人気ブログランキング |

カテゴリ:その他( 39 )

ホヤの分散作業

8月最終日、野田港でホヤの分散作業を行うということで取材に伺いました。
ホヤは12月に幼生が付着したロープをビニールパイプに巻き付け外海に放流し、
c0259934_14275444.jpg

成長したホヤを8月下旬あたりに一旦港に引き揚げて、
c0259934_14343240.jpg

ロープを解いて付着物を取り除き、
c0259934_14552611.jpg

50㎝位ずつに切ったロープをさらに太いロープに巻きつけ、再び外海に放流して
養殖するそうです。
ロープにはホヤの仔、貝などがビッシリ。貝などの余計な付着物を取り、
c0259934_16333136.jpg

太いロープに巻きつけるのですが、その際に巻きつけた部分を止めるのはなんと、
「結束バンド」。切れづらく、腐らない。ということで使われているそうです。
c0259934_14572627.jpg

結束バンドで太いロープにつながれたホヤの仔が付いたロープは様子を見ながら12月位まで
沖で養殖されます。
ちなみにホヤは産卵の時間があるそうで、朝型・昼型・夜型と別れているそうです。
育ったホヤを間引きし、再び沖で養殖という作業をおよそ半年位のスパンで繰り返し、
3年程で立派なホヤに育つそうです。
c0259934_14583976.jpg

私も野田村の丸々としたホヤを数か月前に食べたのですが、身は重く、中身もたっぷり。
独特の風味も口の中いっぱいに広がって最高でした。
毎年約60本程度の養殖用のロープを漁友会で作り、後は個人でやっている方もいるそうです。
c0259934_1640484.jpg

しかし、ホヤ好きな私からすると美味しい野田のホヤをもっと多くの方に
食べてもらえないのかと思ったのですが、野田ではホヤの養殖は難しいそうで、
養殖場所もホタテよりも沖で行うそうです。荒海ホタテもそうですが、沖で育てることによって
豊富なプランクトンを摂取でき、大きく育つそうです。
漁師さんにとっては手のかかる作業ですが我々は美味しい地元の海産物をいただける。
野田の海と漁師の皆さんに本当に感謝です。

話は変わりますが漁師さんって皆さんどんなイメージですか?
自分は野田村へ来る前は漁師は寡黙で怖そう、でも心は優しい。といった
イメージだったのですが野田村に来て印象はガラッと変わりました。
c0259934_15341424.jpg

思いやりがあって、面倒見が良くて、面白い。そして優しくカッコいい、に。
ということで今回の作業の様子を動画でご覧ください。



※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪


                (ロープごとホヤを買い占めたいくらいホヤ好きなもりりん)
by nodakurashi11 | 2015-09-24 13:52 | その他 | Comments(0)

ホタテの1次分散

8月初旬、強い日差しが差し込む中、ホタテの1次分散というのを行うという情報を聞き、
荒海団の安藤正樹さんに取材をさせていただきました。
c0259934_13462026.jpg

1次分散とは、毎年5月頃に北の海から親潮に乗って流れてくる1mmにも満たない
ホタテのラーバ(幼生)が野田の海に流れつくそうで、それを採取する採苗器
(玉ねぎのネットに網を入れたもの)を外海に仕掛けます。すると、その採苗器に
ラーバが付着し、栄養豊富な野田の海で8mm~10mmくらいに育ったものを8月初旬に
水揚げして選別、約50~60個ずつ三角ネットに分別し、外海で養殖することをいうそうです。
1次分散をすることが野田村の荒海ホタテの約束であり、こだわり
だそうで、ホタテの養殖をしている地元で行うのは他の地域ではあまりないそうです。

この1次分散は
①外海から採苗器を引き上げる
②港へ届ける
③採苗器から網を取り出しホタテの稚貝をタンクへふるい落とす
c0259934_133258100.jpg

