野田小学校1年生が昔遊びに挑戦しました。

この日は9人の昔遊びの達人
おじいちゃん、おばあちゃんが先生です!
1年生にお孫さんがいる方もいない方も参加してくださいました。


c0259934_15442833.jpg
めんこ
「この辺では、めんこでなぐ、バッタって言ったんだぁ」

めんこを見るのもやるのも初めて!!
最初は、めんこをブーメランのように投げていた子どもたちも
達人の指導でみるみる上達!
かっこよく、バシッといい音と風を起こせるようになりました~!


c0259934_15444520.jpg
お手玉

c0259934_15450681.jpg
だるま落とし

c0259934_15451993.jpg
あやとり

c0259934_15453705.jpg
おはじき

c0259934_15455373.jpg
けん玉
「できたーーー!!」

このあとコツをつかんだようで
何度もできるようになりました!


おじいちゃん、おばあちゃんは
得意な遊びを子どもたちに教えたり
自分の子どもの頃の話をしたりと
子どもたちと一生懸命遊んでいました~♪^^


野田村では学校以外でも
『のだキッズセンター』という
村の方々を講師に地域とつながりながら
楽しく遊んだり、学んだりできる
放課後子ども教室もあります。

c0259934_15480849.jpg
のだキッズセンター(週2回)
・料理 ・絵本 ・踊り ・絵手紙
・工作 ・茶道 ・体育館遊び などなど

指導してくれる方々は、
おじいちゃん、おばあちゃん世代の方々です。


c0259934_15482210.jpg
小正月のたこあげ竹馬遊びの先生も
おじいちゃんたちでした!


c0259934_17064156.jpg
夏には手作り水鉄砲で
子どもたちを相手に本気で遊ぶおじいちゃん!(笑)


野田村の子どもたちは、
おじいちゃん、おばあちゃん
ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん世代の方々と
ふれあい、尊敬する気持ちを持ち
おじいちゃん、おばあちゃんは
子どもたちと接することで元気をもらう!
世代間交流でつながりを大切にしているのだ~!



c0259934_15483621.jpg
キッズセンターのほかにも
村内2か所には『放課後児童クラブ』もありますよ。


※詳しくは村ホームページをご覧ください。
http://www.vill.noda.iwate.jp/index.html


c0259934_16495904.png





(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2018-02-20 10:24 | Comments(0)

野田小学校の食育出前教室におじゃましてきました。
1月は、ほうれん草とわかめの食育出前教室です。

※11月の鮭としいたけの食育出前教室の様子は こちら

c0259934_10461075.jpg
食育出前教室は、
地元の特産品に関する理解を深め、
地産地消に対する関心を高めようと行われています。
この日は子どもたちと生産者さんが触れ合う機会でもあります。



ほうれん草について学習したのは4年生

c0259934_10461916.jpg
農業改良普及センター 佐藤さんより
教えていただきました。


c0259934_10462709.jpg
生産者の辻鼻さん
「今年は寒いから、とっても甘くておいしいはず!」
昨年の8月の長雨では、ハウス5つ分も捨てたんだよ。
いい加減なものは出せないと思ったからね~。」

<子どもたちからの質問>
Q、寒じめほうれん草と普通のほうれん草の育て方の違いは?
A、寒じめほうれん草は、ハウスの戸を開けて寒くしてあげる。
  寒いと甘くなるから。
  岩手県→「寒じめほうれん草」
  他県→「ちぢみほうれん草」と呼ぶ。
  甘さが全然違う!!!



c0259934_10463584.jpg
甘くて栄養たっぷりの寒じめほうれん草!
※ふくぶた(福来豚)→野田村のブランド豚

「昨年、ほうれん草は茎が一番甘い!と
生産者の辻鼻さんが教えてくれたので
茎を切らず、手でちぎって入れました。

給食では、ほうれん草を
11月~2月のたくさん採れる月によく食べています。
たくさん採れて、栄養が一番ある時期のことを『旬』といいます。」
(野田村学校給食センタ―栄養士の金慶さん)



c0259934_10464386.jpg
みんなおかわりして食べていました♪


c0259934_10465860.jpg
久慈地方産ほうれん草PRキャラクター
久慈寒次郎(くじ かんじろう)くんも来てくれました!



