木の魚の美術館 なのだ!

世界にひとつしかない「木の魚の美術館」として
5月にオープンした深渡栄一さんの
魚の番屋~木彫りの魚美術館』へ行ってきました~!

c0259934_09421235.jpg
こんにちはなのだ。


漁師が造る魚の美術館は海の近くではなく
野田村でも山側の和野平地区にあります。
ルートに関する問い合わせが多いということで
写真を撮ってきましたよ~。

c0259934_09422188.jpg
①国道45号線 陸中野田駅より南側
昨年3月開業した十府ヶ浦海岸駅の脇
三陸鉄道の線路下のトンネルをくぐり
道なりに進んでください。

三陸縦貫道の工事が行われてるところもあるので
気を付けながら進みましょう!

c0259934_09423010.jpg
②分かれ道には「魚の番屋」の
手作り看板がありますので
矢印に従って進んでいきます。

c0259934_10143479.jpg
③バス停(上米田)とごみステーションが目印
(和野平まで2.4㎞)

c0259934_09424821.jpg
④ここからは直進!

c0259934_09425755.jpg
⑤この先は上り坂と急カーブがしばらく続きます。
民家もなくなり、山道で不安になり
戻ってしまう方もいるそうですが大丈夫ですよ~。
坂を上り切ったあたりにあります。

c0259934_09430681.jpg
十府ヶ浦海岸駅から約8分程で到着です!
右側に看板、奥の白い建物が『魚の番屋』です。

今は何もない白い外壁ですが
近々、盛岡情報ビジネス専門学校生がデザインした
森から魚が生まれ海へ泳ぎだす様子をイメージした
イラストが描かれるそうです。


深渡栄一さんの魚の番屋。
およそ350点の作品が展示され、
これまで製作した作品は優に800点を超えているそうです!
展示されていないものも100点以上。
自宅にもまだまだ400点以上の作品があるそう!!!
内装も自らデザインし行ったそうです。

c0259934_09431679.jpg
大きいのだ~!

こちらのセイウチさん
よく見ると尾のあたりにひっかき傷が…。
なんと、自宅敷地に置いておいたら
クマにやられていたそうなのだ!!
クマも戦いを挑んでくるほどの作品の出来栄え!
ぜひ実際に見てほしいのだ~。

c0259934_09432327.jpg
現在はチェンソーやノミ等を使って製作しているそうですが
製作当初は「マキリ」という漁師が使用するナイフや
お子さんの彫刻刀等を使って作っていたそうですよ。


テレビ番組「ナニコレ○百景」にも
出演したことがある深渡さん。
先日もまた取材を受けたということで
そのうち放送されるかもしれませんよ~!
要チェックです!!!

実際に作品を見ると大きさや細かさに驚かされますよ!
ぜひ、その目でお確かめください。
お待ちしてます。^^


☆---------------------------------------------
魚の番屋
~深渡栄一 木彫りの魚美術館

野田村野田第8地割324-2
℡/0194-66-8866
ウェブ / http://fukawatari.sakura.ne.jp/
-------------------------------------------‐-☆

こちらも参考に


c0259934_16495904.png





(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2018-06-20 16:40 | Comments(0)