④穴の開いたふるいで選別
c0259934_1336267.jpg

⑤約50~60個の稚貝を三角ネットに入れる
c0259934_1339598.jpg

⑥三角ネットの一番下におもりを結ぶ
c0259934_13433436.jpg

⑦外海へ運ぶ
c0259934_1350146.jpg

⑧外海の縄に結んで放流
c0259934_1353174.jpg

とこれが数日間エンドレスに続くのです。人手も必要で、我々が伺った時は
安藤さんの所で約10名位が作業をされていました。
c0259934_1355493.jpg

稚貝の選別作業の様子を見せていただいたのですが、小さいホタテがたらいの中で
元気に泳いでいる姿がかわいい!!思わず水槽で飼育したくなってしまうほどでした。
c0259934_13585086.jpg

ちなみにホタテは生まれた時から殻があるそうです。生命の神秘ですね~。
また、船に乗り外海での綱に三角網を結びつける作業も見学させてもらいました。
船が動いている時は涼しいのですが、外海での作業中はもちろん船も停まるのでドッと暑さが。
汗だくで黙々と作業をする安藤さん。ただ食べるばかりの我々は本当に頭が下がる思いでした。
c0259934_161364.jpg

この1次分散の作業が終わった後も2次、3次と作業は続きます。
こだわりと愛着を持って育てられた荒海ホタテだからこそ、品質も味も一級品なのでしょう。
肉厚で甘味と旨味がギュッと詰まった荒海ホタテ。生はもちろん、焼く、蒸す、煮る、揚げる、
どんな食べ方でも美味しく食べられるのは漁師のみなさんの努力があってこそ。
c0259934_16293582.jpg

う~ん、何だか急に荒海ホタテが食べたくなってきました。冷えたビールに荒海ホタテ。
冷酒に荒海ホタテ。ワイン?焼酎?はたまた紹興酒?何にでもあうからついついお酒も
進んじゃいますね。荒海ホタテを食べる時には飲みすぎに注意!?しましょう。
荒海ホタテを食べたい!!方はこちらからどうぞ。


それでは体験と見学を動画にしましたのでご覧下さい。



※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪



                                                  (もりりん)

by nodakurashi11 | 2015-08-24 14:54 | その他 | Comments(0)

こんにちは018.gif

先日、野田中学校2年生による職場体験が行われました。
体験したのは、2年生31人
2日間、14か所の職場に それぞれわかれて体験しました。
私たち応援隊も村内を巡り、中学生の活躍ぶりを取材させていただきました!!


まずは、朝イチで 野田港
野田港といえば、野田養殖組合長の勝さん!
c0259934_08315060.jpg


c0259934_14562017.jpg

蓄養センターで町田センター長と荒海ホタテや荒海カキを箱詰めし、発送準備
c0259934_09093936.jpg

洗浄したカキをネットに入れ直す作業
(船にも乗ったみたいですね~)
c0259934_14550806.jpg



日向保育所

園児チームvs中学生チームで玉投げゲーム!
(時間内に相手チームのコートに多く玉を投げ入れたチームが勝ち)
c0259934_09102049.jpg

ゲームを通して、子供たちの投げる力を養っているのだそうです。
c0259934_14575971.jpg



かまどのつきや

郷土料理の『けいらん』『うきうき団子』作り
c0259934_09104875.jpg


c0259934_14560905.jpg


c0259934_15001562.jpg



食べ終わって休んでいると、、、


「IBC岩手放送 わが町バンザイ!でーす!!」
と、テレビの取材陣が!!!
c0259934_09111839.jpg


c0259934_15022888.jpg




道の駅のだ
レストランぱあぷる
(2F)
ウエイトレス!
注文を受け、配膳、片づけ、会計
手慣れた様子で接客していただきました。
c0259934_15193126.jpg

