お米作りを学んだのだ!


野田小学校4年生では田んぼ作業体験事業行い
1年を通して米作りを学んでいます。

昔ながらの道具や機械を使ったり
裸足で田んぼに入ったり
初めての体験がいっぱいの田んぼ作業体験!


c0259934_10320646.jpg
田植え(5月)
ドキドキ!ワクワク!の第1回目。
初めて素足で田んぼに入っての田植え!


c0259934_10322616.jpg
泥だらけになりながら頑張りました!



c0259934_10330813.jpg
草取り・生き物観察(7月)
草取り機を押すにはコツがいるね!


c0259934_10331556.jpg
ミズカマキリを見つけました!



c0259934_10334822.jpg
稲刈り・はせ掛け(10月)
みんな上手にカマを使っていました!


c0259934_10335928.jpg
稲を束ねて結ぶのは難しい…。



c0259934_10342798.jpg
脱穀(11月)
足踏み式脱穀機に挑戦!

c0259934_10343661.jpg
千歯扱きや唐箕も使いました。
この日初めて見るような道具ばかり!



c0259934_10351119.jpg
もちつき(12月)
よいしょ~!よいしょ~!の掛け声で
みんなでお餅をつきました!
上手な子には自然と拍手も!!


c0259934_10352168.jpg
『八十八』と書いて『米』という漢字になる。
これは米作りには八十八の手間がかかるということ。
それだけお米を作るのは大変ってことなんだよ~!(村長)



c0259934_10353181.jpg
指導してくださったみなさんへ
お礼の歌をプレセントしてくれました~♪


c0259934_10354009.jpg
自分たちで作ったお米でついた
お餅はおいしいね!!


c0259934_10354817.jpg
今年はくもりの日が多く、お米が不作の年でした…。
いくら頑張っても天候だけは変えられない!
そんな厳しい年もあることも学びました。


c0259934_10355650.jpg
これからは、
お米を作ってくれているお家の人や
生産者の方に感謝の気持ちを持って食べます!
お餅をお家で作るときはお手伝いをしようと思います!
など子どもたちからの感想が発表されました。


c0259934_10360551.jpg



c0259934_16495904.png





(さっきー)


[PR]
# by nodakurashi11 | 2018-01-10 13:51 | Comments(0)

先日、のだ村ガールズコレクション
農家食堂つきやで行われました。(^^♪


c0259934_09550996.jpg
のだ村ガールズコレクション
地元に暮らすママさんたちが少しでも「楽しい」「癒される」と
感じてほしいと企画されました~。


このイベントは今回で3回目。
昨年までは村外のグループにも協力していただいていたそうですが
今回は野田村のグループのみで開催することができました!
野田村のハンドメイドグループが
盛り上がってきているということですね!!!


c0259934_09552278.jpg
野田村のママさんのハンドメイド商品が盛りだくさん♪
・ヘアゴム・イヤリング・ピアス・リング
・ネックレス・ストラップ・チャーム
・エコクラフト商品(小物入れ・バッグ)
・さをり織り商品(コースター・ストール)


c0259934_09553585.jpg
ワークショップ
野田村のハンドメイドグループ
UFUFU、羽希羽季クラブによる体験コーナー


c0259934_09554563.jpg
☆エコクラフトの小物入れ
☆くるみボタンのクリスマスリース
☆ポンポンストラップ・ゴム・チャーム


c0259934_09561803.jpg
自分だけのかわいい小物たちがうまれました♪



c0259934_09562686.jpg
「ほらっ、見て~! これ、私作ったの~!」
※バックが新巻き鮭・・・。


c0259934_09555985.jpg
オーダーメイドコーナー
好きなパーツを選んで組み合わせて
自分だけのオリジナルピアスやイヤリングを
作ってもらえるコーナーも♪


c0259934_09560875.jpg
自分で選んで作ってもらった
イヤリングをさっそく付けて、キメ顔!

めんこすぎるーーーぅ!!!!


c0259934_09563606.jpg
子どもたちがいっぱいでとってもにぎやか♪
 

c0259934_09564499.jpg
この日だけの限定メニュー!
「つきやオリジナルもちピザ」に
「つきや特製の漬物」おふるまい などなど。

大根のレモン漬けが一番人気!!
(私もお土産に買って帰りました。)

心もお腹も満たされた一日となりました~!^^


c0259934_16495904.png





(さっきー)


[PR]
# by nodakurashi11 | 2017-12-26 11:31 | Comments(0)

野田ホタテまつり~!!!
年に一度、野田港の水産施設から
一般の方が直接購入できる大直販会!

c0259934_15551945.jpg
やってきました!
年に一度の大直売会!!!
野田ホタテまつり!なのだーーー!!


c0259934_15553139.jpg
岩手野田村荒海ホタテ
この度、GI(地理的表示)保護制度に登録されました。


c0259934_15553946.jpg
※岩手の海産物では初!
特産品では「前沢牛」に続き2番目の登録となります。


この日は例年に比べ、
浜風もなく、暖かかったのこともあってか
いつも以上にたくさんの来場者でにぎわっていました♪

c0259934_15555656.jpg
野田港にこんなにたくさんの人と車が!!
過去最高の来場者でした!

※箱売りの行列(右下)


c0259934_15561253.jpg
行列も過去最長!!

※バラ売りの行列(下)


c0259934_15591641.jpg
セルフ浜焼きコーナー『地流 荒海道場』
購入したばかりのホタテを自分で焼いて食べられます。


c0259934_15593671.jpg
ホタテ釣りコーナーで釣ったホタテも
荒海道場で焼いて食べられます!


c0259934_15592662.jpg
荒海団の漁師さんお話してみよう!!

