村の広報「広報のだ」。
4月号に何気なく目を通していたとき…

「のだんちゅ」という、村の若者を紹介するコーナーに
"25歳・徳島出身・友達募集中"という、若者が。
(詳しくはこちらをクリック)

・・・移住者、見っけ!

ということで
「のだ村に暮らしはじめたのだ」第二弾です037.gif
(第一弾はこちら

c0259934_10511010.jpg


脇坂政輝(わきさか まさき)さんです。
徳島県徳島市出身・25歳。

養鶏のお仕事をされている脇坂さん、
転勤のため1年ほど前に単身で引っ越してきたとのことです。

「"広報のだ"のチカラはすごいですね。
 ご近所さんはじめ、いろんな人から声をかけられるし
 こうやって取材にもくるし(笑)」


そう言いながら、やや緊張気味に取材に応じてくれました。

「野田村は自然に溢れていて雰囲気が良いですね。
 あと、星がすごく綺麗に見える!!」


一方、外灯が少なくて暗い、
携帯電話の電波がドコモ以外入りにくい場所がある…など、
徳島市の街中で育った脇坂さんには
そういうところが難点だったようです。
いまは、慣れたようですが^^

目下の悩みは食生活と、村内での友達が少ないこと、とのことで。

確かに若い男性の一人暮らし、料理をしないとなると栄養も偏りそうです。
でも大丈夫、産直に行けば
お母さんたちが作った地の物たっぷりの美味しいお惣菜が
たくさんありますからね!

そして、村内での友達。
転勤とはいえ、若くして野田村に移住してきてくれたことですし
野田村をもっと知って好きになってもらうために、
もっと村の人と接して、楽しんでもらえたらと思いました。

まずはこれを機に、私たちが友達になりましたので…
ここから輪を広げていけたらと思います♪

わっきー(と呼ぶことに)、取材へのご協力ありがとう!

そして
野田村に来てくれて、ありがとう016.gif

これからも、よろしくお願いします!

c0259934_1049070.jpg


それでは、例により動画をお届けします!
わっきーの雰囲気はこちらでどうぞ061.gif
(取材裏シーンもあります。笑)




※端末によって上手く閲覧できない場合がございますので、その場合はこちらからご覧ください♪

本日もブログをご覧いただき、ありがとうなのだ!

(やまみん)
[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-05-30 15:10 | Comments(6)

皆様こんにちは。

モ~、暑さを感じ一人夏気分のしもむんです070.gif

と、いうことで!
 
モ~、モ~モ~、そうです、今回の記事は牛さん(ベコ)です。
(無理やりですみません)


5月26日日曜日、村の実行委員会による”塩の道を歩こう会”が開催されました!

村内外から参加者が集まるということで、

歴史も勉強できるし村外の方とおしゃべりできる!と、

意気込んで参加した私です。(やまみんも参加しましたよ♪)


綺麗な山々の景色、八戸からお越しいただいた元気なお母さんとの楽しい一時、

山菜採り名人のお父さんとのプチ勉強会など、

沢山の思い出とともに…


筋肉痛が残りました042.gif

c0259934_1035514.jpg


今回も写真や映像等少しだけ皆さんにおすそわけしたいと思いますが、
その前に、野田塩の道の歴史に、少しだけふれたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

野田村の海岸では、古くから製塩が行われていました。
製塩は、”直煮(じきに)出し”という大変な重労働で、苦労して作られた塩は大変な商品でした。
ここで焚かれた塩は、北上山地を超えて雫石や盛岡近在に運ばれ、米、粟、そば、豆などの穀物と交換されていました。
この地方では、牛の背に乗せて運ぶ塩行商を総称して「野田ベコ」と呼ばれ、
この塩を運んだ道を”野田塩ベコの道”と呼んでいます。

今回のコースは、
久慈市山根町の上戸鎖という場所から出発し、
途中で和佐羅比山の山頂を目指します。(※あくまでも山頂は今回のコースの一部で、実際ベコは通りません)

その後、野田村の間明地区を通り、
山間の日形井地区まで、約12kmのコースです。

間明地区は、その昔鉄山があった場所です。

”木”(燃料)と”鉄”(鉄釜)が豊富にあった野田村は、中々取れない農作物と交換するため、塩作りに精を出しました。038.gif
なぜ、中々農作物が採れなかったのか?
野田村は、春~初夏にかけてヤマセ(海から吹く冷たく湿った偏東風)が出るため、天候的に農作物が育ちにくかったと言われています。


ちなみに、野田村には、鉄山が9か所、あったようです。
---------------------------------------------------------------------------------

今年で30周年を迎えるバスツアー。

震災直後、実施できないでいたようですが、

「村内外の交流がなくなるのは寂しい」と、再度実施を決めたようです。

企画をした方には本当に感謝ですね!

野田塩ベコの道の歴史、少しでも覚えていただけたら嬉しいです040.gif


それでは
写真と映像で、少しだけ
塩の道を歩こう会の雰囲気をお届けしたいと思います!