c0259934_09113815.jpg



観光物産館ぱあぷる(1F)
塩蔵わかめの袋に真わかめのシール貼り
c0259934_08523621.jpg


ソフトクリーム作り&販売!
c0259934_15094625.jpg

c0259934_09233618.jpg



関本美容院

おおおおおーーー 首・・・
髪も巻いてるーーー! なんだか本格的!!!
c0259934_09121945.jpg

c0259934_15061787.jpg

c0259934_15063079.jpg



まるきん
和菓子を作ったそうです。
(私たちが着いた時には作り終わっていました…残念…。)
c0259934_15114604.jpg

c0259934_15020405.jpg



十府ヶ浦食堂

飾り包丁!?
ニンジンとキュウリで『ちょうちょ』を作っていました。
何度も練習した形跡…
c0259934_09165849.jpg


c0259934_15000717.jpg



私たち以外にも 突撃取材があったりとビックリすることもありましたが
中学生たちは、それぞれの職場で、それぞれの仕事に 一生懸命取り組んでいました017.gif

中学生のみなさん、恥ずかしがりながらも撮影させてくれてありがとうございました。
職場のみなさま、撮影に快く協力していただきありがとうございました。



c0259934_08544907.jpg

IBC岩手放送「わが町バンザイ!~野田村編」は
7/22(水) 19:00~放送されるそうです。
お楽しみに~060.gif
(岩手県のみでの放送です。)



それでは、すべて回りきれませんでしたが
各職場で頑張った中学生の様子をご覧ください。




※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪

(さっきー)



by nodakurashi11 | 2015-07-16 12:59 | その他 | Comments(2)


こんにちは018.gif

野田村の日形井(ひかたい)地区にあります
築150年以上の南部曲り家で民宿苫屋を営んでいらっしゃる
坂本ご夫妻に会いにいってまいりました。
c0259934_15491103.jpg

坂本ご夫妻は、23年前 旅の途中、
お隣、久慈市の山根地区で偶然「アジア民族造形館」の案内板を見つけ
「何あれ!?行ってみよう!」と野田村日形井地区を初めて訪れたそうです。
(苫屋は、アジア民族造形館のすぐそばです。近くにはアジアの広場(公園)などもあります。)


c0259934_16491318.jpg



「何ここ!!」興味津々!!!

そんな話を当時アジア民族造形館で働いていた方としていたら
「それなら住んでみたら!?」と苫屋を紹介され
その日、泊まり、そのまま苫屋のオーナーになってしまったそう!!!!
(自宅や畑は苫屋の先にあります。)
c0259934_15140124.jpg


c0259934_15120503.jpg



23年前の日形井地区は、まだ水道も引かれておらず
タイムスリップしたような感覚だったそうです。
(日形井地区には、キレイな川が流れています。)

同じ日本なのに言葉も違うし、生活も違うし、
まるで異国にいるみたい!!!

方言を聞くのも覚えるのも おもしろかった!!
(坂本さんは関西の出身です。)



野田村ならではの料理法!?
汁はどこ!?これは、おかず!?って思うほど
具だくさんの味噌汁
何日食べるの!?お皿?お椀?何にどう盛り付けたらいいの!?と思った
大量に作られる煮しめ

季節の野菜がどかーん
と並ぶ食卓

すべてが新鮮!!!!


最初は、軽い気持ち。
飽きるまでやればいいよいね~。とやることにしたの。
以前住んでいたニューヨークは5年で飽きたけど
野田村は未だに飽きないの~!
と笑顔で話す奥様の久美子さん043.gif
c0259934_17081474.jpg





この苫屋、電話がない民宿ということで、TVに紹介されたこともあります。
予約は、はがき・手紙のみになります。
c0259934_15514331.jpg


民宿のほか、昼にはランチ営業もしています。
この日のおまかせランチは わらびとチキンのクリームシチュー!
c0259934_8581835.jpg
使われている食材は、坂本さんの畑や近所で採れたものが中心です。
(だらすこ工房の箸置き!)
(ケーキは別売り\250)
c0259934_15541635.jpg


c0259934_16312045.jpg

c0259934_16392621.jpg

最後に、さっとこ告知、、、
たまにライブ会場にもなる苫屋!
次回は 9月5日(土) 18:00~
EARTH VS MYBLUES in 苫屋
みんなで見に来るのだ~♪