わかめについて学習したのは2年生

c0259934_10491744.jpg
県北広域振興局水産部の松崎さん(左)と
荒海団で漁師の内野澤さん(右)に教えていただきました。


c0259934_10494232.jpg
わかめをお湯に入れてみよう!

茶色いわかめと緑色のわかめ
別の種類のわかめだと思っていた子どもたち。
実際、色が変わる瞬間を見るのも初めて!


c0259934_10495076.jpg
早採り生わかめを使用!
生わかめは1月~3月くらいまでしが食べられません。
(他の時期は、塩蔵わかめや乾燥わかめ)

葉の部分を「みそ汁」茎の部分を「炒め物」にし
香りと触感が味わえるようにしました。
(栄養士の金慶さん)



c0259934_10500103.jpg
荒海わかめ生産者の内野澤さんと
たくさんお話しながら食べました♪


野田村学校給食センターでは
村の食材を食べることで
こんな素晴らしいものが村にあるんだ!
という誇りと自信を持ってほしいという思いで
給食にたくさんの地元食材を使用してくれています。

そんな給食センターの方々が
『県学校給食会 平成29年度 学校給食調理コンクール』に出場し
県学校給食会会長賞という
すばらしい賞をいただいたそうです!!


c0259934_10500960.jpg
県学校給食会会長賞をいただいた献立

野田村では小学3年生頃から急激に虫歯が増える傾向にあり
養護教諭、栄養教諭2つの視点から指導を行っています。
よく噛むことを考えた食材を選び、
野菜の切り方なども工夫したという献立。

コンクールでは、
・食に関する教材になるようなもの
・地場産物の使用 ・よくかむ視点 などが審査され
みそ、しょうゆ、酢、マヨネーズなど
いろんな味が楽しめ、バランスが良かったこと
歯科医、養護教諭、栄養教諭の連携がとれた献立
であることなどが評価されたそうです。


c0259934_10502581.jpg
野田村学校給食センターの代表として参加した
栄養士の金慶さん(真ん中)
調理師の藤根
さん(右)、中村さん(左)

コンクールに参加してみて…
「他のセンターの様子など知ることができてすごく勉強になりました。
初めての参加で賞までいただけて自信が持てました。
本当にいい経験でした。行ってよかった~!
(行くまではおっくうだったけど…。笑)


給食センターのみなさんや
生産者さんの努力や協力により
野田村自慢の『しあわせな給食』があるんですね。^^


「日本一しあわせな給食」~育てあう村。岩手野田村~
も併せてご覧ください。
YouTube [ 育てあう村 岩手野田村 ] で検索


c0259934_16495904.png





(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2018-02-14 09:35 | Comments(0)

H29秋にプレ大会を開催した
トレイルランニングレースの本大会
『第1回のだ塩の道トレイル20K』の開催が決定致しました!

その昔、牛の背に野田村産の塩を乗せて運んだ「野田塩ベコの道」。
牛や牛方たちが、何百年にも渡って踏み固めてきたソルト・ロード(塩の道)。
この先人が築いた足跡の一部をトレイルランニングで巡ってみませんか。


c0259934_14503347.jpg
野田村日形井「アジアの広場」~和佐羅比山~二又街道~野田村日形井「アジアの広場」
20㎞をランニングしながら楽しみます。
普段からジョギング等の運動をしている方に向いています。


c0259934_09055501.jpg
トレイルランニング(トレラン)とは…


『第1回のだ塩の道トレイル20K』 
●開催日 5月20日(日)
 7:45~8:15 受付@アジアの広場
 8:45~ 開会式@アジアの広場
 9:00 スタート
●参加資格
・18歳以上の健康な男女(高校生不可)
・自己責任で完走できる自信がある方
●参加料 5400円
●定員 50名
●申込期限 5月6日(日)