「これね、ホタテ釣りでもっらたの!」
「焼けた!?食べてもいいですか~??」



c0259934_15594418.jpg
ホタテ釣りコーナー
釣ったホタテは持ち帰るもよし!
浜焼きコーナーで焼いて食べるもよし!
(釣れなくても2枚貰えます。)

ホタテ釣りコーナーでは
久慈工業生のみなさんがお手伝いしていました。


c0259934_15595294.jpg
「1分間で4枚釣ったよ~!」
(今回の最高記録かな!?)


c0259934_16000032.jpg
べっこう飴
子どもたちへのプレゼントに
今年も久慈工業生が用意してくれました。


c0259934_16110815.jpg
フードブース
終了1時間以上前には
荒海汁や豆腐田楽は売り切れー!!

べアレンビールは3本1,000円と
かなりお買い得でした!!

c0259934_16111906.jpg

二戸市の職員の方々もお手伝いに来てくれました。


c0259934_16112926.jpg
三陸りあす漬け
こちらもあっという間に売り切れてました~。


c0259934_16113792.jpg
無事、みなさまの元へ届きましたでしょうか。



会場で話を伺った方の中には
奥州市や宮城県から来てくださった方がいましたが
中には北海道や九州から来てくれていた方もいたそうです!!

遠くから足を運んでくださった皆様ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。


c0259934_16495904.png





(さっきー)


[PR]
# by nodakurashi11 | 2017-12-20 10:35 | Comments(0)

野田村産の食材を活かした
オリジナルレシピによる料理コンテスト
『“のだめし”料理コンテスト』が行われました。

c0259934_15104555.jpg
テーマ食材は
野田村のブランドポーク
『南部福来豚(なんぶふくぶた)』


c0259934_15105662.jpg
今年できたばかりの
野田村保健センター 栄養指導実習室で行われました。



調理時間:45分以内(4人分)
審査員が見守る中、調理スタート!

c0259934_15110562.jpg
●福来豚角煮


c0259934_15111330.jpg
●福来豚ロール
●福来豚つつみ


c0259934_15112319.jpg
●まん福来あんかけ
●まん福来フライ



途中、「食材忘れたー!」など
ハプニングもありましたがそこは村民同士。
ほかの参加者から
「車にあると思うからとってきてあげるよ」と
ロスタイムもありながら無事完成!

みんなに見られながら慣れないところでの調理
制限時間内にという焦りもあって
毎日料理をしているベテランのお母さんたちも
緊張していたようでした。


c0259934_15140317.jpg
審査基準
①美味しさ ②栄養バランス
③工夫点・見た目 ④手軽さ ⑤金額


c0259934_15142267.jpg
【最優秀賞】
☆★☆ 福来豚ロール ★☆
(米田よしさん作)

「南部福来豚はやわらかいので下処理も少なくてよいです。
本当に簡単な料理ですのでチャレンジしてみてください。」


c0259934_15143561.jpg
バラ肉にゴボウ、ニンジン、ジャガイモ、
フキを巻いて、フライパンで焼き
シイタケ、シソ、ショウガなどを入れた
しょうゆベースのあんかけをかけ
る。
(野菜は全て村の食材を使用)


c0259934_15141389.jpg
最優秀賞の城内高台の新町にお住いの米田さん(右)
と南部福来豚の生産者の平谷さん(左)

米田さんは、この日お孫さんの七五三だったそう…
息子さんからの誘いを断っての参加だったそうですが
よい報告ができてよかったですね♪^^


c0259934_15144330.jpg

こだわりの南部福来豚は
脂に甘みがあってとっても美味しいのだ!


※南部福来豚を使用した商品は
ネットぱあぷる』にもあります。


c0259934_16495904.png





(さっきー)


[PR]
# by nodakurashi11 | 2017-12-06 16:33 | Comments(0)

先日、さをり織りの活動をしている
グラシアさをりの会さんへ
スイスからお客様がいらっしゃいました。


c0259934_15522187.jpg
アナ・ダプッツォさん
建築家やデザイナーとして世界的に活躍。
被災地を応援しようと、
2015年から被災3県で体験授業を開いている。
前日は盛岡市の高校で美術の特別授業。

今回、同行された方から
被災地での『さをり織り』を紹介され
ご家族と一緒に野田村まで
足を運んでくれました~。


c0259934_16291262.jpg
さをり織りとは


c0259934_15524049.jpg
「さをり織り」にはミスや失敗はありません。
すべてデザイン!
個性であり、オールオリジナリティー!

作品を作っている方々も織ってみないとわからない。
そこが面白いところ!
と、おっしゃっていました。


c0259934_15525056.jpg
前に進むだけ。考えすぎない。無心。
手に取った糸で、感じたまま織ることが大事!

これが被災した方々の心に良い影響を与えるということで
被災地で広がっていったそうです。


c0259934_15525937.jpg
アナ・ダプッツォさんも さをり織りに挑戦!!

さをりを広める活動をしている
三陸さをりプロジェクトの大森さん(左)


アナ・ダプッツォさん
「失敗したんじゃない!?」

大森さん

「ノープロブレム!」
「オール オリジナリティー!」


c0259934_15530812.jpg
国が違ってもどんな人でもアートやデザインは共通!
言葉が通じなくても心を通わせることができる!
すばらしいもの!と、アナ・ダプッツォさん。


c0259934_15531849.jpg
スイスから野田村まで来てくれてありがとうなのだ!

急遽、中学校から英語の先生も駆けつけてくれ
通訳してくださいました。



c0259934_16495904.png





(さっきー)


[PR]
# by nodakurashi11 | 2017-11-29 09:46 | Comments(0)