(さっきー)


by nodakurashi11 | 2015-07-11 08:30 | その他 | Comments(0)

野田村で充電なのだ♪

野田村。
それは元気の出る村。
元気を充電できる村。


今回は電気の充電の話です058.gif


野田村に充電ステーションがあるのはご存知でしたでしょうか?
実はわたしも最近までこの建物は何だろう?と思っていました。

c0259934_16474057.jpg

4月から利用されている充電ステーション。
野田村役場道の駅のだの2か所にあります。
こんな素晴らしい設備があるのに、知られていないなんてもったいない
そう思って今回記事にしようと思い立ちました。


6月に入り、充電ステーションのポスターも出来たようです。

c0259934_14280898.png
野田村のあったかい感じが伝わってきて何だか心がぬぐだまる♪(温かくなる)


『どういう目的で、作られたのだろうか?』
疑問が浮かび調べてみました。


野田村では震災からの復興にあたり、
再生可能エネルギーの活用による電力の
地産地消・省エネルギー社会の構築を図り、
災害に強い村づくりを進めています。
まずは公共施設の電力削減をテーマに、
LED照明の整備と共に情報通信を活用した電力の見える化を図り、
省エネ意識の向上に取り組んでいるとのことです。

うんうん。情報通信を活用した電力の見える化…?

c0259934_16223768.jpg

野田村役場の入口(入ってすぐ右上)にあります。
(村内公共施設の消費電力・発電量をリアルタイム表示しています。)
他にも野田小学校、野田中学校や道の駅のだ等村内に何か所かあります。


のんちゃん
「ちなみに野田村ホームページでも『電力見える化システム』で見れるのだ!」


子供から高齢者まで、省エネ意識が高まりますね(^^)!


そして充電ステーション
太陽光パネルで発電した電気をバッテリーに充電していて、
災害時には携帯電話の充電や炊き出し用電源などに
活用できるように計画されたものです。
(普段は携帯電話、パソコン、電動アシスト自転車のバッテリー、
シニアカー等の充電が可能です。)

そして充電の待ち時間に、自然と会話が生まれる…
そんなコミュニティづくりを目指して作られたとのこと。


なんと!元気も電気も充電できるとは(*^^*)
(ポスターにも書いてあるけど(笑))
電気充電の話のつもりが、元気充電の話にもなる
野田村ってやっぱり良い村~053.gif(再認識)


道の駅のだにある充電ステーションへ行ってみると、
偶然シニアカーに乗るおばあちゃんが!

充電してるところが見たくてお願いすると快く充電して下さいました(^^)
(野田村には優しいおばあちゃんがいっぱい!)

c0259934_15570774.jpg

のんちゃんもかごに乗せてもらって何だか嬉しそう!?060.gif
この日は風が強かったのですが、おばあちゃんとの会話でほっこり。
元気をいただいちゃいました♪
充電&お話してくれたおばあちゃん、ありがとう~(^^)053.gif

c0259934_15570946.jpg

ちなみに、中はこんな感じです。


c0259934_16382083.jpg


c0259934_16390886.jpg

皆様もぜひぜひ利用してみて下さいね(^v^)060.gif


利用可能時間:平日 午前9時~午後5時
問い合わせ先:野田村役場 特定課題対策課 0194-78-2963

(ぐっち)

by nodakurashi11 | 2015-06-11 13:21 | その他 | Comments(0)

こんにちは018.gif


♪暦の上では 衣替え~♪

ですが、朝晩とても涼しい野田村です。
(肌寒いともいう!?)

c0259934_17120294.jpg


先日、野田小学校4年生33人による

田んぼ作業体験事業①田植え体験におじゃましてきました~!