詳しい内容・申し込みについては
サイト、フェイスブックをご覧ください。
[サイト] https://moshicom.com/14174
[フェイスブック] https://www.facebook.com/nodasalt.trail/




走るのはちょっと・・・という方はこちら!
『冬の野田村ウォーキング』

距離は約12キロ
全体的にアップダウンの少ない海岸やまちを歩るくコースです。
昼食時には、そばのおふるまい。
午後からはノルディックウォーク体験もあります。

c0259934_12014886.jpg
約12㎞を海や景色を楽しみながら歩きます。
潮が引いている場合は海岸も歩きます。
どなたでも参加できます。

冬も楽しくウォーキング
『冬の野田村ウォーキング』
●開催日 2月24日(土)
 8:10~ 受付@陸中野田駅
 8:40 バスでスタート地点の久喜漁港
 8:55 スタート
●参加料 無料
●定員 30名
●申込期限 2月16日(金)

詳しい内容・申し込みについては
野田村観光協会(野田村商工会内)
TEL:0194-78-2012/FAX:0194-78-2021
[サイト]http://blog.noda-kanko.com/2018/0202_085920.html

村ホームページ
[サイト]http://www.vill.noda.iwate.jp/event/837.html


どちらも事前申し込みが必要です。
申し込みはお早めに~!

c0259934_16495904.png





(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2018-02-06 13:23 | Comments(0)

毎年恒例1月15日の小正月行事が行われました。

昔は野田村でも各家庭ごとに盛大に行っていたそうです。
今では神様にお供えをしたり
地域の行事に参加するくらいの家庭が多いのではないでしょうか。

c0259934_13230560.jpg
c0259934_13231717.jpg
どんと焼き
正月飾りやお札などを燃やし
正月に天から下りてきた歳神様を
炎とともに見送ります。


c0259934_16463009.jpg
朝7時からの受付に続々と飾りやお札を持った方々が


c0259934_13233372.jpg
だんごしば(みずきだんご)
ミズキの木にいろとりどりの団子や
願い事を書いた飾りを飾りつけ
五穀豊穣、無病息災など祈ります。
(全国的には「もち花」と呼ぶようですね。)


c0259934_13235145.jpg
村内3つの保育所の子どもたちが飾り付けてくれました♪


c0259934_13240552.jpg
飾りも子どもたちの手作り♪


c0259934_13241485.jpg
もちつき&おふるまい
つきたてのきなこもちと甘酒の
おふるまい。


c0259934_13242395.jpg
冬休み中の小学生は
たこあげ、竹馬、福笑いなどに挑戦!


c0259934_13315404.jpg
なもみ太鼓
夏に伺った時から
さらに2名の新人さんが増えた様子!
小学生が3名になってました。


c0259934_13320213.jpg
大黒舞
煌びやかな衣装で登場!
踊り手は村内のお母様方。


c0259934_13321060.jpg
愛宕参道で行われている
『新春初市』でも大黒舞を披露!
恒例のもちまきも!



夜には災いを祓い祝福を与える
『なもみ』が村内を練り歩きました。


c0259934_13321706.jpg
なもみ
伝統的民俗行事。
なもみは神様や仏様の化身なのだ!

昔、冬に囲炉裏にあたってばかりいると
「なもみ」と呼ばれる低温やけどができた。
怠け者の証のなもみを剥いで戒め、
災いを祓い祝福を与えたことから
「なもみ」と呼ばれている。


c0259934_13322881.jpg
「ゆーごどーきがねー わらすーばー せでぐどーーー!!!」

※野田村においては幼児に対する
教育手段の一つとして理解されています。




※なもみのVR(バーチャルリアリティ動画)デビュー!!
小正月のなもみ訪問の様子が
IBC岩手放送の「VR IWATE 360°」アプリ内で配信されています!!
ぜひご利用してみてください!
http://www.ibc.co.jp/vr/


c0259934_16495904.png





(さっきー)


[PR]
by nodakurashi11 | 2018-02-01 13:52 | Comments(0)