ヒア ウィー ベゴー




※端末によっては上手く閲覧できない場合がございますのでその場合はこちらからご覧ください♪


それではこの辺で001.gif


本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ!
[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-05-28 10:55 | Comments(0)

前回のブログに登場した”たけみん”は
野田村の「玉川」地区出身なのですが、

数回前の記事で野田村の桜を取り上げたとき
彼から「玉川に触れてない…」との苦情が。
(うんうん。地元愛ゆえのことだよね。わかるよ。)

…だからでは全くないですが(笑)
玉川地区に行ってきました011.gif


海際の高台にある、玉川野営場です
c0259934_1463389.jpg

月初の連休にはお客様も訪れていたようですが、
この日は誰もいませんでした。
あるのは鳥のさえずりと、風の音だけ。

座って空を見上げて
ずーっとここに居られそうな
心地よさ^^
c0259934_1510749.jpg

c0259934_15132868.jpg

※2週間前に撮影のため、現在は散っていると思います↑


そして

野営場の奥のほうに、何ともさりげなく存在している
を発見!
c0259934_1765552.jpg


行ってみると・・・
c0259934_16162736.jpg


内陸生まれの私にはなかなか想像できなかった
衝撃かつ新鮮なロケーション。
畑から海が見えるなんて!
畑といえば山里、というイメージを覆されました。


そして、一人のおばあちゃんと出会いました。

おばあちゃんは毎日ここにきて、畑仕事をしているそうです。

「いつも一人で作業しているから、人が来てくれてすごく嬉しい」
「人とおしゃべりするのは大好き、すごく楽しい」


そういっておばあちゃんは、私たちに畑を案内してくれました^^
c0259934_15241025.jpg

c0259934_16243480.jpg


毎日、きれいな海を眺めながらの畑仕事。

また来ますね、といって別れた後、
おばあちゃんはコンテナに腰かけて
しばらく海を眺めていました。
c0259934_1684799.jpg

おばあちゃん、小さいですが、わかるかな?↑


この畑に、おばあちゃんのところに
もっと人を連れてきたいなと感じた、そんな昼下がり。

またひとつ魅力的な場所を発見した嬉しさと
知らない者同士でも会話してお互いあったかい気持ちになれる
距離の近さに、
あらためて野田村っていいなあ、と感じたのでした043.gif


今回もブログをご覧いただきありがとうなのだ!

(やまみん)
[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-05-24 17:10 | のだ村小ネタ | Comments(2)

新人です…・


皆様、こんにちは!040.gif


本日「のだ村に暮らすのだ!」を更新するのは、
やまみんでも、しもむんでもありません。


初めまして、
4月から特定課題対策課に勤務しております
たけみん(19歳・男)”です。038.gif

これから時々登場するかもしれないので、
自己紹介をさせていただきます。



役場に勤めて一か月と約2週間、
ついにこの日(ブログに登場)が来たかという感じです。048.gif

野田には高校卒業(ちなみに久慈高です)まで住んでいて、
1年村を離れ盛岡で勉強し、村に帰ってきました。

ずっと野田に住んでいるわりには野田のことがあまりわからないので…
ただいま勉強中です(笑)

村に帰ってきてからは、柔道の指導者としてもがんばっています。066.gif
ブログをみている皆さんのお子さんやお孫さんも柔道を始めてみませんか。
宣伝はこのぐらいにしておきます…


ブログを続けることで皆様に情報発信するとともに、
自分自身も村のことを学んでいきたいと考えています。045.gif



それでは皆様
今後ともどうぞよろしくお願いします!



本日もブログをご覧いただきありがとうなのだ
[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-05-17 15:24 | Comments(6)

こんにちは!
野田村にきてから、村のいろんな方々とお会いするなかで
様々な暮らしの知恵をもち、いろんなことを知っている
おじいちゃんおばあちゃんが、たくさんいらっしゃいました^^

日々、そんなおじいちゃんおばあちゃんに
「すごいな~」と感じている私たちですが…
お孫さんにこそ!その姿はきっと大きく映っているはず001.gif

そこで…子どもたちに、
自身のおじいちゃんおばあちゃんを自慢してもらおう!

名付けて「じじばば自慢」コーナー、始めます♪016.gif

初回は、貮又正人さんのお孫さん
中野杏奈ちゃん(5歳)による"おじいちゃん自慢"です!
c0259934_16134438.jpg

外孫ながら、お家も近所なので
毎日おじいちゃんの家に遊びに来ている杏奈ちゃん。
おじいちゃんのおひざの上で、
少々照れながらおじいちゃんを自慢してくれましたよ072.gif

詳しい様子はぜひ、動画で観てみてくださいね♪^^

飼っているウサギのジョニーを抱かせてくれたのは
同じくお孫さんの日菜ちゃん^^
c0259934_1617485.jpg

抱っこのコツを優しく教えてくれました006.gif

帰るときには無邪気に手を振り見送ってくれた、杏奈ちゃんと日菜ちゃん^^
仲良くしてくれて、ありがとう♪


お話ししながら、私も小さな頃
おじいちゃんおばあちゃんと過ごした頃を思い出しました。
一緒に田んぼや畑に行ったり、ごはんやおやつを食べたり…

一緒に過ごした記憶は、大きくなってからもずーっと、
心に残っていくものですよね。
その記憶は、生まれた村への愛着となり、
ずーっと消えないものと思います。

野田村の子どもたちは、きっとおじいちゃんおばあちゃんが
身近にいる子たちが多いと思うので、とっても幸せなことですね^^

そんな子どもたちの「じじばば自慢」、
これからたくさん取り上げていく予定ですので
よろしくお願いします!

では・・・杏奈ちゃんのじじ自慢を、動画でご覧ください♪



※端末によっては上手く閲覧できない場合がございますのでその場合はこちらからご覧ください♪


今回もブログをご覧いただき、ありがとうなのだ!!
(やまみん)
[PR]
# by nodakurashi11 | 2013-05-13 14:10 | Comments(4)