(年/⑤回行われる予定)


この日は曇っており、短パンでの作業は少し寒そう…002.gif

c0259934_17115280.jpg


指導していただく 広内さんの説明を受け

c0259934_17124684.jpg



一列に並んで 裸足で手植えに挑戦です!!!

c0259934_17130212.jpg


おそるおそる足を踏み入れ…
きゃー!ぎゃーーー!
気持ちいい~!気持ち悪い~!
それぞれ泥の感触を楽しみ019.gif

c0259934_17132411.jpg


最初は、みんな真剣に…

c0259934_17135980.jpg

c0259934_17134920.jpg


そして、、、
 ハプニング!!!

c0259934_17141940.jpg

c0259934_17143266.jpg


慣れない泥に足を取られ転んだり

足も手も顔までも泥だらけになりながら植えていました。

期待通りのハプニングもあり
とてもにぎやかな田植え体験でした~
041.gif


あれれ~! 一列どうなったの~!????

c0259934_17160932.jpg


c0259934_17155193.jpg


夏には、草取りや田んぼの生き物観察
秋には、稲刈り 脱穀
最後に、もちつき おもち給食の予定!

c0259934_17173035.jpg

c0259934_17170928.jpg


田んぼ作業体験事業を通し様々なことを学び
楽しみの尽きない野田小4年生なのだ!006.gif


では、にぎやかな田植えのようすをご覧ください。
(さっきー)



※端末によって上手く閲覧できない場合がありますが、その場合はこちらをご覧ください♪


by nodakurashi11 | 2015-06-05 14:25 | その他 | Comments(2)

なんだか怪しげなタイトル…017.gif

今回取材させていただいたのはこのブログで何度も登場されている「若妻会」の皆さんです。

まずはおさらいということで若妻会とは?という所からご紹介。
若妻会は戦後間もなくから野田村の食生活を支えてきた女性たちのグループで、現在は14名で活動中です。
いつもは毎月20日に前田小路公民館に集まって活動しているそうですが、今回は都合により1日延期に
なったそうです。

「村営バスで野田村内を巡ろう」というのが今回の活動内容とのことで、
乗車料金100円を払い同行させてもらいました。
もりりんは村営バス初体験!!乗り心地も良く快適でした。
ちなみに村営バスはどれだけ乗っても
全区間100円、しかも中学生以下と75歳以上は無料です。

c0259934_11463975.jpg

バス内におにぎりなどを持ち込み、お昼ご飯を食べながらの野田巡り。観光バスのように2人掛けの座席が
並んでいるわけでもなく、1人掛けの所もありますが、他の利用客の方が乗車すると席を詰めて譲るなど、
しっかりマナーを守り乗られていました。
c0259934_11571129.jpg

とはいえ乗車される方も若妻会の皆さんと同世代の女性がほとんどで、すぐに仲良くお話しをされていました。
楽しい話に花が咲くバス内。しかし村外から来て約2か月のもりりんには馴染みのない方言も多く、
外国でバスに乗った時のような気分を少し味わう事ができました。028.gif

賑やかな若妻会のお母さんたちに圧倒されながらもバスは山間部を走っていきます。
すると和野平(わのたい)地区でバスは約40分の休憩。
c0259934_11482769.jpg
当然お母さんたちは黙って座っているわけはなく、突然「みんな必ず良い所を一つは持っているんだから
それぞれ自分の良い所を一つずつ言っていこう」ということに。
目!耳!健康!口!頭!!など様々な良い所が出てきました。
油断していたその時、急に質問を振られるもりりん。
う~ん…考えていると「体格!」脇の席に乗っていたお母さんからつっこまれてしまった!!
周囲は大爆笑。頭の回転が速いお母さんたちにタジタジです。008.gif
c0259934_1153993.jpg

