部分を会場のみなさんと一緒に歌いました。

千葉教授…両親が宮城県出身。
自身の気持ちが沈んでいた時に兄から曲作りを依頼され
それどころではないと思ったが作っているうちに夢中になり
自身の気持ちも上向きになった。
曲が出来た当初はいろんな思いから涙が止まらなかったそう



♪それでも桜は咲く
大地に 根をおろして
きびしい冬の日々にも
新たな芽 育みながら

それでも桜は咲く
寒さに じっと耐えて
春の訪れ告げる
そのいのち 続く限り



大阪大学のみなさん、ありがとうございました。
そして、これからも・・・。



※調印式の様子が大阪大学のホームページにも掲載されています。
http://www.hus.osaka-u.ac.jp/oos/events/reports/180218145400/

c0259934_16495904.png





(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2018-02-27 17:17 | Comments(0)