続いては出身校の発表。宇部尋常小学校、野田の国民学校、普代村立堀内小学校など真面目な回答から
この間行った県立大学!お茶の水大学!動物学校?!など楽しい回答までさまざま。
それでも時間がまだあると知ると今度は自分の生年月日の発表。最年長が昭和6年、一番若い方で
昭和20年、忘れた人が約1名。 ※真偽は確認しておりません。023.gif
いずれにしろ元気な声は絶えることなく続きます。
バスが動き始めると畑がどうだとか、ここの〇〇さんがどうだ!など、
まさに話題の宝石箱や~!!
和野平地区からバスが再び前田小路公民館付近まで戻って来ると、
「このまま下安家の方さも行ぐべ~」
ということで降りずにそのまま下安家地区も巡ることに。
c0259934_1149588.jpg

外は雨が降ったり止んだりとあいにくの天候でしたが、バスの中には沢山の笑顔。057.gif058.gif
アッという間に出発地点の前田小路公民館へ到着。
しかしこれで終わる若妻会ではありません!公民館の中へ入り、お菓子と飲み物をセットし、
二次会がスタート。お酒を飲まなくてもテンションの高い若妻たちの宴はまだまだ続きます。
c0259934_11505355.jpg

なんやかんやと夜7時過ぎまで宴は行われていたようで最後まで取材はできませんでしたが、
若妻会の長続きしている秘訣を伺うと、
「お互いが言いたいことを我慢しないで言い合うから
長続きするんだよ。」
とのこと。
自分の意見を述べずに調和を取ろうとする今の風潮に逆行することで和を乱さずにやってこれたんだな~。
と感心しながら聞いていました。

若妻会の皆さんに元気のおすそ分けをたくさん頂いちゃったもりりんなのでした。066.gif


     
それでは、今回の様子を映像にまとめましたのでご覧ください!


          

※端末によって上手く閲覧できない場合がありますので、その場合はこちらからご覧ください♪


by nodakurashi11 | 2015-05-28 14:30 | その他 | Comments(0)

朝晩で寒暖の差はありますが日中は暖かい日が続いて心もホッコリする毎日ですね~。058.gif
皆さん、いかがお過ごしですか?風邪など引いていませんか?

さてさて新メンバーでお届けしている「のだ村に暮らすのだ!」もアッという間に1か月を
経過してしまいました。
ところで、「のだむら復興応援隊」ってそもそもどんな仕事しているの?ブログ書く事が
仕事なの?など疑問を持っていらっしゃる方もいるのではないか?と思い、
我々の業務についてご紹介してみたいと思います。
って今更かいっ!!


我々の業務内容の一例は

●地域情報発信活動
  野田村に来たらこんな体験ができるよ!!住んだらこんなことがあるよ!!など野田村に関連する
  出来事をブログなどで発信していくものです。
c0259934_1541176.jpg

                      

●農林水産業への新規就業支援及び実践活動
  野田村で農林水産業を始めたいと考えている方へ向けた支援方法を考え、発信するものです。
c0259934_15413882.jpg



●食産業の活性化支援及び実践活動
  野田村のおいしい特産物を応援し、イベントやブログ他で紹介をしていくものです。
c0259934_1542467.jpg
     

●都市住民等との交流拡大事業の企画及び実施
  野田村と他の都市の方がふれあう機会を作るものです。一般の方のお宅の作業体験、
  宿泊させていただけるお宅を探す(民泊)、村外から問い合わせがあった場合の対応なども
  含まれます。既にあるイベントに企画を追加し、さらに交流を盛り上げるということも
  あると思います。また、野田村を全国に紹介していくのも含まれます。
c0259934_15424199.jpg



●都市住民等の移住拡大事業の企画及び実施
  他の都市から野田村へ移住・定住をしてもらうためのきっかけ作りをするものです。
c0259934_15431044.jpg


●出会いの機会創出のための交流事業の
 企画及び実施
  野田村の中で出会いの機会を作り、野田村により多くの方に住んでもらうためには
  どうするかを考え、実践していくものです。
c0259934_15435315.jpg



●地域行事、伝統行事などコミュニティ活動への
 参加
  野田村の地域行事やイベントに参加して住民の皆さんと交流を深めるものです。
c0259934_154420100.jpg


※画像は全てフィクションです。普段はマジメに
 仕事していますからね!!笑

以上、非常に簡単な説明となってしまいましたが、こんな仕事をしていくのが我々
「のだむら復興応援隊」です。4月から発足したばかりなので全てを実践していくのは
少し先になると思います。また、進めていく中で方向性が変わるものもあるかもしれません。
将来的には皆さんと応援隊が一緒になって何かを作り上げたりしたいと考えています。001.gif
そのためにはまず様々な方と交流し、ふれあう事でそこから見える村民の皆さんと同じ目線で
様々なことを進めていかなければと思っています。

そんなわけでこれからも我々は様々な場所にお邪魔していきます。
こんなことをやってほしい、こうした方がいい、などどんなご意見・ご要望でも構いませんので
我々に何でも話を聞かせて下さい。029.gif
それが我々応援隊にとってヒントになり、道しるべとなったりすると思います。
皆さんのご協力が必要になる事も出てくると思いますが、我々の業務にご理解いただけますと
幸いです。

今後とも一生懸命頑張っていきますので皆さん
どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m

(もりりん)
by nodakurashi11 | 2015-05-22 13:06 | その他 | Comments(0)

「おはようございまーす!」
「今日も天気がいいがねぇ。」
「早ぐ来すぎだったべーが?」
「まぁいいが~!ねまって(座って)で~!」


こんな会話が繰り広げられた、とある朝。


この日、野田中学校仮設住宅の集会所
映画上映会があるというので、
野田村の元気なお母さん、お父さん笑顔を見るべく、
行ってきました(*^^*)060.gif


c0259934_16030634.jpg
映画上映に来て下さったのは、宮古市のみやこシネマリーン支配人の櫛桁さん
(みやこシネマリーンさんは岩手県沿岸部唯一の映画館です。)


この日はキッチンカーもやってきました♪
こちらも宮古市からで、
陸中宮古ライオンズクラブ 陽だまり支部の会長 須賀原さん
岩間さん、尾林さんの3名。
(陸中宮古ライオンズクラブさんは、ライオンズクラブ国際協会の一員として
 WE SAVE(我々は奉仕する)を合言葉に活動しているそうです。)

キッチンカーはこの日が初めてだったそうで、準備間に合うかな~と緊張の様子でした。


集会所の中では櫛桁さんと応援隊のゆーじ王子がせっせと会場準備。
あっという間に会場が出来上がっていきます。
(のんちゃんもこっそりかだらせで(仲間に入れて)もらいました♪)

c0259934_10553663.jpg


映画上映開始時間の30分前…
ブログの冒頭部分の会話が始まりました。


野田時間とでも言いましょうか、野田では
比較的時間に余裕をもってくる方が多い
と思うのは私だけでしょうか?
素晴らしいですよね♪)


始まる5分前にはみんな座っていて、わいわい盛り上がっていました♪
すでにたくさんの笑顔が(^^)


櫛桁さん、須賀原さん挨拶の後、映画上映開始です。
(この日の映画は市川崑監督の「かあちゃん」)

c0259934_11371877.jpg


c0259934_11372548.jpg



すると皆様、スクリーンの中の人物に話しかける(笑)
その光景が面白くて私も思わず声を出して笑ってしまいました003.gif
終始その光景が続きながら映画上映を終えました。

c0259934_15402750.jpg



その後は全員でランチタイム。
キッチンカーからは美味しそうなにおい053.gif
(どこに行っても、においにつられるわたし…011.gif

c0259934_11501574.jpg


メニューは塩ラーメンとおにぎり。
(間に合うかな~?と不安そうでしたが、さすがです!)
キッチンカーに並んでラーメンを受け取り、
集会所の中で全員でランチ☆

c0259934_11572872.jpg

とっても美味しくてまたまた笑顔に(*^^*)
みんなで食べるから美味しさも増します。

c0259934_11531969.jpg



こうやってみんなであづんで(集まって)映画を見たり、
スクリーンに向かってツッコミを入れたり、
美味しいものを食べたり、
みんなで笑顔になること心の復興につながるのかな。
そんなこと感じました。

そして、野田村への支援がいろいろとある中、
野田村民のわたしが野田村のために何が出来るのか、
考えさせられた1日となりました。

またみんなの笑顔に会いに行くのだ♪


(ぐっち)

by nodakurashi11 | 2015-05-19 15:11 | その他 | Comments(0)

こんにちは。

今回は、今年オープンした野田村の明内地区にある

「農家食堂つきや」さんにおじゃましてきました。


これまでも、道の駅のだの産直ぱあぷるに おもちやおにぎりなどを出したり

民泊体験などの受け入れもしてくださっている「かまどのつきや」さんの食堂です。

c0259934_11185903.jpg

古民家を利用したお店

私には とーーーってもなじみます。

なぜなら、ほぼ自宅です。 ほぼ自宅と似た感じです。

この辺りの昔ながらの家は大抵こんな感じかと思います。

つい、くつろぎ過ぎて長居してしまう空間ですね。

c0259934_11211349.jpg
c0259934_16445230.jpg

(昼食後、ゴロンと大の字で昼寝したくなってしまいます…)014.gif

c0259934_11234197.jpg


民泊体験に来た方々も「おばあちゃん家来たみた~い!」と喜んで

夜、まくら投げをしたり、代表の信子さんと語らったりと楽しんでいってるようですよ060.gif

c0259934_16403333.jpg



店内には、

仮設住宅で活動している「羽希羽季(うきうき)クラブ」、「グラシアの会」の方々が作った

さをり織りの商品なども販売されていたりと、料理を待っている間も飽きません!



c0259934_16404949.jpg
c0259934_16410864.jpg



商品を見ている間に料理がきました~!003.gif




最近加わった新メニュー
「けいらん御膳」

c0259934_16343713.jpg


けいらん(鶏卵)とは

くるみ、黒砂糖、辛子を もち米の粉の団子でくるんで茹で、椀種にしたお吸い物。

昔、野田村で禁忌が非常に厳しかった頃、精進料理に用いたもの。




日替わりの
「おまかせ御膳」

c0259934_17050691.jpg


c0259934_16390330.jpg

地元の食材をふんだんに使った郷土料理や伝統食

昔ながらのおかずたちがりズラリ~!!

野菜や豆類が中心のメニュー

豆腐、味噌などは、黒豆を使用

お茶も黒豆茶!

品数は多いけど、お肉も油物もなくて物足りないかな~と思うかもしれませんが

なんのなんの!

ご飯はおかわり自由だし、優しい味で箸が進みます!

非常に満腹です!!!!

女子的には、多い!?って思うくらい!



ちなみに、
こちら以前来た時のおまかせ御膳

c0259934_11561694.jpg

営業時間は11301400

金曜日はお休み 日曜日は予約のみとなります。




信子さんは、各テーブルの方々に声を掛けたり、料理の説明などもしてくれます。

今回いらしていた隣のテーブルのおばあちゃんは「とても懐かしい味、おいしい」と喜んでいらっしゃいました。

信子さんも田舎の人が普段食べているような料理を

懐かしい、おいしいと言ってもらえるのが嬉しいとおっしゃっていました。

c0259934_11231509.jpg


そして、そして、

ただ、ご飯を食べてきたわけじゃありませんよ~!

とあるお願いもして参りましたよ!

お願いの内容については、後日またブログにて報告できる!?と思います。

お楽しみに~♪♪029.gif
(さっきー)


農家食堂つきや

詳しい情報は、野田村通信ブログにも載っています。


by nodakurashi11 | 2015-04-30 15:35 | その他 | Comments(0)